アントニオカジャーノタウラジ ヴィーニャ・マッキア・ディ・ゴティ 1998 DOCGカンパーニャ お買い得,100%新品

「100% Aglianico, the 1998 Taurasi exhibits that varietal's tell-tale melted asphalt/soil notes along with saddle leather, and black fruits. This perfumed, medium-bodied 1998 possesses supple tannin as well as considerable complexity. It should drink well for 5-6 years. 89points」Wine Advocate #137 (10/2000) アントニオカジャーノタウラジ ヴィーニャ・マッキア・ディ・ゴティ 1998 DOCGカンパーニャ お買い得,100%新品

ボナンニフェッレーガラD.O.Cチンクエ・テッレ ビアンコ 2004 格安,大得価

●・・・昨年このワインを初めて飲んだときには「還元香と酸化した味わいがまぜこぜの不安定なワイン」という印象でしたが、今年の3月、何気に飲んでみると『綺麗な白だね』と。で、聞けばこれがチンクエ・テッレ。とても同じワインとは思えないほどの変貌ぶり。これはこれは、と入れてみました。 ●先ずはチンクエ・テッレとはどんなワインなのか?これもインポーターの塚原さんに紹介していただきます。   「・・・・チンクエ・テッレのワインは、ボスコ、アルバローラ、ヴェルメンティーノの3品種から造られ、ボスコの役割が高いとされています。エリオの大好きな品種もこの地の在来品種で歴史の古いボスコで、酸とミネラルが強く、『リースリングに近い味わいで、シリアスなワインができる』と激賞しています。BFでの品種構成は、それぞれ20%、40%以上、40%以下です。初ヴィンテッジで、今回ご紹介するBF 2004の味わいは、高雅かつ複雑ですが、ハッタリやけれんみがない誠実な風情があり、人為的な造型の跡がまったくなく、その意味で〈上品でやや洗練されたタイプの自然派ワイン〉に近い、といえます。高いエキス分にミネラルと酸が加わるという構成からして、間違いなく長熟型でしょう。」 ●イメージ的には、若いマクマオンと言った感じです。自然に酸化している。確かにリースリング的な「石油」っぽさもあります。干したオレンジの皮、あるいは干した無花果。ジャスミンのようなオリエンタルなハーブの香り。幾分しめった潮の香り・・・。崖っぷちの根曲松、って感じかな? ●グラスに入れても暫くは『複雑すぎて』解釈に困る。感じるのはひたすらポテンシャルの高さだけ・・・。この辺りがマクマオンとにているかな?未だに完成していないその味わい。ワインに生命力が溢れている分だけ一つ処にとどまれない、未だ進化中。合わせるとするとクコの味の入った中華スープ(できればフカヒレ)とか、同じ系統の海鮮類の炒め物。・・・チンクエ・テッレってジェノヴァの近くなんだよな・・・昔は交易で入ってきたスパイスなんかで豚やエビカニ辺りをガンガンやっていたのかななどと、想像をかき立てる一本ですね・・・。一日おいてもう少し様子見てみよ・・。(2007.05.07 いのまた) イタリア半島の付け根、地中海に面したリグーリア州。西をフランス国境に接し、東はトスカナ州に続いています。そのトスカナ州との境にほど近いところに広がるのがチンクエ・テッレ。この地では陸地の尾根が地中海にせり出し、その面はいきなり100mほどの断崖となって海面に落ち込んでいます。此処で人々は、1000年以上前から尾根の急斜面にブドウの段々畑を築き続け、現在では世界遺産としても認められている特異な景観を擁しています。 かつては歌にも歌われたというチンクエ・テッレですが、あまりにも厳しい労働条件によりブドウ栽培は減少。同時にその為に築き続けられてきた石積みも畑の荒廃と共に存続の危機にさらされています・・・・そこで立ち上がったのがアントーニオ・ボナンニとパオロ・フェッレーガラ。彼らは品質の高いワインを作ることにより、この地で葡萄栽培を再び盛んにし、同時にこの地の景観を取り戻そうと2004年からこの地でワイン造りをスタートさせました。 そして、元もとこの構想を抱いていたのが、ピエモンテでバローロ・ボーイズを率いる一人のエリオ・アルターレ。ちょっとこの辺りが複雑なのでインポーターの塚原さんの説明を借りると・・・・    「さて、それでは、ボナンニ・フェッレーガラとは、どのようなワイナリーなのか。端的に言えば、畑のオウナーがエリオで、日常の実作業を任されているのがパーオロ・フェッレーガラです。つまり、エリオが会社(というよりは愛弟子のパーオロ)に畑を貸し与えている、というわけ。もう少し踏みこめば、ワイナリーの事業構想と基盤をつくり、《BF》造りの指導と助言を与えているのがエリオで、現地に住み込んで、厳しい畑作業と狭いカンティーナでの各種作業に携わっているのが、パーオロです。」    「1999年にエリオのもとでスタジエをしていたパーオロは、エリオとともに当地を訪れ、2002年から国立公園で仕事を見つけていた。一方エリオ自身は、長らくこの地でワインを造る希望をもっていて、ようやく土地を入手してアズィエンダ(ワイナリー)を設立し、2004年に初ヴィンテッジを迎えた。この二人に、現地の素人もどきの若いスタッフが加わっていますが、いずれにせよ、表に出たがらないエリオの本心は、好きな仕事を手伝いながら現地の若人に情熱とスキルを伝えたい、ということなのでしょう。」    「それでは、ボナンニ氏とは? じつは、リオ・マッジョーレについた早々、駅舎前の急な大坂道でアントーニオ・ボナンニ氏に出くわしました。片足はやや不自由ながら元気そうな「トーニ」は、チンクエ・テッレの重要人物であって、エリオが現地で仕事を始めるときのキーパーソンでした。現地の内情と住民の機微に通じているトーニのおかげで、エリオは畑とカンティーナの用地を入手することができたとか。」 ボナンニフェッレーガラD.O.Cチンクエ・テッレ ビアンコ 2004 格安,大得価

ラビアンカーラ アンジョリーノマウレ DOCガンベッラーラクラシコ サッサイア sanzaSO2 2007 全国無料,大人気

●久しぶり!と言う感じのサッサイア、サン・スフルです。予測はしていましたが・・・きっちりと酸化傾向、でもこの感触がブドウの力と拮抗を保ちつつ妖しい魅力は健在でした・・・・。 ●色調はかなりしっかりとした黄金色。幾分黄金色に引っ張ったところのソアベの上の方のクラスの物に近い色合い。かおりにはうっすらとシェリー香が混じり、そこにスモーキーな薄絹を纏ったしっかりとした果実味、黄色いリンゴ、黄桃、アンズの薫りが漂います。味わいは少しシードルの様なニュアンスを感じながら、強い意志を感じさせるような凝縮感。強く鉱物的なミネラル感がそれに伴います。 ●この味わい、少し慣れないと???かもしれません。が、慣れると旨味たっぷりの極上食中酒。先ずは少し甘めに焼いたロースト・ポーク。出来ればタマネギのチップスをたっぷりと添えたいところ。くせになりそうなコンビネーション、と思います。(2009.09.20 いのまた) ● ガンベッラーラのワインは隣のソアーヴェと同じガルガネーガ種を主体(88%)に作られトレッビアーノ種を12%ブレンドしています。ラ・ビアンカーラの畑は火山岩質の日当たり良い南東から南西向き。ソアーヴェににたフルティーな味わいを持ちながらもさらにミネラル分に飛んだしっかりとした輪郭を持っています。こちらはそのサンスフル、酸化防止剤SO2を使っていない物です。下は過去のコメントです。 ●抜栓後すぐの状態では、かなり堅い印象を受けます。ソアヴェと比較するとやはり繊細さを伴ったミネラル感が優勢ですね。ちょっとシャープなフォルムのヴェネチアングランスなんかが似合いそう。先の試飲会ではもう少し果実味が開いていたみたいなので、少し時間がかかるのかな?グラスに入れて多少温度が上がると、優しい白い花や果実の香りの甘さを感じます。同時に柔らかな苦みもでてきたかな?酸はしっかりとしていますがどちらかというと控えめ。なかなか料理にあわせやすいかも知れません・・。では2日目もお楽しみに。(2003.11.01 いのまた) ●このワイン、2日目も結構いけますね。少しひんやりの温度で、酸味の繊細さが際立っています。酸のきめ細やかさはモーゼルのリースリング的。一日目の味わいは和風茸のパスタに合いそうな軽やかさでしたが、2日目は茸のリゾットと言ったところでしょうか?シンプルに焼いたエビやカニにも合いそうです。これからの季節ちょっと楽しみですね。(2003.11.02 いのまた) ラビアンカーラ アンジョリーノマウレ DOCガンベッラーラクラシコ サッサイア sanzaSO2 2007 全国無料,大人気

カーゼ・コリーニ ロレンツォ・コリーノ バルベーラ・ダスティ ラ・バルラ 1996 本物保証,正規品

●お一人様2本までと言うことで宜しくお願いいたします。 カーゼ・コリーニ ロレンツォ・コリーノ バルベーラ・ダスティ ラ・バルラ 1996 本物保証,正規品

ヴォドピーヴェッチ ヴィトフスカ 2007VdTフリウリ=ヴェネツィアジュリア 全国無料,セール

●先日(2013年2月)、フランスの自然派ワインの生産者のサロン「ディー・ブティーユ」にて試飲してきました。進化したヴィトフスカ!久々にalarのラインアップに復活です。 ●改めて、ヴィトフスカ(Vitovska)ってどう?と言う事で調べてみたのですがどうやらプロセッコ(Prosecco Tondo)とマルヴァジア(Malvasia Bianca Lunga)の交配種ではないかとか・・・。いずれにしろスロヴェニア原産では無いかと言われスロヴェニアのクラスとかイタリアのフリウリ中心に土着品種として栽培され、現在ではイゾンツォやカルソで栽培が広がっているらしい・・・。基本的に石灰質好きな品種なんでしょうかね? ●そんなヴィトフスカ、こちらのヴォドピヴェッチとかラディコンとか飲んでいると酸のしっかりとした品種なのかなと思っていましたが、改めてこの2007年物を飲んでみると意外とニュートラル。熟成期間が長いのですが何となくシャルドネ的な要素を感じています。ただミネラル感の出方がもう少し柔らかくて尚かつ厚い・・・。 ●上等な銘柄豚のロースでしょうかね・・・そのまま焼いたり・・・豚カツならばにんにく醤油と大根おろし・・・そんな感じでおうちご飯にそっと寄り添ってくれそうな味わい。ツヨポンの窓辺/橙を濃くした感じというのはどうでしょうか?(2013.03.05 いのまた) ヴォドピーヴェッチ ヴィトフスカ 2007VdTフリウリ=ヴェネツィアジュリア 全国無料,セール

チャッチピッコロミーニタラゴーナDOCGブルネッロディモンタルチーノ ヴィーニャディピアヌロッソ 2001 赤字超特価,定番人気

●2001年のトスカナはやっぱりいいみたいです。まずは「こんなかんじ」と言うコメント見つけました。   「Ruby red verging towards garnet colour. The bouquet is characteristic with red berries accompanied by pleasant spicy notes. In the mouth this wine is warm and full bodied. The tannins are balanced, there is good acidity and great length. This elegant wine has good potential for further cellar ageing. Food pairings : Grilled meat, roasted meat, game and mature cheese.   ワインスペクテーターでは92点   「The Wine Spectator This is gorgeous with seductive cedar, tobacco, berry and Indian spices on the nose. Medium- to full-bodied, with fine tannins and a tobacco, coffee and berry aftertaste. Refined. Best after 2007. Score: 92. ―James Suckling, April 30, 2006.   ワインエンスージアストでは91点   「The Wine Enthusiast This wine boasts a very nice balance of enticing aromas such as cola, mint tea, basil leaf, chocolate and dried tobacco. Yet there was enough fruit and berry flavors to ensure a long cellar life. Plump and velvety in the mouth, with mouth cleansing freshness on the finish. A Marc de Grazia selection, various U.S. importers. Score: 91. April 01, 2006. ●ワインアドヴォケイトでは・・・・・まだ登場していません。・・・・かわりにalarが飲んでみました・・・・・幾分エッジにはえんじ色が入っています。色調は深くも透明感があります。香りには先ず・・・麩菓子のような焦げた甘さ、そしてチェリーのジャム、乾燥したサクラの木、スパイスボックス・・・香りからしてフルボディを予感させ、十分な熟成の可能性を指し示しています。(此処で、やっぱり開けなきゃ良かった、と・・・) ●口の中では意外に酸が感じられます。そして果実の甘さも品良く加わるかな?飲めば飲むほどに味に深みがましてきます。余韻はそれほど長くないのですが、中盤のしっかりとしたグリップが印象的ですね~。やはりもう3年から5年は寝かせないとね・・・。印象的にはあの97年に近い物があります。直近の2000年の物よりは確実に一回りサイズが大きい。97年とは質が異なり、この01年物の方がしっかりとしたフィネスを感じることができる。酸も豊かで幾分長く持つかな?98年の華やかさとはやはり趣を異にしている・・・・と、言っても類い希なる可能性が眠ったままですので、この先どんな風に変化していくかは、実に興味深い。これ、結構、最近のR・パーカーさん好みなんじゃないかな?インパクトの部分では97年物辺りに負けますが、じっくり楽しむならば・・・と言うことで94点!というのはどうでしょうか(2006.11.24 いのまた) チャッチピッコロミーニタラゴーナDOCGブルネッロディモンタルチーノ ヴィーニャディピアヌロッソ 2001 赤字超特価,定番人気

ジュゼッペクインタレッリヴァルポリツェラ スペリオーレ 1996DOC ヴェネト 新作入荷,2019

●こちらのワインは手が込んでいます。ブドウは収穫後すぐにプレスされ、3~4日間のマセラシオン後、天然酵母による発酵が始まり7~8日間続きます。樽で「リパッソ」の時期まで休ませますが、その間2~3回の清澄をしています。「リパッソ」とはアマローネを樽に移す際、その絞りかすにあらかじめ発酵を終えたヴァルポリツェラを加える技法で、その後自然と第2次アルコール発酵が始まります。そして、通常春になると始まるマロラクティック発酵へと続きます。 これによりワインに高度な複雑さ色調そして骨格が加わることとなり、スロヴェニア・オークの大樽の中で6年掛けて熟成させて初めて完成となります。 ●合田さんのレポートの中で「どうしたら良いワインが作れるか」と言う質問にジョゼッペ・クインタレッリは次のように答えています。  「まず必要不可欠なのは良い畑です。其れと並んで欠かせないのが良いブドウの樹と低い収量   優れた労働力、大いなる情熱、そして様々な熟成段階を待ち続けられる無限の忍耐力です」 此のワイン、まさしく彼の忍耐力のたまものと言えるワインですね? ●96年のヴァルポリツェラは、全体的に不作のため、本来はアマローネとなるキュベもこちらのヴァルポリツェラのほうに混ぜています。その為原料となるブドウの糖度は上がり、品質は例年になく良い仕上がりです(アルコール分は14%まで来ています)。合わせてお値段も上がってしまいました(一応希望小売価格は10000円までいっています)。また輸入量も限りがあるので・・・お早めに。 ジュゼッペクインタレッリヴァルポリツェラ スペリオーレ 1996DOC ヴェネト 新作入荷,2019

ドメニコクレリコアルテ 2001DOCランゲ 新品,人気SALE

●ドメニコ・クレリコの名前を一躍有名にしたのが1983年に初めてリリースされたこの「アルテ」ネッヴィオーロ90%、バルベーラとカベルネ・ソーヴィニオン10%から作られ新樽100%できています。クレリコは此のワインを「当時は国内でバローロ離れが進んでいて、バローロをモデファイした方がよいと思った。まず人目を引く必要があるからアルテを作ったのだけど、本当は100%が良いに決まっている・・・。」(「美術出版社 季刊ワイナートNo.8  2000年秋号」より)と語っていますが、言葉とは裏腹に常に高い評価を受けているワインでもあります。印象的なラベルとシャープで力強い味わいはいつ飲んでも記憶に残ります。(このラベルは何処かの美術館に展示されています。ニューヨークのメトロポリタンだったっかな?) ●alarには久しぶりの入荷です。そこで試飲も久しぶりに・・やっぱりオイシイですね。最初は少し堅めの雰囲気ですがネッビオーロらしいスミレの香りや赤い果実の果実味が正しく「凝縮」されています。ミネラル分がはっきりとしてる為非常に輪郭が際立ち、彫りの深い端正なたたずまいを見せてくれます。バローロ的と言うよりももっとフランス的な厚みかな?ワインそのものに個性の光る一本ですね。 ドメニコクレリコアルテ 2001DOCランゲ 新品,人気SALE

オアジデグリアンジェリ クルニ 2000IGTマルケ 品質保証,正規保証

●97年以来最新の01ヴィンテージまで5年連続でガンベロ・ロッソのトレヴィッキエリ獲得という凄いワイン!ピエモンテやトスカーナの常連さんならいざ知らず、マルケで5年連続はあまり聞きません。また同時にこちらの2000年はヴィニタリ(イタリア最大のワイン見本市)でも金賞を獲得。侮れない一本ですね。 ●モンテプルチアーノ100%ですが、通常のモンテプルチアーノとは全く別物の重量感、アルコール度数は15度!非常に完熟度が高く、濃くて、甘く、ミネラルもぎゅ~っと詰まっている、というワインです。ワイナリーのデータは乏しいのですが、極小の畑からこちらの『クルニ』1アイテムのみ、わずか200ケース(4500本?)の生産。イタリア・パルマのグロッサリーストアーでは62ユーロの値段が付いて売りきれていました。 ●実はこのワイン、先月には入荷しておりましたが、あまりの強さに驚いて、一年間ぐらい寝かせて置こうかなどとともっていた次第で・・・。何しろ凄い。黒い果実味の凝縮感と言い、派手さはないけど身体にしみいるような重厚なタンニン。ほとんど開いていない、と言った感じの沈黙に向き合うには、しっかりとした忍耐が必要です。そんなことで、まともなコメントが書けませんが、これがトスカナのものだったたら、ちょっと凄い噂になっていそうなワインですね。 ●リアルワインガイドで92点→95点と紹介されてから、すぐに無くなってしまいましたが、2005年2月3日に四度目の入荷。2000年ヴィンテージはホントにこれが、最後です。 オアジデグリアンジェリ クルニ 2000IGTマルケ 品質保証,正規保証

アンティコブロイオコッリオリエンターリ カベルネ2004 人気セール,セール

    きゅッと締まった果実味が、小悪魔的な魅力です。    ●どういう訳か1年飛ばして2004年ヴィンテージが入荷です。・・・・伝票見ながら、ギクッ!カベルネってカベルネ・フランだったのか・・・。てっきりカベルネ・ソーヴィニヨンと思ってい飲んでいた、以前のヴィンテージの恥ずかしいコメントをまず。(・・・でも、前のラベルはカベルネとしか書いてないですね。この04分はカベルネ・フラン、となっていますが・・・)・・・・・2002年物のコメントです。 ●なるほど写真で比べるとラベルの紙質が少し変わりました。トレードマークのお城?が光っています。ワイン名の印刷が白くなりました。・・これで少しは品違い、減るかな? ●気持ち01より線の細さを感じながらも、「上澄み」を飲むようなクリーンな響き。キュッと締まった酸味とプルーンやブッラックベリーの果実的甘さ。ドライで些細なタンニンも気持ちよく、片やピッツア・マルゲリータをほおぼりながら、ミラノ風仔牛のカツレツも食べたい!気持ちになるワインです。ボルドーやトスカナのカベルネ系飲んでもピッツアはあまり食べたくならないけれど・・・。(2005.02.08 いのまた) ・・・・・2001年物のコメントです ●気持芯に深さのある濃い紫の色調。フレッシュなカシスやダークチェリーの香り。甘さを連想させながらもやや皮やハーブを連想させる軽い香りも感じられます。口当たりは始め非常に軽く、口の中でフワ~と広がる果実味、そして良質なタンニンの苦みでフィニッシュを迎えます。まだまだ若くて張りがありますね。 ●香りにあるスミレやレンゲのような小さく赤い花の香りが印象的。スイートバジル風の甘さも程良く効いています。きめの細かい優しいタンニン。後味に残る凝縮された苦み。樽のニュアンスが最小限に抑えられていても、果実の熟し方が実に良く感じられ、味わいに独特の透明感と伸びやかさがありますね。やっぱりフランスのカベルネとは一味違います。(2004.01.02 いのまた)●で、改めて、カベルネ・フランのこのワイン飲んでみました。そー言われてみると、そ~だよな~。ロワールのフランのニュアンスが何となく感じられます(これも怪しいぞ~!)。・・・・己のテイスティング能力の乏しさはさておいて、己のオイシイワイン能力はオオイニそそられますね!2004年のアンティコ・ブロイオの中では最も果実味が充実したイメージ。幾分フレッシュなプラムとチェリーの果実味がしっかりとしています、それでいて中盤から後半の「しまり具合」が良い感じです。果実味優先のアフターも気持ちが良い!ミネラル感よりもストレートに果実味を楽しめるワインです。 ●果実をワインにする事によって得られる「凝縮感」とはまた異なった「果実そのもの凝縮感」が感じられます。そのためタンニンやミネラルも果実に備わったプリミティブな味わいそのもの・・・。飾り気が無く綺麗な印象です。前のヴィンテージのコメント眺めていると、スミレとかレンゲとかの小さな赤い花のイメージを綴っていますが、こうした基調にあるニュアンスは変わらないですね。良い感じだな・・・。(2006.01.10 いのまた) ●・・・で二日目。どちらかというとこれもしみじみ飲める「こたつ系」入っています。とは言っても、もう少しモダンな印象はたしか。自然な甘みを伴った赤い果実味の豊かさに加え、シルクタッチのしゃっきとしながら柔らかいタンニン。フランスの物より皮が薄いんですかね?タンニンの感触が何しろ細やかというか、繊細というか・・・ピノ・ノワールチックな触感があるかと思うと、南のシラーのような肉付きの良さも底の方からちらほらと・・・。ブルーベリーとサワークリームたっぷり乗せたサクサクのミルフィーユ、といったところかな(本当はもう少しさっぱりとした味わいですが、たとえが見つからない・・)。 ●しっかりと焼き上げたローストチキンにさらりとベリー系のフルーツソース。あるいはもも肉たっぷりを赤ワインでじっくり煮込んで・・・こんなところかな(全然違う系統だけど・・?2006.01.11 いのまた) ●・・・早、3日目です。昼頃までは良かったんですが・・・少し冷えてしまって、夜は「教科書どおりのカベルネ・フラン」です。ちょっと酢ぱっくなって、ピーマンの香りたっぷり。普通に2日間ぐらいで飲みきってしまう方が良さそうです。参考になりますでしょうか・・・。(2006.01.12 いのまた) アンティコブロイオコッリオリエンターリ カベルネ2004 人気セール,セール

エリオアルターレバルベーラダルバ 2006 新作登場,HOT

●アルターレと言えばバルベーラ?2006年物入荷しました。   以下2004年物コメントです↓ ●香りに軽いブーケを感じますが当然まだまだ、若い若い!それでも香りからして、しっかりとしたポテンシャルを感じさせてくれます。若い分だけ幾分タイトですが、ハーブやスパイスの乗ったスタイリッシュな味わいを予感させてくれますね。 ●どうも若いうちのアルターレ、表す言葉がなかなか見つかりません。どうもいつも押され気味。それでも考えているうちにグラスの中は減っていきます・・・。バルベーラのフレッシュな果実味、そしてまだまだ隠れた味わいへの期待。何処を切っても安定感のあるバランスが保たれています。 ●ある意味インダストリアル・デザイン的な美しさかな?自然派のゆったりとした感触ではありませんが、・・・・柳宗理のカトラリー・・・自己主張しながらも使ってみると実に使い安いというか、なじむというか・・・その名の通り「モダン」なシェイプ。最近こういうワインがちょっと少なくなってきた、と感じる今日この頃です。(2006.01.25 いのまた) ●予定外で、一日とんで3日目のコメントです。形の崩れ無いソリッドな感覚ですが、妙になじむというか、整ったというか・・・。この食器を使うなら、まずは回りをきちんとかたづけて、居住まいを整えなきゃ、と思わせます。折り目正しきバルベーラ。豊かな会話ののなかにも、心地よい緊張感が存在し、言葉の一言一言をじっくりと噛みしめたくなります。飲み手に静かに語りかけてくる・・・、いかにもアルターレらしいバルベラです。(2006-.01.27 いのまた) 1970年代の後半まで、バローロの多くの人たちは作ったブドウのほとんどを大手のネゴシアンに売っていました。どの畑も小さく、わざわざ醸造設備を設けてワイン造りをするよりは効率的だ、と考えられてからです。 しかしながら当時20歳代であったエリオ・アルターレは、こうしたバローロの現状に疑問を抱いていました。何かもっと別の道筋はないのだろうか?彼は仲間たちと話し合っていくうちに一つの結論に至ります。バローロはブルゴーニュだ!ブルゴーニュはそれぞれ小さな生産者であっても、それぞれにビン詰めし、心地よいタンニンとフルーティなワイン、しかもそれぞれの畑の個性を感じられるようなワインが作られている・・・。 アルターレはこうして自らブルゴーニュに赴きワイン造りを学ぶと供に仲間を集めモダン・バローロの牽引役の一人として現在に至っています。 エリオアルターレバルベーラダルバ 2006 新作登場,HOT

ボッカディガッビア サルタピッチオ サンジョヴェーゼ 1997 IGTマルケ 定番人気,新作

●このエリアで、サンジョベーゼに40%以内のモンテプルチアーノを混ぜるとDOCロッソ・ピチェーノとなりますが、サンジョベーゼ100%はマルケのIGTになります。こちらのサルタピッチオもサンジョッベーゼ100%。1~2年落ちのフレンチバリックで16ヶ月熟成させています。その後瓶熟も最低6ヶ月行いリリースされます。 ボッカディガッビア サルタピッチオ サンジョヴェーゼ 1997 IGTマルケ 定番人気,新作

ラビアンカーラ アンジョリーノマウレ DOCガンベッラーラクラシコ サッサイア sanzaSO2 2007 HOT,限定SALE

●久しぶり!と言う感じのサッサイア、サン・スフルです。予測はしていましたが・・・きっちりと酸化傾向、でもこの感触がブドウの力と拮抗を保ちつつ妖しい魅力は健在でした・・・・。 ●色調はかなりしっかりとした黄金色。幾分黄金色に引っ張ったところのソアベの上の方のクラスの物に近い色合い。かおりにはうっすらとシェリー香が混じり、そこにスモーキーな薄絹を纏ったしっかりとした果実味、黄色いリンゴ、黄桃、アンズの薫りが漂います。味わいは少しシードルの様なニュアンスを感じながら、強い意志を感じさせるような凝縮感。強く鉱物的なミネラル感がそれに伴います。 ●この味わい、少し慣れないと???かもしれません。が、慣れると旨味たっぷりの極上食中酒。先ずは少し甘めに焼いたロースト・ポーク。出来ればタマネギのチップスをたっぷりと添えたいところ。くせになりそうなコンビネーション、と思います。(2009.09.20 いのまた) ● ガンベッラーラのワインは隣のソアーヴェと同じガルガネーガ種を主体(88%)に作られトレッビアーノ種を12%ブレンドしています。ラ・ビアンカーラの畑は火山岩質の日当たり良い南東から南西向き。ソアーヴェににたフルティーな味わいを持ちながらもさらにミネラル分に飛んだしっかりとした輪郭を持っています。こちらはそのサンスフル、酸化防止剤SO2を使っていない物です。下は過去のコメントです。 ●抜栓後すぐの状態では、かなり堅い印象を受けます。ソアヴェと比較するとやはり繊細さを伴ったミネラル感が優勢ですね。ちょっとシャープなフォルムのヴェネチアングランスなんかが似合いそう。先の試飲会ではもう少し果実味が開いていたみたいなので、少し時間がかかるのかな?グラスに入れて多少温度が上がると、優しい白い花や果実の香りの甘さを感じます。同時に柔らかな苦みもでてきたかな?酸はしっかりとしていますがどちらかというと控えめ。なかなか料理にあわせやすいかも知れません・・。では2日目もお楽しみに。(2003.11.01 いのまた) ●このワイン、2日目も結構いけますね。少しひんやりの温度で、酸味の繊細さが際立っています。酸のきめ細やかさはモーゼルのリースリング的。一日目の味わいは和風茸のパスタに合いそうな軽やかさでしたが、2日目は茸のリゾットと言ったところでしょうか?シンプルに焼いたエビやカニにも合いそうです。これからの季節ちょっと楽しみですね。(2003.11.02 いのまた) ラビアンカーラ アンジョリーノマウレ DOCガンベッラーラクラシコ サッサイア sanzaSO2 2007 HOT,限定SALE

フィリッピソアーヴェ・クラシコ 2004DOCヴェネト 人気定番,新作

●ソアーヴェの生産地区の中でもソアーヴェとモンテフォルテ・ダルポーネの村の北に位置する丘陵地帯で作られた物は『クラシコ』を名乗ることが出来、伝統的なガルガネーガ種の使用比率が一段と高くなります。こちらはそのクラシコ。ガルガネーガ種100%で作られました。 ●まずこのワインの第一印象・・・香りの立ち方が素晴らしい!しっかりとした柑橘系+黄色いリンゴ系の香りに黄色い蜜の香りがすっきりと絡んできます。ソーヴィニヨンにも似たハーブの香りも素晴らしくフレッシュ。健全で素直なブドウを使っているなと言う印象です。 ●味わいは意外に酸が柔らか。ミネラル豊富でしっかりとした芯がありますね。やはり軽めのワインですのであまり長く寝かせて、と言うわけには行きませんが、素直に美味しい、ソアーヴェです。何に似ているのだろう?この後味は・・・と思い出すと、ルメール・フルニエですね。途中のミネラル感はランドロンのアンフィボリット・ナテュール・・・・アンセルミやカ・ルガーテのしっかりとした作りとも異なります。タメリーニのようなソフトな感触でもないですね・・・ソアーヴェって結構面白いかも、です。 ●スパゲッティーを、オリーブ・オイルと細かく刻んだイタリアンバジルと岩塩だけでシンプルに味付け・・・てなパスタに合いそうです。同じような感じでフォカッチャにも良いかな・・・(2006.02.14 いのまた) フィリッピソアーヴェ・クラシコ 2004DOCヴェネト 人気定番,新作

エリオアルターレランゲ アルボリーナ 2004 驚きの破格値,新作登場

1970年代の後半まで、バローロの多くの人たちは作ったブドウのほとんどを大手のネゴシアンに売っていました。どの畑も小さく、わざわざ醸造設備を設けてワイン造りをするよりは効率的だ、と考えられてからです。 しかしながら当時20歳代であったエリオ・アルターレは、こうしたバローロの現状に疑問を抱いていました。何かもっと別の道筋はないのだろうか?彼は仲間たちと話し合っていくうちに一つの結論に至ります。バローロはブルゴーニュだ!ブルゴーニュはそれぞれ小さな生産者であっても、それぞれにビン詰めし、心地よいタンニンとフルーティなワイン、しかもそれぞれの畑の個性を感じられるようなワインが作られている・・・。 アルターレはこうして自らブルゴーニュに赴きワイン造りを学ぶと供に仲間を集めモダン・バローロの牽引役の一人として現在に至っています。 エリオアルターレランゲ アルボリーナ 2004 驚きの破格値,新作登場

エリオアルターレドルチェットダルバ 2005 驚きの破格値,100%新品

●アルターレ、最近はこのドルチェットしか飲めません。(実際には飲んでいるんだけれど、コメント残せる状態で飲んでいない)で、先ずはこちらの2005年。この年はちょっと濃い墨、かな?リーファーで届いたばかりで少し冷やっこい。・・香りには幾分乾燥した果実味、とまだ新鮮さを残すしっかりとした芯。グラファイトを想像させるくっきりとしたタンニンが印象的。そして構図がしっかりとしている。 ●僅かながら獣脂の焦げた感じや、乾燥させたヨモギ、カルダモンやナツメグのスパイス香が出ていますが、まだまだ十分にできっていない。が、ポテンシャルは感じますね。自然に凝縮された旨味。・・・時間を置くとドルチェット本来の酸味も立ち上がり、構図と色合いの調和がとれてきます。冬の晴れ間、と言う感じでしょうか?概ねドルチェット飲むと「仔牛のカツレツ」を思い起こしますが、やっぱりそんな感じかな?お肉は薄くて良いです・・・。(2007.12.06 いのまた) ●R・パーカーさんのコメント見つかりましたので・・・   「Elio Altare’s Dolcetto d’Alba has typically been one of my favorites, so it’s nice to see the 2005 perform well. It is plump and full of life, with expressive aromatics, vibrant fruit and an elegant personality. In 2005 Altare was less severe with his yields than in 2004 and the wine’s balance clearly benefits from his more measured approach. It will drink at its finest if opened several hours before serving. Anticipated maturity: 2007-2010.89points」です。 ●かれこれ5日ほど経っているのでしょうか?旨い感じに枯れています。イタリア物のこの辺りって、なんとなく枯れてくると獣の皮のような、燻したハーブのような味わいが出て来ますが・・・その通りですね。幾分とげとげしくもあり、ピークは過ぎていますが、作りはしっかりとしています。実際にこんな5日も掛けて飲むワインではありませんので、ま、ほどほどのところで空けてしまいましょう。でも、モツ煮込みとかに合うな・・・。(2007.12.11 いのまた)  以下2004年物コメントです↓ ●久しぶりに飲むアルターレです。相変わらずコルクが長いですね・・・。香りはドルチェットらしく地味ですが、相変わらず良い育ちを感じさせるすっきりとしたまとまり。幾分この年はミネラル感が強そうかな?ともいつつまずは飲んで見ることに・・・ ●ぎゅっと詰まった黒い果実、ブラック・ベリーやカシスかな?実際にまだ「つぼみもほころび」と言ったところですが、みしっと詰まっています。熟した感じより幾分若い酸のニュアンスが豊か。ドルチェットらしくタンニンは果実味のある感は至って滑らかですが、アフターに心地よい苦味となって広がります。あの、薄墨のような独特の香りを伴って・・・・。 1970年代の後半まで、バローロの多くの人たちは作ったブドウのほとんどを大手のネゴシアンに売っていました。どの畑も小さく、わざわざ醸造設備を設けてワイン造りをするよりは効率的だ、と考えられてからです。 しかしながら当時20歳代であったエリオ・アルターレは、こうしたバローロの現状に疑問を抱いていました。何かもっと別の道筋はないのだろうか?彼は仲間たちと話し合っていくうちに一つの結論に至ります。バローロはブルゴーニュだ!ブルゴーニュはそれぞれ小さな生産者であっても、それぞれにビン詰めし、心地よいタンニンとフルーティなワイン、しかもそれぞれの畑の個性を感じられるようなワインが作られている・・・。 アルターレはこうして自らブルゴーニュに赴きワイン造りを学ぶと供に仲間を集めモダン・バローロの牽引役の一人として現在に至っています。 エリオアルターレドルチェットダルバ 2005 驚きの破格値,100%新品

ダルフォルノロマーノアマローネデラヴァルポリッエラ1997 定番人気,限定SALE

●96年に引き続きパーカー・ポイント99点のアマローネ1997。お値段もグンと上がってしまいましたが、いかがでしょう。alarの飲みたくても飲めないワインNo.1です。 The outrageous 1997 Amarone (17.5% alcohol) was aged 28 months in 100% new French oak. An inky/purple color is followed by sumptuous aromas of blueberry liqueur intermixed with truffle, graphite, camphor, and vanilla scents. This remarkable offering is immensely full-bodied and super-concentrated, with great purity, symmetry, and length. It is the stuff of legends! How long will it last? Who knows? Certainly this wine is capable of evolving for 15-20 years. $370 99points これより下は96年ヴィンテージのものです。ご参考まで。  「殆ど完璧と言って良い、96年のアマローネは、殆ど疑いなく私のかつて飲んだアマローネの中で最高の物である。インクのような黒紫色はとんでもないほど純粋に、黒鉛、ブラック・ベリー、プラム、ミネラル、リコリス、エスプレッソコーヒーの香りをともなっている。此のワインは、記憶に残る凝縮度と豊かさを持ち合わせているが、必ずしも「重い」ワインであるとは言えない。しかしながら17.5物高いアルコール度数を示しているため、私の体験したイタリアワインの中でも、格別に信じられないほどの長命なワインとなるであろう。熟成完了予測は2004年から2030年。99ポイント」 R・パーカーのご推薦と共にその人気はうなぎ登り。お値段もうなぎ登りのアマローネですが、トライアルしてみる価値はありそうです。ちなみにR・パーカーがワイン・アドヴォケイトで昨年10月30日号にに例示した価格は$259、その後ワイン・スペクテーターの本年4月30日号に載っている価格例はすでに$299にもなっています。以下は、そのワインス・ペクテーターのコメントです。 「Bright and fruity Amarone, with pepper, crushed berries and hints of new wood. Full-bodied and very velvety, with a long, long juicy finish. Gorgeous and decadent. The master of Amarone hits it again. Drink now through 2010. 720 cases made.93point $299 ,WineSpectator Apr 30, 2002 ダルフォルノロマーノアマローネデラヴァルポリッエラ1997 定番人気,限定SALE

ペルティマリブルネッロディモンタルチーノ1998 限定SALE,お得

●「とても深みのある濃いルビー色をしています。香りには、落ち着きがあり、外見同様深みのある静けさがあります。さらに軽くグラスを揺らすとゆっくりと、しかし力強く、スパイシーでハーブのような香りが立ちのぼってきます。果実のニュアンスはもう一歩遅れてきますが、良く熟し粘りのある感じがします。口の中ではさらに様々な味わいが交錯し、真新しい革製品や、熱せられた肉の脂、おれた松葉、などの感覚が入り交じっています。タンニンはミディアムぐらいにしか感じませんが、しっとりとした感触を伴って豊かに存在し、時間の経過に身をゆだねています。まだまだ眠りの最中。じっくり寝かせて楽しみたい一本です。」このalarコメントはR・パーカーさんが96点を付けた97年ヴィンテージのもの。でも基本の構成はそのままこの98年にも当てはまります。 ●スロベニア産オークのカスクで丸3年、その後6ヶ月の瓶熟を経て来ました。うれしいことに手仕事に近いペルティマリのブルネッロの作りは基本的に変わってないですね。気持軽めの味わいはじっくりと寝かせたい97に較べるとずっと華やか。チェリー系の果実味とブーケやタンニンの滑らかさはこの98年の特徴なのでしょうか?少し早めに飲めそうなブルネッロです。 「Typical of the vintage, the 1998 Brunello di Montalcino is forward, with a gorgeous perfume of roasted herbs, saddle leather, asphalt, truffles, spice box, and sweet cherry as well as currant fruit. Round, generous, and complex, but extremely accessible and evolved, it will drink well for 7-8 years. This tiny estate, which has been making spectacular wines since 1982, makes some of the finest red wines in Tuscany. I am beginning to think that if I had only one Brunello di Montalcino to drink it would have to be Pertimali. Unfortunately, quantities are microscopic, making availability a major headache. 91points」 ●ちょっと気が付いたのですが・・・。ラベルのヴィンテージの下。凄く良かった97年には☆が5個付いていたのに、この98は何も付いていませんね?何か出来具合と関係あるのかな?ご存じの方教えてください。 ペルティマリブルネッロディモンタルチーノ1998 限定SALE,お得

フォントディフラッチャネロデラピエヴィIGTコッリトスカーナチェントラーレ 2006 新作登場,品質保証

●非常に前評判の高いフラッチャネロ06入荷しました。まずはインポーターさんの資料などから・・掻い摘んで・・・ ●現在ではそれほど珍しくはなくなった、サンジョベーゼ100%のワインは、このフォントディのワイナリーで始めて作られました。1981年に始めて作られたこのフラッチャネロは、その類い希なる単一畑からのサンジョベーゼの能力を引き出すために考案され、当時まだなかったサンジョベーゼ100%、新樽(バリック)100%、18ヶ月の樽熟、10ヶ月の瓶熟という仕込み方で誕生しました。ワインは瞬く間に注目を集め、スタンダードのキャンティと共にフォントディの名前を世界にとどろかすことになります。・・・それもそのはず、「フラッチャネロ」はフォントディのジョヴァンニ・マネッティ氏が、「私の息子」と形容する、手塩にかけたワインだからです。完熟した健康なサンジョヴェーゼだけで造られ、濃いベリー系の果実、甘草、コーヒーの香り、高貴な酸とキリッとしたタンニンで精妙なる構造を持ちます。さらに、有機栽培に由来するナチュラルな飲み口。ピアノ線のような細長い繊細な余韻が飲む人を心酔させます。このワインが更なる真価を発揮するのは、10年以上の歳月が経った時でしょう。 ●かつてはトスカーナの主要品種であるサンジョヴェーゼだけでは、良いワインはつくれないとの固定観念もあったようです。これに反旗をひるがえしたのが、1968年に設立されたフォントディ。ルネサンス期以来の瓦職人の家系に生まれ育ったマネッティ兄弟は、サンジョヴェーゼ100%でもおいしいキアンティがつくれるはずだと考え、実際、その通りのものを生み出しました。しかし、これを公表すれば法律違反となり、キアンティとして認められないため、しばらくは製法を内密にしていました。やがて、彼らに追随する者が現れ、サンジョヴェーゼ100%のワインが公然と出回るようになりました。そして1996年法律が改正され、サンジョヴェーゼ100%のワインもキアンティと認められるようになったのです。2000年まではサンジョベーゼ100%のいわゆる「シングル・ヴィンヤード物」単一畑のブドウから作られたワインでしたが、2001年からはフォントディの持ついくつかの区画から優れたサンジョベーゼのみを集め手仕込む、と言うスタイルに切り替わりました。・・・・しかしなぜかこのフラッチャネロ、いまだに「キャンティ」のD.O.C.Gを名乗っていません。これはカベルネやメルロを加えることも可能な「キャンティ」そのものへの挑戦かもしれません・・・・(alarの想像の範囲ですが・・) ●ラベルに表示された「ピエーヴ」は畑の一角にある1,200年前の教会。その教会の祭壇の中にある十字架をラベルに選んでいます。その十字架には人間と土壌の関係が描かれていて、マネッティ氏は土壌と歴史を尊重する気持ちを込めて、このラベルにしたと説明します。彼の謙虚に自然を敬うエスプリが垣間見え、ワインは土壌の味わいがします。そしてこの2006年の評価は非常に高く、以下のようなコメントをとっています。 ●ワイン・アドヴォケート184号  「2006ヴィンテージは、以前樽から試飲した時と同様、驚異的なワインである。見事なまでの完熟感と凝縮感を持ち、膨大な量のダークチェリー、プラム、甘草、スミレ、フレンチオーク、ミネラルが、桁外れなコクを伴って口内を覆いつくす。たっぷりとした構造でありながら、果実の絶大な濃密さが驚くほどの調和を見せている。2006ヴィンテージはまだまだ初期の段階にあり、かなりの忍耐力を求められるだろう。フラッチャネッロが造られている地が、サンジョヴェーゼにとってはトスカーナでももっとも恵まれた特別な土地であることをこのワインは証明し続けている。予想される飲み頃:2016~2026年 94points」 ●ワイン・スペクテイター2009年10月31日号   「優れた色調と芳醇さを見せるサンジョヴェーゼ。スルタナ、コーヒー、香ばしいオーク、ヴァニラビーンズのアロマが表れる。フルボディで、豊富な果実や噛み応えのあるタンニンがたっぷりと感じられる。果実の凝縮感と深み、そして重層的なタンニンは息をのむような素晴らしさだ。まさに大成功のワイン。2014年以降が飲み頃。 99points 2009年度トップ100ワイン第8位!強くお勧めできるワインに選出!!」 フォントディフラッチャネロデラピエヴィIGTコッリトスカーナチェントラーレ 2006 新作登場,品質保証

フランツ・ゴイヤール グロッグルホフDOCズュートティローラー ラグレイン2003 人気セール,高品質

フランツ・ゴイヤール グロッグルホフDOCズュートティローラー ラグレイン2003 人気セール,高品質

レテラッツエ サッシネリ 1999 DOCロッソコーネロ 本物保証,安い

●モンテプルチアーノはイタリア中部から南部のアドリア海側(東側)に広く栽培されているイタリア原産のブドウ品種です。サンジョベーゼ・ロマニョーロ系のブドウと言われ、トスカーナのサンジョベーゼ(サンジョッベーゼ・ピッコロ、ブルネッロ(サンジョッベーゼ・グロッソ)、プルニョーロ・ジェンティーレなどサンジョベーゼ・トスカーノ系品種とはかなり遠い親戚関係。ただ、その起源ははっきりとわからないようです。 ●このはっきりと起源はわからないけれど、樹勢が強く皮が厚くタンニンは豊富で酸の低いワインができるモンテプルチアーノにレ・テラッツエはこだわりを見せています。オーナーのアントニオ&ジョルジーナ・テルニ夫妻と、栽培責任者レオナルド・ヴァレンティ、醸造責任者のアッティオ・パーリのチームは、このブドウの収量を落とし、熟成期間を発酵期間をより長くし、そして小樽で熟成させることによりロッソ・コーネロの中でも最上の一本とよっばれる「サッシネリ」を作り出しました。 ●ところがこのワイン、試飲会とかで他のイタリアワインに紛れて並んでいると、印象的には実に地味なワインです。あとから思い出そうとすると、あまり目立ったところがないのでどうもぼんやり霞んでしまいます。でも、ゆっくりと一本開けようとすると実に「心に滲みる」ワインです。友禅の優雅さはありませんが、紬の落ち着きとでも表現すれば良いのでしょうかね? ワインアドヴォケイト137号(2001年10月) 「The 1999 Sassi Neri reveals an elegant, sweet perfume of cherry jam, currants, toasty oak, and licorice. Rich, medium to full-bodied, with sweet tannin as well as a long finish, it will drink well for 5-6 years. 88points」 レテラッツエ サッシネリ 1999 DOCロッソコーネロ 本物保証,安い

フォントディフラッチャネロデラピエヴィIGTコッリトスカーナチェントラーレ 2006 定番,お買い得

●非常に前評判の高いフラッチャネロ06入荷しました。まずはインポーターさんの資料などから・・掻い摘んで・・・ ●現在ではそれほど珍しくはなくなった、サンジョベーゼ100%のワインは、このフォントディのワイナリーで始めて作られました。1981年に始めて作られたこのフラッチャネロは、その類い希なる単一畑からのサンジョベーゼの能力を引き出すために考案され、当時まだなかったサンジョベーゼ100%、新樽(バリック)100%、18ヶ月の樽熟、10ヶ月の瓶熟という仕込み方で誕生しました。ワインは瞬く間に注目を集め、スタンダードのキャンティと共にフォントディの名前を世界にとどろかすことになります。・・・それもそのはず、「フラッチャネロ」はフォントディのジョヴァンニ・マネッティ氏が、「私の息子」と形容する、手塩にかけたワインだからです。完熟した健康なサンジョヴェーゼだけで造られ、濃いベリー系の果実、甘草、コーヒーの香り、高貴な酸とキリッとしたタンニンで精妙なる構造を持ちます。さらに、有機栽培に由来するナチュラルな飲み口。ピアノ線のような細長い繊細な余韻が飲む人を心酔させます。このワインが更なる真価を発揮するのは、10年以上の歳月が経った時でしょう。 ●かつてはトスカーナの主要品種であるサンジョヴェーゼだけでは、良いワインはつくれないとの固定観念もあったようです。これに反旗をひるがえしたのが、1968年に設立されたフォントディ。ルネサンス期以来の瓦職人の家系に生まれ育ったマネッティ兄弟は、サンジョヴェーゼ100%でもおいしいキアンティがつくれるはずだと考え、実際、その通りのものを生み出しました。しかし、これを公表すれば法律違反となり、キアンティとして認められないため、しばらくは製法を内密にしていました。やがて、彼らに追随する者が現れ、サンジョヴェーゼ100%のワインが公然と出回るようになりました。そして1996年法律が改正され、サンジョヴェーゼ100%のワインもキアンティと認められるようになったのです。2000年まではサンジョベーゼ100%のいわゆる「シングル・ヴィンヤード物」単一畑のブドウから作られたワインでしたが、2001年からはフォントディの持ついくつかの区画から優れたサンジョベーゼのみを集め手仕込む、と言うスタイルに切り替わりました。・・・・しかしなぜかこのフラッチャネロ、いまだに「キャンティ」のD.O.C.Gを名乗っていません。これはカベルネやメルロを加えることも可能な「キャンティ」そのものへの挑戦かもしれません・・・・(alarの想像の範囲ですが・・) ●ラベルに表示された「ピエーヴ」は畑の一角にある1,200年前の教会。その教会の祭壇の中にある十字架をラベルに選んでいます。その十字架には人間と土壌の関係が描かれていて、マネッティ氏は土壌と歴史を尊重する気持ちを込めて、このラベルにしたと説明します。彼の謙虚に自然を敬うエスプリが垣間見え、ワインは土壌の味わいがします。そしてこの2006年の評価は非常に高く、以下のようなコメントをとっています。 ●ワイン・アドヴォケート184号  「2006ヴィンテージは、以前樽から試飲した時と同様、驚異的なワインである。見事なまでの完熟感と凝縮感を持ち、膨大な量のダークチェリー、プラム、甘草、スミレ、フレンチオーク、ミネラルが、桁外れなコクを伴って口内を覆いつくす。たっぷりとした構造でありながら、果実の絶大な濃密さが驚くほどの調和を見せている。2006ヴィンテージはまだまだ初期の段階にあり、かなりの忍耐力を求められるだろう。フラッチャネッロが造られている地が、サンジョヴェーゼにとってはトスカーナでももっとも恵まれた特別な土地であることをこのワインは証明し続けている。予想される飲み頃:2016~2026年 94points」 ●ワイン・スペクテイター2009年10月31日号   「優れた色調と芳醇さを見せるサンジョヴェーゼ。スルタナ、コーヒー、香ばしいオーク、ヴァニラビーンズのアロマが表れる。フルボディで、豊富な果実や噛み応えのあるタンニンがたっぷりと感じられる。果実の凝縮感と深み、そして重層的なタンニンは息をのむような素晴らしさだ。まさに大成功のワイン。2014年以降が飲み頃。 99points 2009年度トップ100ワイン第8位!強くお勧めできるワインに選出!!」 フォントディフラッチャネロデラピエヴィIGTコッリトスカーナチェントラーレ 2006 定番,お買い得

オアジデグリアンジェリ クルニ 2000IGTマルケ 新作登場,人気SALE

●97年以来最新の01ヴィンテージまで5年連続でガンベロ・ロッソのトレヴィッキエリ獲得という凄いワイン!ピエモンテやトスカーナの常連さんならいざ知らず、マルケで5年連続はあまり聞きません。また同時にこちらの2000年はヴィニタリ(イタリア最大のワイン見本市)でも金賞を獲得。侮れない一本ですね。 ●モンテプルチアーノ100%ですが、通常のモンテプルチアーノとは全く別物の重量感、アルコール度数は15度!非常に完熟度が高く、濃くて、甘く、ミネラルもぎゅ~っと詰まっている、というワインです。ワイナリーのデータは乏しいのですが、極小の畑からこちらの『クルニ』1アイテムのみ、わずか200ケース(4500本?)の生産。イタリア・パルマのグロッサリーストアーでは62ユーロの値段が付いて売りきれていました。 ●実はこのワイン、先月には入荷しておりましたが、あまりの強さに驚いて、一年間ぐらい寝かせて置こうかなどとともっていた次第で・・・。何しろ凄い。黒い果実味の凝縮感と言い、派手さはないけど身体にしみいるような重厚なタンニン。ほとんど開いていない、と言った感じの沈黙に向き合うには、しっかりとした忍耐が必要です。そんなことで、まともなコメントが書けませんが、これがトスカナのものだったたら、ちょっと凄い噂になっていそうなワインですね。 ●リアルワインガイドで92点→95点と紹介されてから、すぐに無くなってしまいましたが、2005年2月3日に四度目の入荷。2000年ヴィンテージはホントにこれが、最後です。 オアジデグリアンジェリ クルニ 2000IGTマルケ 新作登場,人気SALE

ペルティマリブルネッロディモンタルチーノ1998 大得価,定番人気

●「とても深みのある濃いルビー色をしています。香りには、落ち着きがあり、外見同様深みのある静けさがあります。さらに軽くグラスを揺らすとゆっくりと、しかし力強く、スパイシーでハーブのような香りが立ちのぼってきます。果実のニュアンスはもう一歩遅れてきますが、良く熟し粘りのある感じがします。口の中ではさらに様々な味わいが交錯し、真新しい革製品や、熱せられた肉の脂、おれた松葉、などの感覚が入り交じっています。タンニンはミディアムぐらいにしか感じませんが、しっとりとした感触を伴って豊かに存在し、時間の経過に身をゆだねています。まだまだ眠りの最中。じっくり寝かせて楽しみたい一本です。」このalarコメントはR・パーカーさんが96点を付けた97年ヴィンテージのもの。でも基本の構成はそのままこの98年にも当てはまります。 ●スロベニア産オークのカスクで丸3年、その後6ヶ月の瓶熟を経て来ました。うれしいことに手仕事に近いペルティマリのブルネッロの作りは基本的に変わってないですね。気持軽めの味わいはじっくりと寝かせたい97に較べるとずっと華やか。チェリー系の果実味とブーケやタンニンの滑らかさはこの98年の特徴なのでしょうか?少し早めに飲めそうなブルネッロです。 「Typical of the vintage, the 1998 Brunello di Montalcino is forward, with a gorgeous perfume of roasted herbs, saddle leather, asphalt, truffles, spice box, and sweet cherry as well as currant fruit. Round, generous, and complex, but extremely accessible and evolved, it will drink well for 7-8 years. This tiny estate, which has been making spectacular wines since 1982, makes some of the finest red wines in Tuscany. I am beginning to think that if I had only one Brunello di Montalcino to drink it would have to be Pertimali. Unfortunately, quantities are microscopic, making availability a major headache. 91points」 ●ちょっと気が付いたのですが・・・。ラベルのヴィンテージの下。凄く良かった97年には☆が5個付いていたのに、この98は何も付いていませんね?何か出来具合と関係あるのかな?ご存じの方教えてください。 ペルティマリブルネッロディモンタルチーノ1998 大得価,定番人気

トマス・エ・ギーセン トリック・ア・バラック Tric a Ballac 2004フィアーノ イルピーニャIGT 最安値,限定セール

●前年までは「フィアーノ・ディ・アヴェリーノ」のDOCで出ていたワインですが、2004年はIGTでの登場です。フィアーノはカンパーニャ他南イタリアの伝統品種。この地区の伝統的ブドウ生産者からのブドウを使い作られました。発酵はステンレスタンク。品種の素性を素直に表現し、肌理がなめらかであるとともに芳醇な味わいをもたらします。 ●この懐かしい、ソーダ水の様なすっきり気の甘い香りは・・フィアーノ、です。牛乳屋さんのリンゴジュース、あるいはキッチュな屋台のレモネード。草原を駆け抜ける少年のような(言い過ぎだろ?)な爽やかな味わいです。でもそこはしっかり男の子。味わいにはしっかりととした芯が一本通っています。 ●掴みに、ホ~っと思わす果実味が広がり、中盤はやや薄めながらもフレッシュなハーブの香り、フィニッシュしてから再び厚みを増すちょっとほろ苦さのあるミネラル感と柔らかな果実味。途中はともかく最初と最後がしっかりとまとまっています。気持ちの良さに「ぶれ」がないです。やっぱりここはボンゴレ・ビアンコかな?シンプルにオリーブオイル付けただけのフォカッチャも良いかな?ナポリ湾の夕暮れ、爽やかな風が吹き始める夏の終わり(行ったこと無いけど)の美味しさです。(2005.08.05 いのまた) トマス・エ・ギーセン トリック・ア・バラック Tric a Ballac 2004フィアーノ イルピーニャIGT 最安値,限定セール

ピアンデッロリーノブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2001 2019,爆買い

●ヤン・ヘンドリック・エルバッハ氏がフリーランジュース100%より造るブルネッロ・ディ・モンタルチーノです。畑は標高420mに位置し、昼夜の寒暖差も大きくブドウ栽培に絶好のロケーション。オリーブ栽培も行われる合計10haの畑はPian dell'Orino /Pian Bossolino /Scopeta /Cancello Rossoと4つの区画に別れていますが、カンティーナ名にもなっているPian dell’Orino(ピアン・デッロリーノ) から収獲されたブドウだけがこちらのブルネッロ・ディ・モンタルチーノに使われます。こちらの区画面積は1.5haで、葡萄は1976年と1982年に植えられました。泥灰土と粘土と砂の混じり合う土壌で、pHは7.5~8.5(石灰岩が豊富でややアルカリ性の土壌)。殺虫剤、除草剤、科学的な肥料等は全く使用していません。 ●また、この畑の面白いところは「各列交互に一年ごと下草を約20種類生やす」こと。雑草をわざと生やすことで土壌の保水力を高め、雑草と葡萄の生存競争の結果、葡萄の根は地中深くに養分を求め葡萄に複雑な味わいをもたらします。また、畑にトラクターなどが入った際に、タイヤで土壌が固まるのを防ぐクッションの役割も果たします。全てに下草を生やすと、必要以上に土壌の養分持っていかれていかれてしまう為、A列は奇数年、B列は偶数年、そしてC列は奇数年と交互に下草を生やし、1年したら全て抜いて1年土壌を休ませて翌々年にまた生やすという中1年サイクルで行います。 ●このワインの特筆すべき点は「フリーランジュース」のみ使用している事。手摘みにて収穫された葡萄(収量は約28hl/ha?計算中:いのまた)は、破砕後自然酵母のみで発酵スタート。タンクにて最高で35度に保たれた状態が維持されます。トータルで5週間ほど過ぎて熟成に。この際圧搾機に入れてそのまま出てくる果汁だけがこのワイン用のモノとなり、実際に圧搾してえられた果汁は使われていません。その後スロヴェニア産オークの樽で40ヶ月熟成。ノンフィルターで瓶詰めされています。ちなみにSO2の使用量はトータルで58mg/l。年間生産量は約9500本とのことです。  (以上インポーターさんの資料より) ●・・・・と言うことでフリーラン100%に惹かれてみました。試飲会で飲んでもなるほどな果実味で、思わず追加!。2001年というヴィンテージも手伝って、なかなかにオススメなブルネッロ、です。『口いっぱいに広がる果実味はブルーベリーやダークチェリー。タンニンは優しくともしっかりとした良質な印象。幾分岩石系のミネラル感が感じられ、樽の甘味ともバランスがとれている。フィニッシュは良好。後2年ぐらいで飲み頃』とメモを残しています・・・。イメージ的には「モダン」。チャッチや、ペルティマリ系かな?と思いつつ、・・・なるほどね、なところはやはり果実味とタンニンの柔らかさ。フィネスを伴うような長熟型とは行かないかな?・・・・むしろフォントディのフラッチャネロに近い、イメージ。かなりの掘り出し物、と思っています。もう少し落ち着かせてから、も一度飲んでみよ。 ●ついでに、もう一つ。ラベルの下部(ブルネッロ~と書かれているあたり)はシャプティエのように『点字』が併記されています。 ●はい、少し落ち着かせてから・・・と、舌も渇かぬうちに再試飲しています・・・。先の試飲会では、かなりワインが荒らされているので感じなかったのですが、抜栓直後は幾分還元的な香りを感じます。獣脂や皮の香り、同時にチーズのような感触が・・なんでしょうかね?ある程度ぐりぐりやって見ると、この還元的なところは綺麗に消えて、しっかりとした果実味が出てきます。・・ようやくブルネッロらしくなってきた。正しいサンジョベーゼ系に相応しい明るい酸と決してコクはないがしっかりとしたタンニンを感じます。さらにミネラル感がこのワインを特徴づけている。これがやがて甘さとほろ苦さに代わり、これまたブルネッロらしいフィニッシュ。何となく行き掛かり上ブルゴーニュ・グラスで飲んでしまっていますが、ボルドー・タイプのグラスならもう少し味にまとまりもでてさらに良い感じになることは間違い無し。ミディアム・ボディにしっかりと旨味が詰まっています。じっくりと寝かせて、とはやはり行きそうもありませんが、後2~3年でしっかり飲み頃の予感。子羊のロースト辺りがお似合いかな?ハーブよりも岩塩とペッパーで軽く味付けというのが良さそうです。(2006.08.28 いのまた) ●昨日、こちらのワインのインポーターの担当者から嬉しそうに電話がありました。・・・「せんむ~、今月号のヴィノテークで田崎さんの「バイイングガイド」見ていたら、ベスト・ワインに載ってるんですよ~!」と。と言うことで送ってもらったヴィノテーク記事の抜粋です。 「ヴィノテーク#325 2006.12月号  ヴィノテーク・ワイン・バイイング・ガイド「田崎真也セレクション」より≪掲載文書抜粋≫     18.5Point/20  Brunello di Montalcino 2001 DOCG Pian dell'Orino 14%     ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ、ピアン・デッロリーノ 「・・・・・色調はオレンジからレンガ色がかった、濃いめのガーネット。香りは芳醇で、産地や品種に典型的な要素を持つ。ブラックチェリーのコンフィ(砂糖漬け)やジャム、ドライフラワータール、シガーやタバコなど枯れ葉の様な香り、鉄サビミネラル、スパイス、樹脂、ス・ボワなどが感じられさらに、それらを木樽由来のヴァニラ香が包むよう。味わいはふくよかで、非常にバランスがよく滑らか。上品さも感じられる。余韻が長く、アフターにも芳醇なブケを残す。」   (「田崎真也セレクション」は田崎真也氏がブラインドで試飲を行ない20点満点の絶対評価を0.5点刻みで評価する企画です。試飲は各ワインの「ヴィンテージ」、「産地」、セパージュ」、「希望小売価格」だけ田崎氏に伝え行われます。) 数多くのモンタルチーノ近郊のカンティーナをコンサルタントするヤン・ヘンドリック・エルバッハ氏(この名前はオランダ人?)が1996年よりスタートさせたカンティーナがピアン・デッロリーノ(Pian dell'Orino)。ここのカンティーナや畑は、かのビオンディ・サンティに隣接しており、限りなくビオディナミに近い有機農法(なんじゃそりゃ?:いのまた)を実践し土地の個性を大切にしたワインを作っています。 ピアンデッロリーノブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2001 2019,爆買い

アンティコブロイオコッリオリエンターリ カベルネ2004 驚きの破格値,大得価

    きゅッと締まった果実味が、小悪魔的な魅力です。    ●どういう訳か1年飛ばして2004年ヴィンテージが入荷です。・・・・伝票見ながら、ギクッ!カベルネってカベルネ・フランだったのか・・・。てっきりカベルネ・ソーヴィニヨンと思ってい飲んでいた、以前のヴィンテージの恥ずかしいコメントをまず。(・・・でも、前のラベルはカベルネとしか書いてないですね。この04分はカベルネ・フラン、となっていますが・・・)・・・・・2002年物のコメントです。 ●なるほど写真で比べるとラベルの紙質が少し変わりました。トレードマークのお城?が光っています。ワイン名の印刷が白くなりました。・・これで少しは品違い、減るかな? ●気持ち01より線の細さを感じながらも、「上澄み」を飲むようなクリーンな響き。キュッと締まった酸味とプルーンやブッラックベリーの果実的甘さ。ドライで些細なタンニンも気持ちよく、片やピッツア・マルゲリータをほおぼりながら、ミラノ風仔牛のカツレツも食べたい!気持ちになるワインです。ボルドーやトスカナのカベルネ系飲んでもピッツアはあまり食べたくならないけれど・・・。(2005.02.08 いのまた) ・・・・・2001年物のコメントです ●気持芯に深さのある濃い紫の色調。フレッシュなカシスやダークチェリーの香り。甘さを連想させながらもやや皮やハーブを連想させる軽い香りも感じられます。口当たりは始め非常に軽く、口の中でフワ~と広がる果実味、そして良質なタンニンの苦みでフィニッシュを迎えます。まだまだ若くて張りがありますね。 ●香りにあるスミレやレンゲのような小さく赤い花の香りが印象的。スイートバジル風の甘さも程良く効いています。きめの細かい優しいタンニン。後味に残る凝縮された苦み。樽のニュアンスが最小限に抑えられていても、果実の熟し方が実に良く感じられ、味わいに独特の透明感と伸びやかさがありますね。やっぱりフランスのカベルネとは一味違います。(2004.01.02 いのまた)●で、改めて、カベルネ・フランのこのワイン飲んでみました。そー言われてみると、そ~だよな~。ロワールのフランのニュアンスが何となく感じられます(これも怪しいぞ~!)。・・・・己のテイスティング能力の乏しさはさておいて、己のオイシイワイン能力はオオイニそそられますね!2004年のアンティコ・ブロイオの中では最も果実味が充実したイメージ。幾分フレッシュなプラムとチェリーの果実味がしっかりとしています、それでいて中盤から後半の「しまり具合」が良い感じです。果実味優先のアフターも気持ちが良い!ミネラル感よりもストレートに果実味を楽しめるワインです。 ●果実をワインにする事によって得られる「凝縮感」とはまた異なった「果実そのもの凝縮感」が感じられます。そのためタンニンやミネラルも果実に備わったプリミティブな味わいそのもの・・・。飾り気が無く綺麗な印象です。前のヴィンテージのコメント眺めていると、スミレとかレンゲとかの小さな赤い花のイメージを綴っていますが、こうした基調にあるニュアンスは変わらないですね。良い感じだな・・・。(2006.01.10 いのまた) ●・・・で二日目。どちらかというとこれもしみじみ飲める「こたつ系」入っています。とは言っても、もう少しモダンな印象はたしか。自然な甘みを伴った赤い果実味の豊かさに加え、シルクタッチのしゃっきとしながら柔らかいタンニン。フランスの物より皮が薄いんですかね?タンニンの感触が何しろ細やかというか、繊細というか・・・ピノ・ノワールチックな触感があるかと思うと、南のシラーのような肉付きの良さも底の方からちらほらと・・・。ブルーベリーとサワークリームたっぷり乗せたサクサクのミルフィーユ、といったところかな(本当はもう少しさっぱりとした味わいですが、たとえが見つからない・・)。 ●しっかりと焼き上げたローストチキンにさらりとベリー系のフルーツソース。あるいはもも肉たっぷりを赤ワインでじっくり煮込んで・・・こんなところかな(全然違う系統だけど・・?2006.01.11 いのまた) ●・・・早、3日目です。昼頃までは良かったんですが・・・少し冷えてしまって、夜は「教科書どおりのカベルネ・フラン」です。ちょっと酢ぱっくなって、ピーマンの香りたっぷり。普通に2日間ぐらいで飲みきってしまう方が良さそうです。参考になりますでしょうか・・・。(2006.01.12 いのまた) アンティコブロイオコッリオリエンターリ カベルネ2004 驚きの破格値,大得価

ジュゼッペクインタレッリヴァルポリツェラ スペリオーレ 1996DOC ヴェネト 爆買い,新作登場

●こちらのワインは手が込んでいます。ブドウは収穫後すぐにプレスされ、3~4日間のマセラシオン後、天然酵母による発酵が始まり7~8日間続きます。樽で「リパッソ」の時期まで休ませますが、その間2~3回の清澄をしています。「リパッソ」とはアマローネを樽に移す際、その絞りかすにあらかじめ発酵を終えたヴァルポリツェラを加える技法で、その後自然と第2次アルコール発酵が始まります。そして、通常春になると始まるマロラクティック発酵へと続きます。 これによりワインに高度な複雑さ色調そして骨格が加わることとなり、スロヴェニア・オークの大樽の中で6年掛けて熟成させて初めて完成となります。 ●合田さんのレポートの中で「どうしたら良いワインが作れるか」と言う質問にジョゼッペ・クインタレッリは次のように答えています。  「まず必要不可欠なのは良い畑です。其れと並んで欠かせないのが良いブドウの樹と低い収量   優れた労働力、大いなる情熱、そして様々な熟成段階を待ち続けられる無限の忍耐力です」 此のワイン、まさしく彼の忍耐力のたまものと言えるワインですね? ●96年のヴァルポリツェラは、全体的に不作のため、本来はアマローネとなるキュベもこちらのヴァルポリツェラのほうに混ぜています。その為原料となるブドウの糖度は上がり、品質は例年になく良い仕上がりです(アルコール分は14%まで来ています)。合わせてお値段も上がってしまいました(一応希望小売価格は10000円までいっています)。また輸入量も限りがあるので・・・お早めに。 ジュゼッペクインタレッリヴァルポリツェラ スペリオーレ 1996DOC ヴェネト 爆買い,新作登場

ルチアーノサンドローネぺモール Pe Mol ランゲロッソ 2000 セール

ルチアーノサンドローネぺモール Pe Mol ランゲロッソ 2000 セール

レテラッツエ サッシネリ 1999 DOCロッソコーネロ 大人気,お得

●モンテプルチアーノはイタリア中部から南部のアドリア海側(東側)に広く栽培されているイタリア原産のブドウ品種です。サンジョベーゼ・ロマニョーロ系のブドウと言われ、トスカーナのサンジョベーゼ(サンジョッベーゼ・ピッコロ、ブルネッロ(サンジョッベーゼ・グロッソ)、プルニョーロ・ジェンティーレなどサンジョベーゼ・トスカーノ系品種とはかなり遠い親戚関係。ただ、その起源ははっきりとわからないようです。 ●このはっきりと起源はわからないけれど、樹勢が強く皮が厚くタンニンは豊富で酸の低いワインができるモンテプルチアーノにレ・テラッツエはこだわりを見せています。オーナーのアントニオ&ジョルジーナ・テルニ夫妻と、栽培責任者レオナルド・ヴァレンティ、醸造責任者のアッティオ・パーリのチームは、このブドウの収量を落とし、熟成期間を発酵期間をより長くし、そして小樽で熟成させることによりロッソ・コーネロの中でも最上の一本とよっばれる「サッシネリ」を作り出しました。 ●ところがこのワイン、試飲会とかで他のイタリアワインに紛れて並んでいると、印象的には実に地味なワインです。あとから思い出そうとすると、あまり目立ったところがないのでどうもぼんやり霞んでしまいます。でも、ゆっくりと一本開けようとすると実に「心に滲みる」ワインです。友禅の優雅さはありませんが、紬の落ち着きとでも表現すれば良いのでしょうかね? ワインアドヴォケイト137号(2001年10月) 「The 1999 Sassi Neri reveals an elegant, sweet perfume of cherry jam, currants, toasty oak, and licorice. Rich, medium to full-bodied, with sweet tannin as well as a long finish, it will drink well for 5-6 years. 88points」 レテラッツエ サッシネリ 1999 DOCロッソコーネロ 大人気,お得

モンテベルナルディサエッタ 2000IGTトスカーナ 安い,爆買い

20世紀最後の「サエッタ」です。 Serious, but still soft and supple is the medium-bodied 2000 Sa-Etta, a 100% Sangiovese aged primarily in new French oak. Made in an international style, its deep ruby/purple color is followed by sweet aromas of black currants, smoke, and vanilla. There is excellent concentration and fine purity. Drink it over the next 5-7 years. 89points モンテベルナルディサエッタ 2000IGTトスカーナ 安い,爆買い

ドメニコクレリコアルテ 2001DOCランゲ 送料無料,HOT

●ドメニコ・クレリコの名前を一躍有名にしたのが1983年に初めてリリースされたこの「アルテ」ネッヴィオーロ90%、バルベーラとカベルネ・ソーヴィニオン10%から作られ新樽100%できています。クレリコは此のワインを「当時は国内でバローロ離れが進んでいて、バローロをモデファイした方がよいと思った。まず人目を引く必要があるからアルテを作ったのだけど、本当は100%が良いに決まっている・・・。」(「美術出版社 季刊ワイナートNo.8  2000年秋号」より)と語っていますが、言葉とは裏腹に常に高い評価を受けているワインでもあります。印象的なラベルとシャープで力強い味わいはいつ飲んでも記憶に残ります。(このラベルは何処かの美術館に展示されています。ニューヨークのメトロポリタンだったっかな?) ●alarには久しぶりの入荷です。そこで試飲も久しぶりに・・やっぱりオイシイですね。最初は少し堅めの雰囲気ですがネッビオーロらしいスミレの香りや赤い果実の果実味が正しく「凝縮」されています。ミネラル分がはっきりとしてる為非常に輪郭が際立ち、彫りの深い端正なたたずまいを見せてくれます。バローロ的と言うよりももっとフランス的な厚みかな?ワインそのものに個性の光る一本ですね。 ドメニコクレリコアルテ 2001DOCランゲ 送料無料,HOT