ドメーヌシャソルネサンロマン ルージュ Sour Roche スーロッシュ 2008 最安値,品質保証

ドメーヌシャソルネサンロマン ルージュ Sour Roche スーロッシュ 2008 最安値,品質保証

フィリップ・パカレシャブリ1erCru ボーロワ 2005 定番人気,新品

●フィリップ・パカレやはり赤よりも白の造り手、なのだろうか?このシャブリ、実にシャブリらしい土地の個性を持っている。レモンなどの黄色い柑橘系、青リンゴ、あるいはライムのような青くフレッシュな酸。そして何よりも薫り高くも火打ち石のようなミネラル感。香りこそ穏やかではあるが、口に含むと一気に果実味が押し出し、ミネラル感はすかさず下からのバックアップに備えると言った、念の入ったチームワーク。ある意味久しぶりにシャブリらしいシャブリをのんでいるのかもしれない。 ●これだけサンプルで入れて、アリス・エ・オリヴィエ・ド・ムールのものと較べようと試飲を伸ばしてきたが、実際ド・ムールと較べると、先ずはこちらは典型的なシャブリの「キンメリジャン」的なミネラル感。に対して厳密にはキンメリジャンではないド・ムールのもっと粘土質な処からえられた粘りある果実味、と共に土地の個性の良くでたワイン、だと思うし同時にそれが実にシャブリ的な物だとも思う。 ●いずれにしろ、このパカレのシャブリ、ナッティーというか、ヘーゼルナッツの香りが非常に魅力的、そして先は長い。おそらく1~2年で還元状態に入る気もするが、3~4年は寝かせてみて損ではないだろう。最も抜栓して軽くデカンターをすれば・・・・驚くほどのスケール感を見せてくれるに違いない。(2007.06.05 いのまた) Ch Rays,Domaine Leroyで研修を積んだ後、プリューレ・ロックの醸造長を長年務めその後2001年に独立・・・が、フィリップ・パカレの経歴です。また彼はボージョレのマルセル・ラピエール氏の甥でもあり、その縁で『自然派(アペラシオンを越えたフランス全土における)』を形成することとなったジュール・ショヴェの最後の弟子でもあります。 パカレはジュール・ショヴェの元で、相応の犠牲(例えば労働時間であり、あるいは腐敗果を捨て去る勇気・・・)を払うことを厭わなければ、近代技術に頼らない自然派の作り=かつて1950年代頃まで普通に行われていた作り方で、テロワールを忠実に表現する素晴らしいワインができる可能性に満ちていることを学んできました。そしてここで行われていることが「ただの非科学的な理論のように思えるだろうが、科学的なことを十分に理解した上でなくてはこのようなことには取り組むことができない。この理論は、自然科学に基ずくものである。」と言うことも理解しています。 そしてパカレ曰く、「ブルゴーニュワインの多くは単一品種で構成されているからその味わいを造っているものは、ブドウではなくテロワールなのである。これを最も大切にしなくてはいけないし、土壌、ブドウ、天候、そして人間があり、このどれ一つとして欠けてもワイン造りは不可能である。また、人間はオーケストラでいうところの指揮者であり、ブドウがより良く育つために導いてあげるだけなのだ。ワインは工業製品ではないから、技術を駆使して手を加えてしまうと本当のテロワ-ルを表現することはできない。」と。 実際のワイン造りにおいては、ブルゴーニュの伝統品種ピノノワールやシャルドネにこだわり、単一の品種が様々な土壌や気候によって異なった表情を見せることを重要と考えています。画一的な手法で、ある決まりきった味わいを造り出すのではく、その年、その土地、その気候が生み出すコピーのできない味わいのワインこそが理想と言います。栽培においては、農薬や除草剤を使用せず、とにかく成熟して健全なブドウを得ることに注力します。除梗をせずに発酵させるため、果梗まで完全に熟した状態で収穫することを理想としています。 醸造においてはSO2を用いず、ブドウに付いた天然酵母の力で発酵させます。ブドウ本来の風味を損なうと考えている作業も行いません(ルモンタージュなど)。同様の理由で新樽の使用にも慎重で、過剰な樽由来のロースト香を避けます。補酸や補糖といったことも行いません。 このように今や自然派ワインで採用されている典型的な手法を実践しているフィリップ・パカレですが、彼のワインには一部の他の自然派ワインにみられるような酒質の緩さや揮発性の香味、還元的なニュアンスを感じることはありません。そこには、様々な醸造法を知り、多くの経験から得た知識を持つパカレ氏ならではの特徴といえます。パカレ氏は、緻密で多彩な科学的知識を背景に酸化と還元のバランスをとり、完成された味わいの自然派ワインを生み出しています。インポータさんからの2005年ヴィンテージコメントです。   「非常に出来がよく、今までのパカレのワインの中で「偉大・傑作」といえる作柄。2005年を戦後のブルゴーニュ全体の作柄と比較するなら、1978年のような綺麗な酸味、そして1945年に似た味の濃縮感と収量の少なさです。どちらの年も1959年と並ぶブルゴーニュの赤にとって秀逸な年です。また白ワインの熟度も非常によくて、濃厚でコクの強いヴィンテージとなりました。」・・・なるほど期待の2005年です。こちらは最新ヴィンテージ2006年に関してフィリップ・パカレからのコメントです。   「一般的には、2006年はテロワール由来のミネラルが顕著に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日から行いました。   「2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、上質で品のある酸とエレガントなミネラルを得ることができます。2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての仕事ぶりが如実に味わいに表れる年に愛着と自信を感じます。結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。   「香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。   「最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい・・・。 フィリップ・パカレシャブリ1erCru ボーロワ 2005 定番人気,新品

ベルナール・デュガ・ピュイACブルゴーニュ ルージュ 2002 最新作,高品質

ベルナール・デュガ・ピュイACブルゴーニュ ルージュ 2002 最新作,高品質

フィリップジャンボンVdF バタイユシュールラロッシュノワール 2008 2009 最新作,人気SALE

●収穫量が激減した08年と09年。その特徴も異なる2つのヴィンテージの複数の区画をブレンドし、量的な問題をとワインの味わいのバランスを整えるために生まれた特別なキュヴェです。その名前の通り、ジャンボンの所有するバタイユとロッシュ ノワールという区画のワインがブレンドされており、08年のバタイユ、08年のロッシュ ノワール、09年のロッシュ ノワールのブレンドで造られています。 ●このワイン、最初に目を引くのは子供が描いたようなデザインのエチケット。ブレンドされている区画のひとつバタイユは、フランス語で「バトル、戦い」という意味で、もう一つの区画であるロッシュ ノワールは「黒い岩」。黒い岩の畑の上で剣道家(侍?)が戦う姿というある意味で名前そのままのデザインです。またこの剣道家にも実はモデルとなる人物がいて、フィリップ ジャンボンをはじめフランス中の自然派ワインの生産者を日本に紹介しているワインエージェントの方々が実際に剣道家であり、彼らをモチーフに採用したのだと言います。 ●この特別な背景で生まれたバタイユ シュール ラ ロッシュ ノワールは、すでにガメイの概念を超えた繊細な表現力を備えており、「静」の08年、「動」の09年という対照的なヴィンテージの特徴が調和し、優しさの中にも奥行きのある果実の味わいを楽しむ事ができます。 ●2013年2月、フランスはソミュール郊外のシャトー・ブレゼの地下深くで行われた・・・怪しい集会・・ではなくて・・・ディー・ブティーユはフランスのナチュラルワイン生産者のサロンです。フィリップ・ジャンボン・・・毎年会ってるし、当日日本に帰る飛行機の時間がないのでそろそろお暇、一応挨拶だけでとフィリップのいるブースにいったところ・・・見事捕まりました!そこで「これ飲んで行け!」と言われたのがこちらの「バタイユ・シュール・ラ・ロッシュノワール」・・・・・実際「トレ・ボン」だったのでトレ・ボン!と言ったら、そこからの解説が・・・長い(^_^;)。あまり言葉も上手く通じないのでしっかりと図解してくれて・・・日本への入荷首を長くして待っていました・・・フィリップ、その節はありがとね・・・ ●フィリップのワイン、ポテンシャルという点ではボージョレでも1、2を争う作り手と確信していますが、その実力というか魅力が発揮されるまでは紆余曲折が余りにも多過ぎる事が難点でした・・、がこのキュヴェに関してはその辺りの紆余曲折がかなり省略出来ている(無いと言えないところが少々辛い)と思われます。尤も、2008年と2009年のブレンドと言う事でジャンボンのところでしっかりと寝ているわけで、ここまでリリースを引っ張ると言うか「ある日ある時までに決まった味のワインなどできない」というまさしくフィリップ・ジャンボンの真骨頂が発揮されたワインだと思います。それでもそこが最終地点でなくてさらにワインは成長しそうな予感・・・。 フィリップジャンボンVdF バタイユシュールラロッシュノワール 2008 2009 最新作,人気SALE

ドメーヌ・ヴェロニック・ドゥ・マクマオンAOCオクセイ=デュレス2002 新作,お買い得

●B.G.O.と同じ2002年物です。こちらの方がよりマクマオン節効いています。何と言うか・・・アルザスのリースリング系の石油っぽさ、独特の酸化を感じさせる香りのトーン。グラスに注いだ瞬間はちょっと抵抗があるかも。なんですが、これが何となく病みつきというかそそられるんです。・・・とり急ぎ、でグラスをぐりぐりやると・・・この特徴的な香りが、崩れるというか、溶け込むというか・・・。やはり2001年よりは果実味の厚みがあります。たとえば、ビゾのビオレット。ちょっと似た感じはありますがもっとミネラル感が強く輪郭がきっぱりとしています。スタイルのブレないところはこの造り手の特徴かな?その上でしっかりと良いヴィンテージの特徴を出しています。・・・シャソルネの02オクセイと較べてみたいな・・・。 ●で、実際に較べてしまったわけですが、シャソルネの方が果実味豊かで、そのかわり瓶内で酸化した=熟成感が強い。一方、こちらのマクマオンは酸化のペースは速いけど、後から果実味が浸みだしてある意味新鮮。イメージ的にはそんな感じでどちらもそれなりにイイ感じで育ってます。・・・両方とも美味しいな・・・。「鯖の押し寿司」と「焼き鯖寿司」の違いかな?なるほどどちらが良いかというのは、たとえば合わせる料理によって異なってくる相対的な問題なんですね。イイワインを飲み比べる事、改めて勉強になります。と同時に酔いの回るのも楽しいくらいに早いです・・・(2006.11.12 いのまた) ドメーヌ・ヴェロニック・ドゥ・マクマオンAOCオクセイ=デュレス2002 新作,お買い得

ロベール・シュルグACブルゴーニュ ルージュ 2005 100%新品,お買い得

●お待たせしました2005年物です。何となく好評の2003年物に似ているのかな?と言うことで期待しています。しかもお値段据え置き!ウレシイですね。 ●・・・で2日目、ですが・・・昨日はなんのコメント残していないじゃない、と。それはさておき、感じとしては薄めのヴォーヌ・ロマネ?果実味は(おそらく)昨日よりは控え目となっていそうですが、中盤からの旨味はしっかりと、しています。もう少しジャミーで酸もモデラートだと2003年っぽく(飲んでないからわからない・・・)なるんでしょうかね?幾分タンニン系に暴れた感があるので、もう少しおいた方が良さそうですが、かえってしっかりとしたワイン、と言った印象を与えるのかな?なんとなく、掴みは良くても中盤から均質化して???な2005年のACブルにあって、しっかりと軸足を捕まえている感じですね。そう言った視点では2~3年後が楽しみ。 ●かつてはステーキというと、ヒレでもロースでも何でもかんでも「レア!」と言ってオーダーしていたのですが、最近はもっぱら「ウエルダン・・よ~く焼いてね」とのalar。そんな時にの一本です。(2007.11.07 いのまた) ●・・・・前日のコメント見つけました・・・   「いわゆる「情報量の詰まった味わい」なんですが、内容が些か重複しているというか錯綜しているかと言うか・・・。申し訳ないことに比較対象としたい2003年物を飲んでないので、なんだかなですが、朧気ながら斟酌して整理するとそれに応じた味わいではないかと。なんとなく、ACブルゴーニュに求める物は、それを越えた村名とかの味わいが感じらると、すごいねとなるわけで、・・・・」ととぎれています。要は「二日目は落ち着いてきた」って事で・・・  2004年物のコメントです・・・↓ ●僅かに還元的なところがありますが、実にハーブ的な色彩や、熟したチェリー系の香りが出ています。葡萄はやっぱりヴォーヌ・ロマネ辺りのモノなのかな?幾分液温が低いのですが、綺麗で締まった感じのACブルです。旨味も乗っていそうだな・・・、と暫く置いておくと、キュッとした果実味が上がってきます。この段階で、唾液が湧いてきちゃいます・・・。いいね~。 ●味的には幾分、青っぽさがまじっっているかな?これは2004年だからでしょう。でも果実味は実にフレッシュ且つしっかりとしている。で、酸がオイシイ。これはまさしく梅カツオ系。口に含んだ瞬間に、ふと舌を洗われるようなフレッシュなハーブの調のインパクト。そしてレッドカラント、チェリー、そしてアセロラ的なキュートな酸味。そして柔らかい旨味を伴った余韻が続きます。ボディはライト、かな?軽量級ではありますが・・・鴨の水炊き(鴨ロースを豆腐や三つ葉と出し汁で煮たヤツ)?などに良いのかな?ホッホッと鴨と三つ葉を食べて・・・こいつをクイッと・・・イイ感じだと思いますよ~(2006.12.19 いのまた)   2003年物です・・・↓ ●・・・・コ、コメント書く前に売り切れてしまいました!スミマセン。なぜこんなに売れるのか・・・・なるほどリアルワインガイド誌でめちゃめちゃ褒められています。 ロベール・シュルグACブルゴーニュ ルージュ 2005 100%新品,お買い得

ドメーヌ アルローペールエフィスクロサンドニ GrandCru2003 格安,得価

●こちらも2003入荷です。やはり指をくわえて・・・ですので2002年の資料↓など・・・●非常に貴重な「クロ・サン・ドニ」です。畑の面積は0.17ha、生産量は推して知るべし、です。とても試飲できる入荷数ではないので、こちらをご覧ください。同じくバーガウンド.comとNBIのレポートです。  Burguhound.com・・・・Issues13(1st Quarter,2004)  「from a .17 ha parcel of 40 year old vines). This is gently oaky with a pretty combination of earth, underbrush and spice aromas and this is a good deal more structured, backward and edgier than the Clos de la Roche with excellent finishing length and super intensity. (89-92)/2009-15+ 」  NBI Archives・・・・November,2003  「Microscopic quantity here - half a barrel's worth. Chocolaty, Chambertin-like, loaded with balsam and pipe tobacco notes. Arlaud's spiciest, most complex, most ageworthy Clos Saint Denis to date. A wine for the ages.」 R・パーカーは「講談社版 厳正評価・世界のワイン」のなかでドメーヌ・アルローを評して以下のように語っています。「ドメーヌ・アルローは、ワイン・ジャーナリズムの注目を浴びることは滅多にない。その理由は、主として、ここのワインが退屈で露骨に商業的だからである。しかしながら、ノース・バークレー・インポーツ社のピーター・ヴェザンとデヴィッド・ヒンクルの尽力によって、このブドウ園は今では素晴らしいワインを生産している。ただし、読者がこれらのワインを購入するときは、十分注意しなくてはならない。この評価はノース・バークレー・インポーツ社のために特別に作られたキュベに対する物で、それ以外の輸入業社のボトルはこれと同じワインではない。  ウルヴェ・アルローが素直にこう指摘した。「ノース・バークレーのキュベはうちのワイン(ノーマルキュベ)の100倍も良質だよ」と。ではどこがちが違うのだろうか?アルローのレギュラーキュベは清澄処理と濾過処理を行うし、新樽は最大でも10%しか使われていない。一方、ノース・バークレー・インポーツ社のキュベは、清澄も濾過もされずたっぷり使われる新樽の中で熟成され、まるで博物館に眠っているようなブドウ栽培者の技術を拝借してきたかのようなちょっとした工夫を用いて、手作業でビン詰めしている。アルローの栄誉は、1.ヴェザンとヒンクルに触発された技術に挑戦する勇気をを持っていたこと。2.レギュラー・キュベと特別なキュベの間に品質上の途方もない差があることを正直に認めていること、に対して与えられるべきであろう」なにやら、よくわからないほめ方ですが、ワインの方は「バレル・セレクション」の名に恥じない品質の高い物。ただalar的には1999年の物まで「今ひとつ」と感じていたので、あまり積極的な扱いはしていませんでした。しかしながら、2000年を試飲しては「やはり、頭ひとつ抜けたね~」と言う好印象。そこで2000年ヴィンテージより本格的にアルローのワインをご紹介しています。 2000年ヴィンテージよりワイン造りは息子さんのシプリアン(Cyprien)にバトンタッチされ、果実味がより豊かで尚かつエレガントさに磨きが掛かってきました。彼はいろいろなところでのスタジエ(ワイン造りの助手)をへて、ドメーヌに戻ってきました。早速グリーン・ハーベスト(実の熟す前に摘果してしまうこと)を積極的に行ったり、果実の実った段階であまり良くない樹を畑から抜いて果実の品質を安定させるなど、質の高いワイン造りに積極的に取り組んでいるようです。ラベルも「かっこよく」なり(この辺が今回改めてご紹介する最大の理由?)ほんの少し前のラベルの物より高級に見える様になりました。(下の写真は左がお父さんのウルヴェ・アルロー、右が2000年から醸造責任者となった息子さんのシプリアンです。)アルローのワインを本格的に扱い始めて早4年目。何とか2003年ヴィンテージが入荷しました。今回からインポーターがヴィノラムさんに変わっています。これまで扱っていたNBI向けバレル・セレクションの物と異なるのかな?と言っても較べようがないのですが・・・まずは何本か飲んでみたいと思います。 ドメーヌ アルローペールエフィスクロサンドニ GrandCru2003 格安,得価

ジョルジュルーミエシャンボールミュジニ レクラ 2009 品質保証

ジョルジュルーミエシャンボールミュジニ レクラ 2009 品質保証

ダルヴィオペランムルソー 1erCruシャルム 2002 定番人気,新品

●ダルヴィオ・ペラン、実はムルソーの1級も3ヶ所持っているんです。これはそのうちの一つシャルム。個人的にはペリエールとシャルム、どっちが好き?と訪ねられたら、気持ちペリエールなんですが、そんなことにはお構いなく、かなり期待度大です。 ●このワインは非常に良いと思います。今回入荷の2002年の白の中でもやや濃いめの色調。じっくりと集められた果実味の豊かさ、幾分の軽いミネラル感を伴ったしっかりとした酸。抜栓直後は、これも飾り気のない素直なワインでしたが、やはり3日ほど経つとかなり肉付き良く、ヴォリューム感も出てきます。クリュの位置は解りませんが、斜面の下の方のワインとなるのでしょうか? ●バター系の香りよりも幾分ナッツ系の香りが強く出ています。蜂蜜付けてローストしたチキンに、ピーナツバターやアーモンドスライスを添えて、と言うのが良いのかな?もう少し脂の載った豚肉ならピーチ系のソースなども合いそうです。(2005.03.19~21 いのまた) 先ずは、インポーターのラシーヌさんからいただいた資料など・・・・・ディディエとジュヌヴィエーヴのダルヴィオ夫妻は、骨の髄からヴィニュロン〔栽培醸造家〕である。すべて自家でおこなわれる、ブドウの剪定・収穫作業から澱引き・ビン詰めにいたるさまざまな過程に、すみずみまで神経を行き届かせている。 ディディエ・ダルヴィオは、ワイン醸造の方法をジュヌヴィエーヴの父、ピエール・ペラン氏から学んだ。かの伝説的なムルソーとヴォルネーのワインメーカーである。ディディエとピエールの協力のもとに、当ドメーヌはごく少量のワイン(10ケース内外の1989年産)を、初めて元詰めして出荷した。11ヘクタールを有するドメーヌは、今日では国際的に、ブルゴーニュ最上の赤・白ワインを元詰めする生産者に数えられている。つい最近の2001年、家族間の相続によって当ドメーヌは、貴重な1級畑ムルソー・ジュヌヴリエールを0.5ヘクタールばかり入手し、申し分のない一連のムルソーの畑にさらなる光輝を添えた。その畑とともに王冠を飾る宝石は、シャサーニュの1級畑ブランショ=ドゥシュ(ル・モンラシェのすぐ下に接し、ワインはまさしくその味わいを感じさせる)と、ヴォルネーのレ・ブランシュと同1級畑のジゴットおよびサントノである。 〔栽培・醸造〕これらの栄えあるブドウ畑の平均樹齢は50年に達するが、ダルヴィオ=ペランを際立たせるのは、畑に対する並外れた傾注である。優れたブルゴーニュワイン造りの秘訣は、健全で熟したブドウ果を、ヴァット(発酵槽)に送り込むことである。畑から完璧なブドウ果を得ることに比べれば、重要において次位を占めるのが醸造なのである。 きわめて冷涼な当セラーのモットーは、「必要最低限の人為的介入」である。マロラクティック発酵は、完了するのにしばしば1年ちかくを要するが、この働きが複雑さと品質の向上に資するのである。赤ワインは14℃で予備浸漬させ、白ワインはすべて樽発酵させている。赤・白ワインともに、10-15ヶ月の樽熟成を経る。日本ではまた無名の存在ですが、流行のバーガウンド.comなどではなかなか良い評価を受けています。そして幾種類か試してみると・・・・、なるほどラシーヌの合田さんお薦めの理由がよくわかります。今回の入荷は4種類ですが、ダルヴィオ・ペラン、以下のようなワインも作っているようです。将来の入荷がちょっと楽しみですね。     白ワイン ・Meursault AC Clos de la Velle ムルソーACクロ・ド・ラ・ヴェール ・Meursault AC Tessons ムルソーACテッソン ・Meursault 1er Cru Charmes ムルソー1級シャルム ・Meursault 1er Cru Perrieres ムルソー1級ペリエール ・Meursault 1er Cru Genevrieres ムルソー1級ジュヌヴリエール ・Chassagne‐Montrachet AC La BergerieシャサーニューモンラシェACラ・ベルジェリー ・Chassagne‐Montrachet 1er Cru Blanchots‐Dessusシャサーニューモンラシェ1級ブランショ=デュス     赤ワイン ・Monterie AC モンテリAC ・Chassagne‐Montrachet 1er Cru Bondues シャサーニューモンラシェ1級ボンデュー ・Volnay AC Les Blanches ヴォルネーACレ・ブランシュ ・Pommard AC ポマールAC ・Volnay 1er Cru La Gigotte ヴォルネー1級ラ・ジゴット ・Volnay 1er Cru Santenots ヴォルネー1級サントノ   ダルヴィオペランムルソー 1erCruシャルム 2002 定番人気,新品

ジョルジュミュヌレリュショットシャンベルタン GrandCru2003 最新作,2019

●バーガウンド.com Issues 17(2005,1st.Q)のコメントです。 「2003 Ruchottes-Chambertin: (from 55 year old vines now that the older vines have been grubbed up). Fairly pronounced new oak aromas frame dark, ripe and spicy small berry fruit aromas that give way to round, sweet and earthy flavors nuanced by notes of truffle and game. There is abundant sap to buffer the dense and firm yet fine tannins and this finishes with a very firm and linear quality with a touch of added lift from the subtle minerality found here. I very much like this as it’s a combination of power and finesse with plenty of finishing pop though the oak may take some time to fully integrate as it’s presently quite strong. (90-93)/2011+ 」 ●ワインアドヴォケイトの点は意外に低いです。160号(2005.08)のコメントです。  「The 2003 Ruchottes-Chambertin reveals a nose of dark stony fruits. Medium-bodied and firm, it displays appealing blackberry and cassis flavors in a highly structured, tannic format. While it lacks the depth, ripeness, and fat of the Echezeaux (from deeper soils), it could potentially merit an excellent score if its fruit outlasts it tannin. Projected maturity: 2008-2015. 88points」 R・パーカーがその著書の中で常に「秀逸」から「傑出」と評価するミュニュレ・ジブール/ジョルジュ・ミュニュレ(ヴォーヌ・ロマネ村)。ワイン生産は、このドメーヌの設立者であり眼科医であったジョルジュ・ミュニュレ博士の未亡人と、2人の娘さん、クリスティーヌとマリー=アンドレ、に引き継がれて運営されています。 ジョルジュミュヌレリュショットシャンベルタン GrandCru2003 最新作,2019

ラ・ジブリオットマジ・シャンベルタン キュヴェ・マドレーヌ・コリニョン 2005オスピス・ド・ボーヌ落札ワイン 限定SALE,HOT

●話題を呼んだ2005年オスピス・ド・ボーヌの競売会でバタール・モンラッシェ(52000ユーロ)に次ぐ高価格で競り落とされたのがこちらのマジ・シャンベルタン。2004年の17000~19000ユーロから21000~25000ユーロ(共に一樽分)と、平均すると11%ぐらいの値上がりの中で、30%近い値上がりを見せました。この競売会開催は2005年11月20日、その頃の為替レートで計算すると・・・140円として最高価格で350万円、最近のレートなら160円で400万円・・・300本とれたとすると・・・一本13300円ぐらいかな・・・。 ●一応「Mazis-Chambertin Grand Cru/Cuvee Madelaine Collignon・・・Average Vine Age (10 active parcels): 45 years Mazis-Chambertin, Mazis Hautes (1.75ha) In memory of a donation made from Monsieur and Madame Marcel Thomas-Collignon.」という資料が手元にありますので、オスピスの平均収量41hl/haで計算すると・・・うーん、30樽近くあるのか?一つの競売ロットで2~3樽とかになるので・・・・他の樽はどこへ・・・・ジブリョットはいくらで落としたのか? ラ・ジブリオットはブルゴーニュ、ジュブレ・シャンベルタン村でトップクラスのワインを生産し、評価の高いクロード・デュガが新たなネゴシアンとして2002年に立ち上げたワイナリーです。経営はデュガの息子ベルトランと、娘レティシアが携わり、父親が築きあげた伝統や卓越した技術のノウ・ハウを基に、ブルゴーニュで最高のワインを造り出す意欲に満ちています。すでにネゴシアンとしても力を発揮し、2004年のオスピス・ド・ボーヌで「Mazis-Chambertin Magdelaine Collignon」「Pommard Suzanne Chaudron」の2つのキュヴェを落札したことは、ワイン業界での大きな話題となりました。 ラ・ジブリオットマジ・シャンベルタン キュヴェ・マドレーヌ・コリニョン 2005オスピス・ド・ボーヌ落札ワイン 限定SALE,HOT

ジャン・ルイ・シャビーACブルゴーニュ ルージュ 2005 SALE,得価

●「白が手薄で」と言いながら赤がメインで入ってきました・・・インポータさんの資料によると「0.8ha。平均樹齢30年。畑はピュリニー・モンラッシェ村内の国道の反対側にあります。1~4回使用樽で10ヶ月間熟成。口当たりの鮮度感がたまらない、ピュリニー村産のブルゴーニュ・ルージュです。」 ●これだよ、これ!alarの求めるコンテンポラリーなヤツ。「国道の向こう側」ということで、何となくボーヌでもあでやかなシャサーニュ赤(ピュリニは赤のAOCが無いモノで)にフラットな畑のこざっぱりした感じがあるかな?と期待していたんですが、ピッタリはまってくれました。この軽さ、何となくプチ2001年のルイ・シュニュサヴィニV.V.って感じかな? ●でも実際はもっと軽い。ルイ・シュニュの昔のコメント見ると『仔牛のカツレツ』となっていますが、薄い豚カツとか冷製トンしゃぶが愛そうなウエイトです。・・・アジフライとかでも良いのかな?個人的にアジフライはお醤油と大根おろしで食べるのが好きなんですが、ピッタリな感じです。冷製トンしゃぶも良いんだけれど、どうも最近、あの脂身もひえひえしているのが納得がいかない。なんとかもう少しおいしく食べれる方法はないですかな?棒々鶏でも良いのかな・・・・いずれにしろ程よい醤油の旨味にシットリと合いそうな、ワインの旨味は充分。最近アップしたるニュージーランドのピノ、ダニエル・シュースター物とイイ感じのライバルです。(2007.04.24 いのまた) ●あ、それと・・alar的にはこちらはコン・ブル(う~ん、実際に使ってみるとコンテンポラリーなんだかコンサヴァティブなんだかわからないぞ~)なんで、くれぐれも『寝かせて』などは考えないでください。今が美味しさ満開。どんどん飲んでみましょう。 こちらの商品はお取り置きは承れません。ご注文から1週間以内のお引き取りをお願いいたします。 ジャン・ルイ・シャビーACブルゴーニュ ルージュ 2005 SALE,得価

ドメーヌ・デ・ランブレイモレサン=ドニ 2002 激安大特価,定番

●先ずはワイン専門誌の評価から、いつもの2誌です。   バーガウンド.com 13号(2004年第1四半期)  「2002 Morey St.-Denis: Elegant, pure and racy with soft and tender, juicy, even succulent flavors that offer good if not exceptional length. This is pretty and nicely balanced. (85-88)/2006-12」   ワインアドヴォケイト153号(2004年6月)  「The medium to dark ruby-colored 2002 Morey-St.-Denis displays sweet blackberry, spice, and wax aromas. Broad, fruit-forward, and lush, it is medium-bodied, soft, and offers black pepper-laced dark fruits. This delicious, generous wine is enormously appealing but short. Drink it over the next 5 years.88-89points」 ●2002年としてはしっかりと酸が乗った印象です。プラム系の果実味もまだ固め。明るくはっきりとした輪郭にスパイスやハーブの印象が強く重なります。アフターに感じる甘さもどこか浮ついたところがありまだ全体に良くなじんでいない、と言ったところかな?只、明らかに感じられるのは村名のモレ・サン=ドニでここまで締まった味わいはなかなか無いですね。もう少し樽が効いているとデュジャーク系に近いのですが、もそっとエレガンスな立ち振る舞い。あと2年はそっとしておかなくては・・・。 ●グラスに入れて30分、幾分落ち着きと統一感が出てきました。樽もほんのり効いてきてバランスのいい味わい。でもこうなると人間欲が出てきますね・・・もう少しフィニッシュが長いといいんだけれど・・・・(2004.12.02 いのまた) ドメーヌ・デ・ランブレイモレサン=ドニ 2002 激安大特価,定番

ジュリエット・シュニュジュブレ・シャンベルタン1erCruレ・カズティエ 1997 最新作,爆買い

●下のヴォーヌ・ロマネと較べると、幾分こちらの1998年の方が熟成が進んでいるかな?と言う感じです。でも、基本的に「作り」は変わらないな・・・ヴォーヌロマネよりも果実味の膨らみを感じますが、ベースとなるタンニンの厚味とふくよかさ、そしてやや甘味すら感じさせるボディ。このあたりは共通しています。酸の繊細はやはりブルゴーニュなのですが、全体の味付けはNZ系のピノににているんでしょうかね・・・・。ちょっと面白いシャンボール・ミュジニ、そしてなかなかオイシイシャンボール。ミュジニ、であります。 ●いわゆるポテンシャルを感じさせられないのですが、きちんとしたクオリティをかんじるのかな?かなり詰めたニュアンスの作りを感じます。やること、やってるねと。酸のきれいさ、たゆたうようなボディの存在、欠点はあまり見つからないんだけどな~・・・・、伸びシロが測れない。ミネラル感が希薄。これがクリアーされるとかなり高得点が期待できるのですが・・・それでもワインとしては妖しい魅力に溢れています。(2008.07.21 いのまた) ジュリエット・シュニュジュブレ・シャンベルタン1erCruレ・カズティエ 1997 最新作,爆買い

ドメーヌ・モンショヴェブルゴーニュ・グラン・オルディネール 2006 大人気,新作

●ガメイ100%のグラン・オルディネール、です。え~と、ダレでしたっけ?ブルゴーニュにはガメイを植えちゃいけない!と言ってガメイを全て引っこ抜かせてピノ・ノワール植えさせた王様がいましたね・・・・。チョット飲ませてあげたい・・・。 ●一昨年の今頃実は入荷しておりまして、その頃何となくガメイな感じが強めでしたので暫く放置して置いたのですが・・・・寝る子は育つ?イイ感じになってきました。とは言ってもそこはやはりガメイですので味わいの奥深さはそうそうにありません。そのかわり掴みの明解さ、あるいは根っからの明るさ、を発揮しています。中盤のグリップ感が今ひとつですが、見方を変えれば実にさっぱりとしたライト感覚。で、モンショヴェらしいジンワリ系のミネラル感が余韻を引いて、期待通りのまとめ方。何となくですが、スーパーで売っている鶏モモ肉の何となくレモンの風味を伴ったテリ焼きのパック(いつもながらにしっかりとした名称が解らずスミマセン)などに合うのかな・・・・? ●こちらも「栓」はスクリューキャップ。何かと便利?な一本です。(2008.10.01 いのまた) ドメーヌ・モンショヴェブルゴーニュ・グラン・オルディネール 2006 大人気,新作

オウレリアン・ヴェルデヴォーヌ・ロマネ 1erCru「レ・ボーモン」2004 格安,得価

●・・・飲んでない方には申し訳ないほど「ウマイ」です。この一級モノだけ幾分酸味のトーンが一段鮮やか。そして新鮮さを保った果実味。ある意味補酸しているの?とも言いたくなるような鮮やかさ!果実味を突き抜けるとハーブやスパイスボックスの手触り。妖艶というか悩ましげと言うか・・・・その外見的な美しさは「モデル体型」、そして染み出す内面の美しさはクリムトの「接吻」・・・・何でも美しいモノそのものだ・・・。これが20代の若者の作品か? ●オウレリアン・ヴェルデ、やはり「美しい」ワインの造り手であることはほぼ間違いない。ただ、他の一級モノはしっかり彩色が施されている。このボーモンは未だにラフスケッチのまま。しかしそれ故に造り手の技量がはっきりと感じられる、のかな?新たな伝説が此処に生まれつつあるのかもしれない・・・・(2006.11.18 いのまた) ●2日目、予感はしていたが「花の命は短くて・・・」ちょっとしおれ気味かな?それでも昨日同様、口に含んで飲み下す、そして溢れる旨味と瑞々しさ、そして飲み下す、三度溢れる・・・・。一人でニンマリしながら飲んでいると、冷たい雨に打たれる鮮やかな色彩の薔薇バラ園の様な情景が目に浮かぶ。此処には誰もいない。雨が上がる前に飲んでしまおう。(2006.11.19 いのまた) ●飲んでしまおうと思ったけど、すこし飲み残し3日目。枯れ方は進行しているが、意外に保っている。で、3日前のコメント読むと「新たな伝説が・・・云々」。で改めてそこいら辺を探ると・・・・確かに「未だ美しく」はあるけれど、クラシックとなりうるかは怪しくなってきた。やけにあっけらかんとした気持ちよさが不思議とある・・・この辺りがまだまだ微妙なところだな・・・。でも楽しみな造り手であることは間違い無し。気持ち収量落として、さらに選果を厳しく、と言った感じで行けば伝説となる可能性有り!と見ました。若者よ頑張ろう!(2006.11.20 いのまた) ●↑この翌日にインポーターの合田さんに会って、「保つかな」の疑問をぶつけてみました!答えは「保ちますよ~!」です。10年ぐらいは平気でしょ、と言っていました。と言うことはまだ着きたてで今ひとつ安定していないからでしょうかね?非常に勿体ない事をしたと思いつつ・・・3本ぐらいは確保しておこう、っと。(2006.11.22 いのまた) 1604年からコート・ド・ニュイに居を構えるヴェルデ家。いち早くオート・コートの魅力に着目し、そこで化学薬品を使わずにブドウを育ててきました。そしてアラン・ヴェルデは1971年という早い時期にビオロジック栽培を始め、一時肥料の問題で土壌を壊しながらも、これまでビオロジック栽培の価値を疑うことなく続けてきました。目指すところはオート・コート・ド・ニュイのポテンシャルを尊重し、素直にその真価をを引き出すこと・・・その結果得られたワインは純粋で完成度の高いワイン。クラシックでありながら実に「今」求められている味わいです。 そしてそのブドウ作り、ワイン造りは、子息のオウレリアンに受け継がれました。2003年、若干22才の若さでドメーヌを引き継ぐと、さらにドメーヌから独立したネゴシアンとしてニュイ各地の畑から葡萄を買いながら、新しい境地を切り開き始めました。父から受け継いだ事を尊重しながら、栽培・醸造学校で学んだことを踏まえ、そしてとらわれず。また自然派ワインなどのすぐれて個性的なワインに学びつつ、様々な可能性を追求しています。 現在は父から譲り受けたオート・コート・ド・ニュイの畑の半分近くを売り払い、ニュイのより優れた地区に畑ないし葡萄を求めています。結果的にフェルマージュ(小作地)やメタヤージュ(折半小作)による畑をえることができませんでしたが、幾つかの畑で『葡萄を借りる』ことができました。その一つが今回入荷したニュイ・サン=ジョルジュ。彼のスタートとなるワインです。おそらく2006年5月の後半、ラシーヌさんの事務所へ行って新入荷分を何本か試飲させていただいたときのこと。ひととおり飲み終えたところで登場したのがオウレリアン・ヴェルデ・・・うわ!まいったなこれ!イメージ的には綺麗だけれどただ綺麗で終わらない。レシュノーに磨きを掛け、ビゾを鍛えた・・・と言うことで入荷を首を長くして待っていました。おそらくここ数年で確実に注目を浴びる予感のする作り手のひとりです!・・・・と言いつつ早3年目の2006年入荷です。2006年は村名クラス、コート・ド・ニュイの主要な村名、ジュブレ・シャンベルタン、モレ・サン=ドニ、シャンボール・ミュジニ、ヴォーヌ・ロマネ、そしてニュイ・サン=ジョルジュと揃いました。それぞれ謂われるところの「村の味わいの特徴」良く出ています。 オウレリアン・ヴェルデヴォーヌ・ロマネ 1erCru「レ・ボーモン」2004 格安,得価

ジャン=クロテ G.F.A Les Genevraysサヴィニレボーヌ レプランショ 2006 セール,人気SALE

●サヴィニでこのお値段でホント申し訳ないくらいです。このままコメントもせずにと言うのは、さらに申し訳ないので飲んでみました。すっごくイイです!2005年でなんとなく復活したかな?というエマニエル・ルジェ待望の2006年物、と言っても良いんじゃないでしょうか、このワイン。実際にかなり良いときのルジェらしい美味しさ、期待以上に詰まっていました・・・・・。(ルジェのドメーヌ名で出しているサヴィニ・レ・ボーヌ、おそらく同じ畑のブドウからかと。対価を現物のワインでもらう、と言う感じでしょうか?) ●ホント開けたて、この香りは還元的な金属的香りか、サヴィニらしいという感じの少し土っぽいミネラルか・・・結果的に金属的な感じはほんの僅かな間に消え失せ、残りはやっぱりサヴィニ節。香りも緩やかに開き気味なところに引かれます。そして何よりも甘い!味わいも香りと同様果実味に樽の甘さが溶け込んでいます。このあたりの中盤の展開は実にお見事、おそらくブラインドならばヴォーヌ・ロマネとか言っちゃいそう。同じ球体でも、なんとなく綿を強く丸めたような中心を感じるのはやはりコート・ド・ボーヌ系ですがアルコール感の強さ、ある意味リキュール的なニュアンスが強くでているところは実にルジェのドメーヌ物、に似ています。アフターからフィニッシュは実に長く、ここでフレッシュな果実味をジンワリと感じさせてくれますね。・・・まだまだ先は長いぞ~。 ●ちなみにプランショはサヴィニでも一番フラットな所にある畑、です。と振りつつ2日目。ヴォーヌ・ロマネらしさは影を潜めつつ、もキレイな酸としっかりとした骨格が残っています。しっかりとしたフィネスを感じつつ後味の鉄っぽいミネラル感がサヴィニ的。こうなるとルイ・シュニュとかのサヴィニとの共通性が感じられます。でも1日目の甘さの乗ったバランスの良さはルジェ的だったな・・・。と言うことでほんの少しだけの2日目でした。(2009.01.30 いのまた) ジャン=クロテ G.F.A Les Genevraysサヴィニレボーヌ レプランショ 2006 セール,人気SALE

フレデリックコサールACブルゴーニュ ブラン ビゴ 2011 人気定番,送料無料

●インポーターさんからのコメント、です。  「リンゴの蜜、グレープフルーツ、レモンタルト、ミネラルの香り。口当たりピュアで柔らかい果実の中にも清涼感があり、細く繊細な酸と横に広がる旨味と溶け込んだミネラルが絶妙なバランスを保つ!ビゴットとは「信心に凝り固まった人」という意味。畑は1.9haで、ヴォルネイとポマール近辺とオート・コート・ド・ボーヌのPuits de chauxという区画のブドウが主、平均樹齢は51年。収穫日は2011年8月29日、9月1日。収量は45hl/ha!発酵は自然酵母で6~10ヶ月。新樽は30%、残りの70%は2~3年樽(10hlの大樽を含む)を使用!マリアージュのオススメはホタテとアスパラのテリーヌ、 舌平目のムニエル。あるいはスモークサーモンとウイキョウのサラダなど。」 ●ま、このビゴとサン・ロマン並べて出すとこちらのビゴの方が上のクラスと思われることたびたびなんですよ・・と経験的に思いつつ、改めてなるほどそうだよね、と思う今日この頃です。あれっ?って感じの厚みがあるんですよね。なのでちょっと繊細な「走りの筍」とかだと筍が負けてしまうんです。いきなり「豚ロースの~」に行ってしまうのですね。ま、実にフレンドリーなブルゴーニュ・ブラン。それでいて、この2011年はオシャレです。本能に引かれつつtも理性を保ちつつ・・ ●このキラキラした感じがこのワインの個性かな?夏の海の照り返しの様でもあり、秋の木漏れ日のようでもあり、クリスマスのイルミネーションの様でもあり、春は・・・春は、菜の花畑!そんなワインでした(2013.05.16 いのまた) フレデリックコサールACブルゴーニュ ブラン ビゴ 2011 人気定番,送料無料

フィリップジャンボンVdF バタイユシュールラロッシュノワール 2008 2009 全国無料,安い

●収穫量が激減した08年と09年。その特徴も異なる2つのヴィンテージの複数の区画をブレンドし、量的な問題をとワインの味わいのバランスを整えるために生まれた特別なキュヴェです。その名前の通り、ジャンボンの所有するバタイユとロッシュ ノワールという区画のワインがブレンドされており、08年のバタイユ、08年のロッシュ ノワール、09年のロッシュ ノワールのブレンドで造られています。 ●このワイン、最初に目を引くのは子供が描いたようなデザインのエチケット。ブレンドされている区画のひとつバタイユは、フランス語で「バトル、戦い」という意味で、もう一つの区画であるロッシュ ノワールは「黒い岩」。黒い岩の畑の上で剣道家(侍?)が戦う姿というある意味で名前そのままのデザインです。またこの剣道家にも実はモデルとなる人物がいて、フィリップ ジャンボンをはじめフランス中の自然派ワインの生産者を日本に紹介しているワインエージェントの方々が実際に剣道家であり、彼らをモチーフに採用したのだと言います。 ●この特別な背景で生まれたバタイユ シュール ラ ロッシュ ノワールは、すでにガメイの概念を超えた繊細な表現力を備えており、「静」の08年、「動」の09年という対照的なヴィンテージの特徴が調和し、優しさの中にも奥行きのある果実の味わいを楽しむ事ができます。 ●2013年2月、フランスはソミュール郊外のシャトー・ブレゼの地下深くで行われた・・・怪しい集会・・ではなくて・・・ディー・ブティーユはフランスのナチュラルワイン生産者のサロンです。フィリップ・ジャンボン・・・毎年会ってるし、当日日本に帰る飛行機の時間がないのでそろそろお暇、一応挨拶だけでとフィリップのいるブースにいったところ・・・見事捕まりました!そこで「これ飲んで行け!」と言われたのがこちらの「バタイユ・シュール・ラ・ロッシュノワール」・・・・・実際「トレ・ボン」だったのでトレ・ボン!と言ったら、そこからの解説が・・・長い(^_^;)。あまり言葉も上手く通じないのでしっかりと図解してくれて・・・日本への入荷首を長くして待っていました・・・フィリップ、その節はありがとね・・・ ●フィリップのワイン、ポテンシャルという点ではボージョレでも1、2を争う作り手と確信していますが、その実力というか魅力が発揮されるまでは紆余曲折が余りにも多過ぎる事が難点でした・・、がこのキュヴェに関してはその辺りの紆余曲折がかなり省略出来ている(無いと言えないところが少々辛い)と思われます。尤も、2008年と2009年のブレンドと言う事でジャンボンのところでしっかりと寝ているわけで、ここまでリリースを引っ張ると言うか「ある日ある時までに決まった味のワインなどできない」というまさしくフィリップ・ジャンボンの真骨頂が発揮されたワインだと思います。それでもそこが最終地点でなくてさらにワインは成長しそうな予感・・・。 フィリップジャンボンVdF バタイユシュールラロッシュノワール 2008 2009 全国無料,安い

エルヴェルーミエオートコートドニュイ ポワルロット 2009 人気セール,大得価

●クロ・ド・ヴージョはその昔、エルヴェの父アラン・ルーミエが、クリストフとその父ジャン・マリーにフェルマージュで貸していました。1978年、エルヴェがドメーヌを引き継いだ時にエルヴェに返却されました。 エルヴェルーミエオートコートドニュイ ポワルロット 2009 人気セール,大得価

ダルヴィオペランシャサーニュモンラッシュ 1erCruブランショ=デュス 2002 大人気,大得価

●誰もが(約3名)泣いた2001年のブランショ・デュス。では2002年は・・・もうボロボロにされちゃいそう!かな?今からティッシュいっぱい抱えての試飲が楽しみです! ●・・・・あまりティッシュは必要なかったです。一級としての品格は十分に備えているワインですが、今ひとつ、詰まりがないんですね。2001年に比べると現時点ではかなり地味。でもこれと似た経験をルフレーヴのバタールでしているので、やはりもう少し置いておくべきワインなのかもしれません。 ●2001年で一目惚れのダルヴィオ・ペラン、何でそんなに冷たいの?と言いたくなる処ですが、ワインの道は山あり谷あり、そのうちに、きっと、です。(2005.03.19~21 いのまた)  2001年物のコメントです ●上の「ベルジュリー」スゴイと思っていたら、こちらはさらに2倍ぐらいすごかった・・・・グラスに注ぎ、まず香りを・・・・・・なんで?なんで?なんでこんなに気持ちの良い香りなんでしょう?懐かしくも切なく、一瞬にして虜にされそうなこの上なく上品なセクシーさ?きめ細かな大理石に彫り込まれた聖母のレリーフ、はたまた白き塑像の菩薩像・・・思わず目頭が熱くなります・・・(ほんとに!) ●あまり意味はないと感じながらも思いつくままに香りをあげればレモン、青リンゴ、白桃、黄桃、洋なし、クチナシや木蓮の白い花、アクセントとなるマンゴーやパッションフルーツ。蜂蜜なんぞは当たり前でバターやシナモン、グローブ等々。それぞれの香り、味わいが薄く、薄く層をなして重なり合い、全体をこれまた薄く薄く幾層にもして焼き上げたパイ生地に優しく包まれたが如く・・・。香りの神妙さに流されそうになりながらも、それに終わらない至高への誘いは、肌理と力のある酸、磨き込まれたミネラルの一粒一粒、そして厚みと張りのあるボディーによって構成される、純度の高い結晶構造の様な・・・・何しろ、すごく美味しいんです!(2004.10.28 いのまた) ●村名クラスが一級モノに近い味わい、ならばこちらの一級は特級の味わい?との期待を裏切ることのないできばえです。畑はマイナーながらも平面的にはル・モンラッシェとクリオ・バタールに接する三角地帯の一角。両者の位置からは高度的に下がるので1級として扱われるが、日照条件がすごく良さそうな南東向きの緩やかなスロープ、完成したワインは特級に限りなく肉薄する「涙ものクラス」のワインです! ●バーガウンド.comの11号に掲載されているコメントです。  「(Blanchots Dessus abuts Montrachet on its southern border). Exquisitely subtle aromas of lemon-lime, ripe pear and peach plus a hint of toasty oak lead to generous, rich, firm, full-bodied flavors underpinned by plenty of ripe acidity that gives the finish a certain vibrancy and plenty of lift on the long backend. A really pretty wine of solid complexity. (89-91)/2007-11」 ●蛇足ながら・・・2001年と言うことで、ちょっと飲み頃入ってきたかな?と言う感じもしますが、やはりバーガウンド.com同様にあと2~3年寝かせてから楽しみたい一本です。我慢できずに飲んでみようと言うときには、大きめのグラスでゆっくりと、ゆっくりとお試しください。抜栓して2日間は十分過ぎるほどに楽しめます。でも3日目ぐらいから少し構造的なゆるみが出てくるかな?このあたりがやはり1ッ級としての限界なんでしょうかね?また寝かせると印象も違うかな?・・・・それと、このワインの唯一の「欠点」をあげるならば・・・ワインが美味しすぎて、合わせる食事にかなり悩みそうな感じです。・・・お供はパンだけでいいや。 ●試飲に参加した誰も(約3名)が思わず目頭を押さえてしまった・・・・あの瞬間が再び思い起こされます!涙の2001年また少し入荷(2005.03)しました。へへッ! 先ずは、インポーターのラシーヌさんからいただいた資料など・・・・・ディディエとジュヌヴィエーヴのダルヴィオ夫妻は、骨の髄からヴィニュロン〔栽培醸造家〕である。すべて自家でおこなわれる、ブドウの剪定・収穫作業から澱引き・ビン詰めにいたるさまざまな過程に、すみずみまで神経を行き届かせている。 ディディエ・ダルヴィオは、ワイン醸造の方法をジュヌヴィエーヴの父、ピエール・ペラン氏から学んだ。かの伝説的なムルソーとヴォルネーのワインメーカーである。ディディエとピエールの協力のもとに、当ドメーヌはごく少量のワイン(10ケース内外の1989年産)を、初めて元詰めして出荷した。11ヘクタールを有するドメーヌは、今日では国際的に、ブルゴーニュ最上の赤・白ワインを元詰めする生産者に数えられている。つい最近の2001年、家族間の相続によって当ドメーヌは、貴重な1級畑ムルソー・ジュヌヴリエールを0.5ヘクタールばかり入手し、申し分のない一連のムルソーの畑にさらなる光輝を添えた。その畑とともに王冠を飾る宝石は、シャサーニュの1級畑ブランショ=ドゥシュ(ル・モンラシェのすぐ下に接し、ワインはまさしくその味わいを感じさせる)と、ヴォルネーのレ・ブランシュと同1級畑のジゴットおよびサントノである。 〔栽培・醸造〕これらの栄えあるブドウ畑の平均樹齢は50年に達するが、ダルヴィオ=ペランを際立たせるのは、畑に対する並外れた傾注である。優れたブルゴーニュワイン造りの秘訣は、健全で熟したブドウ果を、ヴァット(発酵槽)に送り込むことである。畑から完璧なブドウ果を得ることに比べれば、重要において次位を占めるのが醸造なのである。 きわめて冷涼な当セラーのモットーは、「必要最低限の人為的介入」である。マロラクティック発酵は、完了するのにしばしば1年ちかくを要するが、この働きが複雑さと品質の向上に資するのである。赤ワインは14℃で予備浸漬させ、白ワインはすべて樽発酵させている。赤・白ワインともに、10-15ヶ月の樽熟成を経る。日本ではまた無名の存在ですが、流行のバーガウンド.comなどではなかなか良い評価を受けています。そして幾種類か試してみると・・・・、なるほどラシーヌの合田さんお薦めの理由がよくわかります。今回の入荷は4種類ですが、ダルヴィオ・ペラン、以下のようなワインも作っているようです。将来の入荷がちょっと楽しみですね。     白ワイン ・Meursault AC Clos de la Velle ムルソーACクロ・ド・ラ・ヴェール ・Meursault AC Tessons ムルソーACテッソン ・Meursault 1er Cru Charmes ムルソー1級シャルム ・Meursault 1er Cru Perrieres ムルソー1級ペリエール ・Meursault 1er Cru Genevrieres ムルソー1級ジュヌヴリエール ・Chassagne‐Montrachet AC La BergerieシャサーニューモンラシェACラ・ベルジェリー ・Chassagne‐Montrachet 1er Cru Blanchots‐Dessusシャサーニューモンラシェ1級ブランショ=デュス     赤ワイン ・Monterie AC モンテリAC ・Chassagne‐Montrachet 1er Cru Bondues シャサーニューモンラシェ1級ボンデュー ・Volnay AC Les Blanches ヴォルネーACレ・ブランシュ ・Pommard AC ポマールAC ・Volnay 1er Cru La Gigotte ヴォルネー1級ラ・ジゴット ・Volnay 1er Cru Santenots ヴォルネー1級サントノ   ダルヴィオペランシャサーニュモンラッシュ 1erCruブランショ=デュス 2002 大人気,大得価

フィリップ・パカレルショット・シャンベルタンGurandCru2006 限定セール,品質保証

Ch Rays,Domaine Leroyで研修を積んだ後、プリューレ・ロックの醸造長を長年務めその後2001年に独立・・・が、フィリップ・パカレの経歴です。また彼はボージョレのマルセル・ラピエール氏の甥でもあり、その縁で『自然派(アペラシオンを越えたフランス全土における)』を形成することとなったジュール・ショヴェの最後の弟子でもあります。 パカレはジュール・ショヴェの元で、相応の犠牲(例えば労働時間であり、あるいは腐敗果を捨て去る勇気・・・)を払うことを厭わなければ、近代技術に頼らない自然派の作り=かつて1950年代頃まで普通に行われていた作り方で、テロワールを忠実に表現する素晴らしいワインができる可能性に満ちていることを学んできました。そしてここで行われていることが「ただの非科学的な理論のように思えるだろうが、科学的なことを十分に理解した上でなくてはこのようなことには取り組むことができない。この理論は、自然科学に基ずくものである。」と言うことも理解しています。 そしてパカレ曰く、「ブルゴーニュワインの多くは単一品種で構成されているからその味わいを造っているものは、ブドウではなくテロワールなのである。これを最も大切にしなくてはいけないし、土壌、ブドウ、天候、そして人間があり、このどれ一つとして欠けてもワイン造りは不可能である。また、人間はオーケストラでいうところの指揮者であり、ブドウがより良く育つために導いてあげるだけなのだ。ワインは工業製品ではないから、技術を駆使して手を加えてしまうと本当のテロワ-ルを表現することはできない。」と。 実際のワイン造りにおいては、ブルゴーニュの伝統品種ピノノワールやシャルドネにこだわり、単一の品種が様々な土壌や気候によって異なった表情を見せることを重要と考えています。画一的な手法で、ある決まりきった味わいを造り出すのではく、その年、その土地、その気候が生み出すコピーのできない味わいのワインこそが理想と言います。栽培においては、農薬や除草剤を使用せず、とにかく成熟して健全なブドウを得ることに注力します。除梗をせずに発酵させるため、果梗まで完全に熟した状態で収穫することを理想としています。 醸造においてはSO2を用いず、ブドウに付いた天然酵母の力で発酵させます。ブドウ本来の風味を損なうと考えている作業も行いません(ルモンタージュなど)。同様の理由で新樽の使用にも慎重で、過剰な樽由来のロースト香を避けます。補酸や補糖といったことも行いません。 このように今や自然派ワインで採用されている典型的な手法を実践しているフィリップ・パカレですが、彼のワインには一部の他の自然派ワインにみられるような酒質の緩さや揮発性の香味、還元的なニュアンスを感じることはありません。そこには、様々な醸造法を知り、多くの経験から得た知識を持つパカレ氏ならではの特徴といえます。パカレ氏は、緻密で多彩な科学的知識を背景に酸化と還元のバランスをとり、完成された味わいの自然派ワインを生み出しています。インポータさんからの2005年ヴィンテージコメントです。   「非常に出来がよく、今までのパカレのワインの中で「偉大・傑作」といえる作柄。2005年を戦後のブルゴーニュ全体の作柄と比較するなら、1978年のような綺麗な酸味、そして1945年に似た味の濃縮感と収量の少なさです。どちらの年も1959年と並ぶブルゴーニュの赤にとって秀逸な年です。また白ワインの熟度も非常によくて、濃厚でコクの強いヴィンテージとなりました。」・・・なるほど期待の2005年です。こちらは最新ヴィンテージ2006年に関してフィリップ・パカレからのコメントです。   「一般的には、2006年はテロワール由来のミネラルが顕著に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日から行いました。   「2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、上質で品のある酸とエレガントなミネラルを得ることができます。2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての仕事ぶりが如実に味わいに表れる年に愛着と自信を感じます。結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。   「香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。   「最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい・・・。 フィリップ・パカレルショット・シャンベルタンGurandCru2006 限定セール,品質保証

ダニエル・ロワオーセイ・デュレス1erCru「ル・ヴァル」ルージュ1981 低価,2019

●まだ生炊きだ~。芯が残っています。程よいチェリーの香り、すっきりハーブをブレンドした紅茶。まだ味わいには若さを感じつつ、程よく熟成による味わいもでています。が、以外にタンニンが堅く残っている。周りはだいぶ良いのですが、ちょっと芯まで炊けていない・・・これがいわゆるオクセイらしいオクセイと言うことなのでしょうか。あまり動いていないのか、瓶の側面には澱がかなりへばりついています。コンディションとしては余裕で合格。ま、あとはアペラシオンが、と言うことですがやはり1級nanoで此処まで保つのでしょうね。もう一つの一級「レ・ヴァル」に較べるとこちらの方が幾分スリムなのかな・・・。 ●かつて十数年前にワイン教室通っていたとき、先生が当時「いまどきのワインは手を掛けすぎ」とおっしゃっていましたが、古いワインも飲んだことが無く、実際のニュアンスが良く理解できなかったのですが・・・・今こうして、それなりに古いワイン=クラシックな作りのワインを飲むと、「なるほどこういう味わいのことを言っていたんだな~」などとその頃のことを懐かしく思い出します。ついでに収量を計算すると・・・約概ね30hl/ha、かなり低いですね。 ●こうして暫く置くと歳相応・・・最初気になる獣(飼い犬)っぽい香りや、ちょっと強めの腐葉土の香りも、次第に落ち着いて、ゆっくり開く果実味との調和を醸します(芯もなんとか・・)。決して大所の「言葉を失う」とか「感動した」って表現には縁遠い存在ですが、「うちの爺さんがさ~」って感じのほのぼのとした雰囲気。9月に試飲したときよりもさらにイイ感じ、です。ボウルは大きめだけど、あまり深いグラスでない方がイイかな・・・。コルクは液漏れこそしていませんが、かなり上部までワインが浸みています。勿論リコルク無しですのでしっとりと途中でおれる危険性大。抜栓時には充分気をつけて、ゆっくりと丁寧に・・・。薄めの上カルビ、軽く炙って、ほんのちょっとだけタレ付けて・・・(最近焼肉食ってね~ゾー、美星屋いきて~っ 2007.12.20 いのまた) ダニエル・ロワオーセイ・デュレス1erCru「ル・ヴァル」ルージュ1981 低価,2019

ジャンヌ・エ・シルヴァンACブルゴーニュ ルージュ 2005 限定セール,新作

重要:商品出荷は10月25日よりとなります。 ●この2005年も「座りが悪い」かな?と思いきやなるほど2005年と、言うほどに果実味が乗っています。でその座りの悪い原因とも思えるタンニンもうまいこと乗り続けているので、トータールバランスがなかなかよろしい。気持ち的にはもう少しマセラシオンの期間を短くした方が好みかな、と思いつつも早「このワインどこへ持ち込もうかな?」と考えてしまっています・・・。 ●できれば「豚カツや」さんとかで薄めのロースカツとタマネギ揚げてもらって・・・と言うところなんですが。で、下の004年物のコメント見ると「ステーキ」に流れてますね?でもこの年は「豚カツ」だな~。重心の低さよりも果実味の豊かさやメリハリある酸で、むしろ程よい軽さを感じるんですね、この2005年は。トータルではやはりこちらの2005年が勝ちってことかな?などと考えていると・・・何気にアブナイ領域に入っています。もう、ラベルの上まで減っている・・・(2007.04.18 いのまた)  2004年物のコメントです↓ ●まずはACブルから試してみるか?と入れてみました・・・「畑は0.5ha。樹齢6年。14~18日間の長期低温マセラシオン。10~12ヶ月間の樽熟成で、新樽は使用しません。生産量が年間2,000本程度しかなく、「昔から贔屓にしていただいている個人のお客様を大切にしたい」ということで、日本への割当はほとんどありません。」と言うことですが・・・。 ●あまりじっくりと試飲していないのですが・・・・。ここのオススメはジュブレの村名と、ジュブレの一級物(恐ろしく旨い、らしい)とのことですが、初物なのでまずはACブルでと・・・。ズバリ言っちゃうと、ちょいと据わりが悪い。微妙なところなんですが、いわゆる2004年的青っぽさが感じられます。そして焦がした樽のようなミネラル感というかタンニンというかがかなり重い・・・果実味はやや枯れた印象ながらもビオ系らしい自然な感触があってイイ。旨味も中盤からアフターに掛けて良い感じで広がります。が、まずは一口、口に含んだ際のバランスが今ひとつ。頭でっかちというか、ブルゴーニュグラスになみなみとワインを注いでしまいちょっと不安定、と言う感じかな? ●グラスにおいて暫くすると幾分重心も下がって来て、一安心ですが、抜栓して2時間ぐらいから先は、変化無し。枯れる、と言う雰囲気ではありませんが、不安定な状態が改善されません。ミネラル感自体は土っぽくもあり、濃いめのハーブのニュアンスがジュブレっぽくもあり、素直になるほどと思うところはあります。とある日本のワインを試飲して「山形牛のステーキ」をイメージしつつこちらに移ったわけですが、その際の印象をうまく受け継ぎ、食事に合わせるともっと良い感じ、と思いましたが・・・如何せんワイン単独でのバランスが・・・。 ●これがこのワインの特徴なのか、ヴィンテージの反映なのか、まだ入荷直後でコンディションが整っていないのか、何とも判別がつきません。・・・・と言うことで少し落ち着くであろう一月後、ぐらいに再試飲と行きたいと思います(って言いながらしっかり空になっています、どういうこっちゃ)。(2006.09.01 いのまた) ジャンヌ・エ・シルヴァンACブルゴーニュ ルージュ 2005 限定セール,新作

シャトー・ド・モンテリリュリー 1erCru プレオー 2002 数量限定,新作

●「2004や2005年の試飲会に2002年はちょっと反則だな・・・」と思いつつも、反則できるくらいにうまく味が乗っている・・・ホント、ビックリしました。しかもリュリーです。とりあえず数だけ確保してありますので、じっくり試飲はalarへの入荷後かな?詳しくは今暫くお待ち下さい。 ●・・と言うことで試飲してみました。試飲会でガツンとやられたのはホントかな?・・・試飲会でつぎつぎされていない分だけフレッシュです。でもそこはかとなく立ち居デル甘さとか、上質な酸味・・・さすが2002年!と言う感じ。リュリーで此処まで上品に、且つ密度を持って仕上げるとは・・・。試飲会時はイイ感じで熟成感もありましたが、こうしてゆっくり飲んでみるとまだまだ先は長そうだ・・・。香りはむしろクラシックなイメージですが、味わいはコンテンポラリー。で、そのバランスがかなりイイ線行っています。 ●先ずは上質な赤い果実味の強さ。そして取り巻く酸とのバランスの妙。コート・ドール系に較べるとよりその酸の存在が際立っていますが、それ故にしっかり熟成させた後の程よい姿が思い浮かべられます・・・。改めて、イイワインですね。シャトー・ド・モンテリ(2007.04.11 いのまた) ●で、例によっての2日目です。幾分重心が下がってきたかな?上の方の果実味が少し引いて、中盤から後半のしっかりとしたグリップ感がましています。ああ、イイ感じのタンニンですね。実際にはこのイイ感じの部分が落ち着くまでもう暫く我慢した方がよろしい、と思うのですが、意外に伸びる味わいなのかな?プワ~ッとした美味しさは今も充分ありますが、じわーっとくる「旨さ」まではもう一息。真、どちらで飲んでもOKです。(2007.04.12 いのまた) シャトー・ド・モンテリリュリー 1erCru プレオー 2002 数量限定,新作

アレクサンドルジュヴォーVdTフランセーズ ブラン オーディス 2010 豊富な,HOT

●何気に発泡していながら美味しかった『O9(オー・ヌフ)』が『O10(オー・ディス)』となって入荷しました・・・。この年は発泡していなさそうだけど・・たぶん美味しい?オー・ヌフ(2009年もの)のコメントです。 ●蔵があるウチジー村から南に約7kmの「ヴィレ」村。ソーヌ川右岸に位置する粘土石灰質土壌にある東向きの0.2Haの区画樹齢80年のシャルドネ100%が元となるブドウ。この区画だけのぶどうを使って年号の違い、すなわち作柄の違いを表現しようという考えから年号をキュヴェ名に当てたのがこちら。作柄がもたらす風味の向こうにどんな特徴があるのか、それは毎年違うのかそれとも似たものがあるのか。もしかするとそれが「テロワール」を表現するのかもしれない・・・・。 ●と言う事で、まずはインポーターさんからの資料など・・・  「通常のブルゴーニュの木樽より小さい216Lの容量の古樽(約7年もの)を使用。天然酵母による自然な発酵。補糖せず。発酵と熟成をあわせて12ヶ月間。この期間はワインを一切動かさず、細かな澱と一緒にした「シュールリー」の状態で複雑さを引き出す。  「その後澱引きし、ステンレスタンクにブレンディングした後、更に7ヶ月寝かせて、澱下げ作用と共に、風味が調和するのを待つ。ビン詰め前には、澱下げやろ過をせずにビン詰め。ビン詰め時に唯一、亜硫酸をごく少量添加。  「09年は、細かいガスが多く溶け込んでいる。熟したフルーツとミネラルの香り。ジューシーで濃い果実味は、09年の天候の良さがうかがえます。深い味わいで大変余韻の長いワインです。 ●と言う事で、事前にインポーターさんからの『忠告』で発泡系とわかってたんですが・・・結構、反則な発泡系です・・。一応、スティルワインなんですね、これ。もう少しガス圧高ければ立派なヴァン・ムスー・・・ガスがあるので『酸化』移行することなく・・なんですが。・『泡が無くなってからが美味しい』と言っていた、アンセルム・セロスの言葉を思い出しつつ・・・明日にします・・(2011.11.25 いのまた) アレクサンドルジュヴォーVdTフランセーズ ブラン オーディス 2010 豊富な,HOT

ドメーヌドラコンブボーヌ ブラン オーレナール 2003 新作登場,2019

ドメーヌドラコンブボーヌ ブラン オーレナール 2003 新作登場,2019

プリューレ・ロックシャンベルタン クロ・ド・ベーゼ GrandCru2005 豊富な,HOT

●ロックはシャンベルタン・クロ・ド・ベーズ に1.01haの畑を所有しています。このクロは7世紀からベーズ修道院の修道士によって管理され、このワインはブルゴーニュの偉大なワインの全ての側面を物語っているだろう、と言われています。ロックのワインはクロ・ド・ベーズとしての個性をもち、複雑な芳香性をもつ、長熟向きワインとなっています。 アンリ・ルロワの孫であり、DRCの協同経営者の一人としても有名な、アンリ・フレデリック・ロック氏の送り出すワインです。ロック氏は古文書を研究し700年以上前にシトー派の修道士が行っていたブドウ栽培・醸造方法を復活させ、今ではビオ系ワインの代表格の1人となっています。ロック氏曰く、これは「微生物を活性化させることにより肥沃な土壌を維持し、宇宙の摂理との調和を目指した栽培方法だ」と言っています。また、ラベルに描かれている独特のロゴはエジプトのある古文書に由来しています。左側にある緑色の包丁を立てたような模様はブドウの木、下に描かれている3つの赤い丸はブドウの実、右上の黄色い楕円は神、その下の黄色い楕円は人を表しているといいます。自然(神)と人間の両方の力によってワインを作り出すというロック氏の考えがうかがえます。プリューレ・ロック2006年物がぼちぼちと入荷し始めました。プリューレ・ロックからの2006年情報です。    「2006年の収穫は9月25日から10月3日まで行われました。収穫の間天気はとても良く、気温は12℃から、最も暑い日には23℃まで上がりました。収穫最終日には少量の雨が降りました。この年は開花が早く、ぶどう果は均質に成熟しました。クロ・ド・ベーズだけは7月26日に降った軽い雹により、一時的にぶどう樹の成長過程が妨げられ、成熟に若干の乱れが生じました。    「ポンプの使用は、ワインを極力変調させないように極めて最小限まで減らし、各ワインにつき1度だけ(圧搾機から出すとき)としました。発酵中のルモンタージュはポンプを使わないで行ったということです。瓶詰め前のスーティラージュをするのにはとても時間がかかりました。わたしたちがそれを終えたのはなんと2008年の収穫中でした!! 実際、ワインはノンコラージュ、ノンフィルターなので、「スーティラージュの窓」つまり高い気圧の訪れを長い間待ちました。    「2006年ヴィンテージは、すばらしく長熟するワインの2005年のような非常に美しい構成力と、いますぐに飲むことができる2001年のような素晴らしいフィネスを、ともに持ち合わせていることが特徴です。 プリューレ・ロックシャンベルタン クロ・ド・ベーゼ GrandCru2005 豊富な,HOT

ジョセフ・ロティジュブレ・シャンベルタン1erCru「レ・フォントニ」 2005 大得価,送料無料

●こちらもインポーターさんとワインアドヴォケイトのコメントでご勘弁を・・・   「泉という意を持つ区画。高い石の塀などがあり、それらが太陽の熱を受けるため、葡萄が良く熟すそうです。リュショットやマジと隣接している恵まれた畑。深いミディアム・ルビーで花やブラックチェリーと甘草のニュアンスがある。現時点ではやや閉じ気味ですがこのクラスでは抜群にスケール感があります。(P.P: 94-95)」   「The Rotys’ 2005 Gevrey-Chambertin Les Fontenys really shows the class of its origins, high up on Gevrey’s south side against Ruchottes-Chambertin. A nose of black fruits and underbrush leads to an intense, clear, bright, and silken-textured palate full of beef marrow, black cherry, plum, blueberry and brown spices. A firm chalky, stony character underlies this wine’s long finish of deep fruit and dark forest floor. For all of its dark shadings, its super-saturation of ripe fruit, and its obvious extract, this retains an invigorating freshness, elegance, and eloquent clarity. Lock it away though for at least a decade. 」  *1 ジョセ・フロティ、現在は息子さんのフィリップ・ロティが中心となってワイン造りを行っている小規模ながら実力派ドメーヌ、と言われつつこれまであんまり飲んだことの無かったジョセフ・ロティ。イヤ~良いワインです。比較的裾物を飲んでも非常にスムーズな味わい。でも、これだけじゃないよね・・・・ちょっと寝かせてみても良さそうです。上の方はもっとすごいんだろうな・・・・。ジョセフ・ロティ熱烈お薦めドメーヌかも、です。 ジョセフ・ロティジュブレ・シャンベルタン1erCru「レ・フォントニ」 2005 大得価,送料無料

マトロ・ウィッターシェイムACブルゴーニュ ブラン 2005 新品,低価

●AOCムルソーの畑に隣接するACブルゴーニュ区画レ・ミルラン内に0.35ha所有している、平均樹齢35年ブドウから。新樽率40%で年間生産量は1500~2500本。 ●バーガウンド.comの27号ではかなりイイ感じです。    「Producer note: Claudine Russel, Thierry Matrot's aunt, directs this small 3.5 ha domaine that produced its first harvest in 1999. Mme Russel told me that the '05 reds reminded her of a slightly riper version of her '02s. The wines, both red and white, were bottled in September. Note that there was some doubt that the correct bottles were pulled for this small tasting as I would have reversed them based simply on typicity. I was assured by Mme Russel's cellar master that no mistake had been made but when the bottles are not labeled and the corks not stamped, I confess to wondering.」    「Tasting note: This is quite ripe with a lovely nose of orchard fruit, hazelnut and subtle spice hints that lead to utterly delicious medium weight flavors that possess good mid-palate fat, fine volume, solid length and impeccable balance. This is an outstanding Bourgogne and highly recommended as it offers villages level quality plus it will age.Tasted: Jul 01, 2007Score: 87Drink: 2009+ - Comments: Outstanding! Top value」 ●なるほど、アウトスタンディングとトップヴァリューとなっています。 マトロ・ウィッターシェイムACブルゴーニュ ブラン 2005 新品,低価

エリックフォレマコン=ヴェルジッソン スールラロッシュ2003 本物保証,大人気

●まずはこちらを。インポーターのラシーヌさんからの資料です。   「マコン・ヴェルジッソン『スール・ラ・ロッシュ』。父親より受け継いだ優良畑。2003年初リリース。東向きで高地の区画。日照を増すため、また湿度を下げるために近くの樹を切り落とした。樹齢は22年。粘土質で保湿力の高い土壌。」   「しっかりとした黄色。非常にフローラルで、フレッシュ・バター、レモンなどの厚めの香。ほんのり甘い樽の香味。ナッツ、ホワイト・ペッパー、焼きタルト。ミネラルが果実味に包まれている。長い余韻。」 ●この年が初めて、と言うマコン+村名ワインなんですが、コート・ド・ボーヌの白と言っても、ごまかせるかな?ストレートに美味しいワインです。まずは2003年物らしく果実味が乗っています。レモンにピーチ・ネクター、ヘーゼルナッツにハニー・サックル。思いの外酸も乗っていてまずまずのバランス。難を言えばこの酸がまだ落ち着いていないかな?果実味と解け合う前に焼き菓子の香ばしさがアフターに残り、さらにそのあとにピチピチと・・・本来はあと半年、が我慢のしどころです。 ●まだ全体に馴染みのないことを除けばかなりイイ感じのワインです。樽の効き方もほどよく多少液温が上がるとスパイシーな味わいも見事なまでに出てきます。幾分柔らかくも豊かなミネラル感でかなりしっかりとした輪郭を持っています。(2005.06.28 いのまた) ●2日目です。やはり全体にマイルドな味わいになりました。ボトルを手に持って、ひんやりする程度に軽く冷やすと、ピントがグッと合ってきます。焼きたてのフルーツパイもいいんだけれど、ひんやり冷やしたのも結構好きです、と言う感じかな?やはりベースがしっかりとしているのでいろいろと使い安いワインです。エリック・フォレ、きちんとツボを押さえています。 エリックフォレマコン=ヴェルジッソン スールラロッシュ2003 本物保証,大人気

フランソワダレンリュリー レ・サン・ジャーク 2005 お得,新品

●かなりお気に入りのダレン。2005年物が再々入荷しました。  『05年のぶどうはしっかり完熟です!持ち前のフルーティーさがたっぷり出ています。もちろんミネラルも十分!じわーっとしみていく優しい浸透感がとても心地よいです。』とのことで期待が持てます。またお値段も2004年から据え置き。これまた嬉しいことです。 ●抜栓して2日目の状態でのコメントです。・・・ウン!これはイイ!おそらくミネラルとか酸とかの角が幾分丸くなり、果実味も適度にほどけた状態だと思いますが、それでも果実味が豊かでリッチな味わい。過度に熟した感もなく、桃や柑橘系のしっかりと詰まった感触。これまでの2003年や2004年に比較するとワンランク上のバランスを持っていると感じます。 ●2日目でもミネラル感はしっかりと残り、果実味をしっかりと支えています。やはり飲み下した後の味わいの広がりが実に秀逸。2005年の素晴らしさはやはり此処、リュリーにも及んでいるようですね。・・・今飲んでも十分な美味しさながら、あと4~5年は十分に熟成させて楽しめそう。でもそれまで待てるかな?コストパフォーマンスの高い一本です。(2007.03.04 いのまた) ●で、再入荷に伴い、改めて上の方の解説読んでいると、なるほどリアルワインガイドに載っていたのか・・・このワイン、改めてネゴシアン物なんですね。でもそこで誰にと媚びない潔さ、それは同時に優しさ・・・・も一度飲んでみようかな・・・   2004年物のコメントです↓ ●のっけからオレンジ・ピールの甘い香り、振りまいちゃっています。なんだか香りにビオを感じましたが、・・・確かにそうでした。2003年に較べるとずっと果実味が濃い感じ。ハニー系の香りは後ろに控えていると言う感じかな?後になって出てきます。酸が太くてそしてソフト。幾分?な苦味が全体をとらえていますが、大きめのグラスだととんでいくのかな? ●と言うことで大きめグラスに移し替え。OK!ソフトな味わいに整いました。でも果実味がとんでいってしまったな~。美味しく飲むのはなかなか手間のかかることです。それはさておき2003年に較べると果実味は豊かですが全体としては酸とミネラルがシャープ。そのため全体としては「コンポート」までは行きません。その代わりしっかりと寝てくれる予感・・・・2,3年先が飲み頃かな?酸が落ち着くのを待って、と言うところで明日もう一度試してみたいのですが・・・次回レポートは4日後ぐらいとなりそうです。(2006.04.16 いのまた)  2003年物のコメントです↓ ●なるほどバランスがとれていますよ、このワインは!いろいろあってどれをサンプルに取ろうかなと思案した上で、危うい2003年飲んで見ればその作り手の実力がわかるかな?と、あえて美味しそうな2002年はスルーして2003年にしたんですが、きっちりと押さえるところは押さえた良いワイン。地理的恩恵もしっかりとうけているのかな?久々にハニーな甘さに酔いしれるシャルドネ、です。 ●果実味、酸味、ほの甘さ、香ばしさ。それぞれの要素がしっかりと韻を踏んでます。それぞれの要素が、繊細ながらもタンッ、タンッと踏まれた事により飲み口にリズムが生まれてくるんですね。・・・・時間を置くと桃や洋なしのコンポートにオレンジ系の妖しい味わい。トロピカルな果実味ものってきます。酸も柔らかくなり始めた頃にはさらにバランスもますます良くなり、それでも芯のしっかり残ったクリーンなフィニッシュ。バターでしっかりと焼き上げたブリオッシュが遠くにかおりつつ、オーソドックスなシャルドネの味わいに、懐かしくも心引かれるワインです。(2005.08.13 いのまた) ●レ・サンジャークはリュリーの一級クロ・サンジャークの隣の畑。もっとミネラルがパンパン?と予想していたのですが・・・ フランソワダレンリュリー レ・サン・ジャーク 2005 お得,新品