ドメーヌルフレーヴピュリニイ・モンラッシェ 1erCruレ・ピュセル2004 お得,正規品

●バーガウンド.com Issue23のコメントです。   「 This was mildly reduced and while the funk did not obliterate the honeysuckle and acacia blossom notes, it did shove them to the rear. Happily, the purity and elegance of the sweet, rich and beautifully complex flavors were not compromised and this possesses brilliant length. A terrific effort that has the hallmark softness of Pucelles while retaining a firm, indeed almost linear finish.Tasted: Jul 01, 2006Score: 91-93Drink: 2012+」 ドメーヌルフレーヴピュリニイ・モンラッシェ 1erCruレ・ピュセル2004 お得,正規品

ジョルジュルーミエモレサン=ドニ 1erCru クロデラブッシェール 2008 正規品,SALE

●あまり知られていないのですがモレ・サン=ドニの「クロ・ド・ラ・ブッシェール」はジョルジュ・ルーミエの単独所有・・なんですね。と言う事で2008年物です。 ●取り急ぎバーガウンド.comのコメントなど・・・。  「Here the nose is a fresh mix of crushed herbs and distinctly earthy red berry fruit aromas that precede middle weight flavors that are delicious, round and detailed with good verve and punch on the supple finish that is solidly complex and quite persistent. This is easy to like as the ripe if mildly rustic tannins are well-integrated and this should drink well relatively young yet be capable of aging well too.90points」 ジョルジュルーミエモレサン=ドニ 1erCru クロデラブッシェール 2008 正規品,SALE

エルヴェルーミエオートコートドニュイ ポワルロット 2009 人気定番,爆買い

●クロ・ド・ヴージョはその昔、エルヴェの父アラン・ルーミエが、クリストフとその父ジャン・マリーにフェルマージュで貸していました。1978年、エルヴェがドメーヌを引き継いだ時にエルヴェに返却されました。 エルヴェルーミエオートコートドニュイ ポワルロット 2009 人気定番,爆買い

メゾン ルーデュモンAOCブルゴーニュルージュ 2002 限定セール,本物保証

●製造本数1502本。コートドニュイのピノ100%です。平均樹齢は20年。収量は50hl/haとそれほど押さえ込んではいませんが・・・。天然酵母で発酵スタート。ヴォージュ産の新樽20%、1年樽60%、2年樽20%で18ヶ月の熟成期間をおいています。ビン詰めは無清澄・無濾過。 ●最近入荷したブルゴーニュ・ルージュの2002年と比較すると・・・マニャンよりはふくよか果実味が乗っている、アルローよりはミネラルがフレッシュに・・・ルー・デュモンの2001年と比較すると・・・・一回り豊かな味わい、しかもバランスがぴたっとしている・・・・これはいいワインです! ●ブドウが過度に熟することなく一定のみずみずしさをたたえたまま、輪郭がくっきりとしていて落ち付きがある。タンニンのしなやかさや酸のしまりも良い。飲み下したあとに残る繊細な甘さと、柔らかい余韻のリフレインが巧妙。2002年の良さを「素直に受け止めている」印象です。 ●かれこれ、グラスに注ぎ15分ほどですが、2001年に感じた「へたりの早さ」は全く感じないですね。むしろ抜栓後よりもよりふくよかに開いてきた、ってところかな?これはじっくりと飲めますね。なかなかやりますね、ルー・デュモン!(2004.10.06 いのまた) ここ数年のブルゴーニュのワインビジネスシーンを象徴するかのように・・・、2000年7月7日に結成された新しいネゴシアンです。ネゴシアンの設立には日本人の仲田晃司氏が深く関わり、2003年5月に本拠地をジュブレ・シャンベルタンに移すと同時に同社の代表取締役に就任しています。 仲田氏は1995年に渡仏、フランス各地のワイン生産者の元で醸造を学び、1999年にはボーヌのワイン学校で学位を取得。モメサン社ほかネゴシアン数社を経て、1999年から委託生産や瓶買いを始め、2000年にヌイ・サン=ジョルジュにルー・デュモンを設立し醸造家としてワイン生産に従事してきました。 メゾンの名前は、仲田夫妻が洗礼式の代親となった女の子「Louちゃん」と、仲田氏の生まれ故郷岡山県の高梁にある町のシンボルの「お山」をイメージした物。そしてラベルには、心の中に常に故郷を思う日本人でるあること、と同時に醸造家としての「自然と人に対する真摯な尊敬の念」を込め「天・地・人」の3文字が描かれています。さらには、これらのアイデンティティーをより強く打ち出すことの意思の表れとして、斬新な色遣いのものとなりました。(このラベルは2003年半ばからの出荷分に使われています。キャップシールに描かれたグラスのようなメゾンの頭文字LとDをデザインした「模様」は、仲田さんの奥さんがデザインしているとの噂です。) ・・・・リアルワインガイド第4号の「気になるワイン特集」で紹介されalar的にも気になるワインに・・・再びリアルワインガイド第6号のテイスティングレビューに2001年ヴィンテージが登場、ということで「気になり度」がかなり上昇。何とかインポータさんにコネをつけて、まずはalarが試してみる分+α程度で2001年に挑戦。ACブルからグランクリュまで一気に試飲してみました。結果は・・・・・「旧来のネゴシアン・ワインの品質と比較し何ら遜色なく、先行する注目の新進ネゴシアン系ワインとも一線を画すかのような酒質のユニークさの発露に、心より賞賛を送りたい!ただし、2001年というヴィンテージ故(だと思う。思いたい。)のアフターの短さ、グラスにして放置した後のへたりの早さには、やや物足りなさを感じる(コルトンはのぞいてね)。」ってところでしょうか。またあえて言うなら「まだまだ個性的とは言い切れない、ネゴシアン・ワインとしての限界を感じつつも、それぞれに素直に育てられたワインのセレクションという視点では大いに共感できるところがあり、ネゴシアン設立というすばらしい「偉業」を成し遂げた事をたたえると同時に、今後もしっかりと応援していきたいメゾンであることは、間違いない」 やや日本人びいきののところもあって、厳し目に評価ししつつ、しっかりと声援を送りたいと思った2001年ですが、最新の2002年は・・・・ひいき目無しにすばらしいでき!せひお試し頂きたい作り手です。・・・暫くルー・デュモンご無沙汰しておりました。訳はいろいろなんですが・・・先日当店に仲田さんがお見えになったときに2002年のジュブレ・シャンベルタン開けたのですが、幾分年を経ていい感じにまとまっていました。また、先日とあるワイン会で仲田さんのセレクションしたシャンベルタン1990飲む機会がありました、これまた落ち着いた味わい。・・・ここしばらくのうちに仲田さんのセレクションというか目指す方向がはっきりとしてきた印象を受けています。と言うことでalarのリストにも復活、です。復活第一弾はインポーター、ヌーヴェル・セレクションと仲田さんのルー・デュモン、そして現地で確約するクルティエとの「コラボ」によるクルティエ・セレクション・・・・・・先ずはインポーターさんのコメントを、です。    「このたび私たちは、自社企画、ルー・デュモン社全面協力によってお届けするブルゴーニュの新ブランド「クルティエ・セレクション」の発売を開始するはこびとなりました。このセレクションは、ブルゴーニュの有力クルティエ達とタイアップし、彼らが見つけてくるコストパフォーマンスの極めて高いワインを“シュル・ピル”(ラベルを貼らないビン販売)によって買い付け、共通ラベルを貼ってお届けするものです。    クルティエとは、フランスのあらゆるワイン産地で活躍するワイン仲介業者で、ほとんどは一匹狼の仕事師です。ブルゴーニュには公式登録者で約70人おり、それぞれの“縄張り”におけるあらゆるぶどう栽培家やドメーヌを熟知した上で、生産者からネゴシアンへのぶどう・果汁・樽・ビンでの販売の仲介をしています。腕一本で勝負する彼らの世界は浮き沈みも非常に激しく、一度でも不味いものを紹介したらすぐ噂が立って明日から廃業という、まさしく真剣勝負の世界です。     私たちは今回の企画にあたって、目下、4人の百戦錬磨のクルティエ達と組むことにしました。    ★M氏(58歳)・・・元有名ネゴシアンの社長。引退後、クルティエに転業。前職時代のネットワークをフル活用し、コート・ド・ニュイ全域に大きな影響力を持つ    ★B氏(54歳)・・・コート・ド・ボーヌ全域に強く、大手ネゴシアンとの取引も極めて多い。ブルゴーニュのクルティエの大ボス的存在    ★M氏(37歳)・・・ブルゴーニュ最大級のクルティエ・グループ(3人)を率いる。日々猛スピードで進む世代交代を徹底的に細かくフォローし仕事に結びつける情報王    ★F氏(38歳)・・・フランスの最大手ネット販売業者のバイヤーからクルティエに転業。ブルゴーニュ全域の新世代生産者に強く、女性醸造家達からもとても人気がある    彼らが総力を挙げて紹介してくれる掘り出し物を、日本人としてはブルゴーニュワインに最も造詣が深いと思われる仲田さんの協力も仰ぎながら、ご案内してまいります。また、ビン買い時のチェック、ラベル貼りなどもルー・デュモンで行います。 と言うことで、第一弾の中から「これ!」と言ったところを先ずはご紹介させていただきます・・・。 メゾン ルーデュモンAOCブルゴーニュルージュ 2002 限定セール,本物保証

クルティエ・セレクション par Lou Dumontヴォーヌ・ロマネ 2000 定番,人気SALE

ここ数年のブルゴーニュのワインビジネスシーンを象徴するかのように・・・、2000年7月7日に結成された新しいネゴシアンです。ネゴシアンの設立には日本人の仲田晃司氏が深く関わり、2003年5月に本拠地をジュブレ・シャンベルタンに移すと同時に同社の代表取締役に就任しています。 仲田氏は1995年に渡仏、フランス各地のワイン生産者の元で醸造を学び、1999年にはボーヌのワイン学校で学位を取得。モメサン社ほかネゴシアン数社を経て、1999年から委託生産や瓶買いを始め、2000年にヌイ・サン=ジョルジュにルー・デュモンを設立し醸造家としてワイン生産に従事してきました。 メゾンの名前は、仲田夫妻が洗礼式の代親となった女の子「Louちゃん」と、仲田氏の生まれ故郷岡山県の高梁にある町のシンボルの「お山」をイメージした物。そしてラベルには、心の中に常に故郷を思う日本人でるあること、と同時に醸造家としての「自然と人に対する真摯な尊敬の念」を込め「天・地・人」の3文字が描かれています。さらには、これらのアイデンティティーをより強く打ち出すことの意思の表れとして、斬新な色遣いのものとなりました。(このラベルは2003年半ばからの出荷分に使われています。キャップシールに描かれたグラスのようなメゾンの頭文字LとDをデザインした「模様」は、仲田さんの奥さんがデザインしているとの噂です。) ・・・・リアルワインガイド第4号の「気になるワイン特集」で紹介されalar的にも気になるワインに・・・再びリアルワインガイド第6号のテイスティングレビューに2001年ヴィンテージが登場、ということで「気になり度」がかなり上昇。何とかインポータさんにコネをつけて、まずはalarが試してみる分+α程度で2001年に挑戦。ACブルからグランクリュまで一気に試飲してみました。結果は・・・・・「旧来のネゴシアン・ワインの品質と比較し何ら遜色なく、先行する注目の新進ネゴシアン系ワインとも一線を画すかのような酒質のユニークさの発露に、心より賞賛を送りたい!ただし、2001年というヴィンテージ故(だと思う。思いたい。)のアフターの短さ、グラスにして放置した後のへたりの早さには、やや物足りなさを感じる(コルトンはのぞいてね)。」ってところでしょうか。またあえて言うなら「まだまだ個性的とは言い切れない、ネゴシアン・ワインとしての限界を感じつつも、それぞれに素直に育てられたワインのセレクションという視点では大いに共感できるところがあり、ネゴシアン設立というすばらしい「偉業」を成し遂げた事をたたえると同時に、今後もしっかりと応援していきたいメゾンであることは、間違いない」 やや日本人びいきののところもあって、厳し目に評価ししつつ、しっかりと声援を送りたいと思った2001年ですが、最新の2002年は・・・・ひいき目無しにすばらしいでき!せひお試し頂きたい作り手です。・・・暫くルー・デュモンご無沙汰しておりました。訳はいろいろなんですが・・・先日当店に仲田さんがお見えになったときに2002年のジュブレ・シャンベルタン開けたのですが、幾分年を経ていい感じにまとまっていました。また、先日とあるワイン会で仲田さんのセレクションしたシャンベルタン1990飲む機会がありました、これまた落ち着いた味わい。・・・ここしばらくのうちに仲田さんのセレクションというか目指す方向がはっきりとしてきた印象を受けています。と言うことでalarのリストにも復活、です。復活第一弾はインポーター、ヌーヴェル・セレクションと仲田さんのルー・デュモン、そして現地で確約するクルティエとの「コラボ」によるクルティエ・セレクション・・・・・・先ずはインポーターさんのコメントを、です。    「このたび私たちは、自社企画、ルー・デュモン社全面協力によってお届けするブルゴーニュの新ブランド「クルティエ・セレクション」の発売を開始するはこびとなりました。このセレクションは、ブルゴーニュの有力クルティエ達とタイアップし、彼らが見つけてくるコストパフォーマンスの極めて高いワインを“シュル・ピル”(ラベルを貼らないビン販売)によって買い付け、共通ラベルを貼ってお届けするものです。    クルティエとは、フランスのあらゆるワイン産地で活躍するワイン仲介業者で、ほとんどは一匹狼の仕事師です。ブルゴーニュには公式登録者で約70人おり、それぞれの“縄張り”におけるあらゆるぶどう栽培家やドメーヌを熟知した上で、生産者からネゴシアンへのぶどう・果汁・樽・ビンでの販売の仲介をしています。腕一本で勝負する彼らの世界は浮き沈みも非常に激しく、一度でも不味いものを紹介したらすぐ噂が立って明日から廃業という、まさしく真剣勝負の世界です。     私たちは今回の企画にあたって、目下、4人の百戦錬磨のクルティエ達と組むことにしました。    ★M氏(58歳)・・・元有名ネゴシアンの社長。引退後、クルティエに転業。前職時代のネットワークをフル活用し、コート・ド・ニュイ全域に大きな影響力を持つ    ★B氏(54歳)・・・コート・ド・ボーヌ全域に強く、大手ネゴシアンとの取引も極めて多い。ブルゴーニュのクルティエの大ボス的存在    ★M氏(37歳)・・・ブルゴーニュ最大級のクルティエ・グループ(3人)を率いる。日々猛スピードで進む世代交代を徹底的に細かくフォローし仕事に結びつける情報王    ★F氏(38歳)・・・フランスの最大手ネット販売業者のバイヤーからクルティエに転業。ブルゴーニュ全域の新世代生産者に強く、女性醸造家達からもとても人気がある    彼らが総力を挙げて紹介してくれる掘り出し物を、日本人としてはブルゴーニュワインに最も造詣が深いと思われる仲田さんの協力も仰ぎながら、ご案内してまいります。また、ビン買い時のチェック、ラベル貼りなどもルー・デュモンで行います。 と言うことで、第一弾の中から「これ!」と言ったところを先ずはご紹介させていただきます・・・。 クルティエ・セレクション par Lou Dumontヴォーヌ・ロマネ 2000 定番,人気SALE

ルイシュニュACブルゴーニュ ルージュ 2010 驚きの破格値,驚きの破格値,HOT

●インポーターさんの資料よりです・・・  「サヴィニー村、アロッス・コルトン村、ショレー・レ・ボーヌ村に囲まれたACブルゴーニュの区画0.25ha(平均樹齢60年のVV)、サヴィニー村内AOCオート・コート・ド・ボーヌ区画のレ・シュヴリエール0.43ha(平均樹齢35年)、レ・ペリエール0.5ha(平均樹齢35年)のブレンド。約20%がACブルゴーニュで、約80%がAOCオート・コート・ド・ボーヌです。 ルイシュニュACブルゴーニュ ルージュ 2010 驚きの破格値,驚きの破格値,HOT

ドメーヌ・シャソルネブルゴーニュ・ルージュ ブド 2004 高品質,本物保証

ドメーヌ・シャソルネブルゴーニュ・ルージュ ブド 2004 高品質,本物保証

シャソルネ ネゴシアン ブルゴーニュシャルドネ Bigotes ビゴ 2008 人気,品質保証

シャソルネ ネゴシアン ブルゴーニュシャルドネ Bigotes ビゴ 2008 人気,品質保証

ドメーヌ・ジャン・ルイ・トラペACブルゴーニュ 2005 限定セール

●比較的数の少ないトラペのACブル。2005年物です。で、入荷して気がつきましたが・・・ドメーヌ物、ではないのかな?どこにも「ミュザンブティーユ~」と書いてありません。かっこの良い配送用の段ボールは同じなんだけどな・・・。 ●・・何しろ「初物」なんで飲んでみまスた。あらあら、エッジには幾分紫色を含みながらちょっと濃いめのルビー色。透明感はしっかりとあります。香りが何よりもジャミーだな?このジャミーさに引きずられる甘さ。そのおくにはしっかりとミネラル感、なるほどな2005年物です。香りだけだと・・・ちょっと村名イメージします。それだけしっかり作られていル。ジュブレの「オストレア」ほど際だった個性はさすがに感じられませんが、酒質としては2003年にも近いような・・・。 ●で、飲んでみると全体の軽さ、こそ村名クラスを感じませんがACブルならば充分満足。適度な軽さが・・・アブナイです。あ~、無駄がないな~。クラスとしての充実感。ダークチェリーの酸味と熟したプルーンの果実味がバランス良く感じられます。トラペらしいミネラル感に乗った旨味も満足行くな・・・。最初、中盤こそは物足りなさを感じますが・・・バランス的には2002年にも似ているのでしょうか?隙のない構成は、なるほどです。今飲んでも充分に美味しい!むしろ寝かせるよりもこの若々しさを愛でた方が良いんじゃないかな?熟成のブーケなんか無くたってかなりしあわせになれます、との誘惑が・・・トラペのACブル。すっご~く、オススメできます。(2006.12.08 いのまた) ドメーヌ・ジャン・ルイ・トラペACブルゴーニュ 2005 限定セール

アリスetオリヴィエ・ド・ムールシャブリ ロゼット 2006 低価,爆買い

●2006年の『ロゼット』です。・・・   『サン・スーフル』のスペシャルなキュヴェですが・・・2003年物のコメントです ●ロゼットの『サン・スーフル』です。その名の通り酸化防止剤としてのSO2(二酸化イオウ)を使っていません。普通のロゼット同様に、オレンジ色の蝋でキャップシールとしていますが、瓶は普通の物と変わりません。ラベルには手書きで「P.M.G」と書いてあります。何の略だろう? ●こちらのワインもとりあえず限定で入荷しました。幾分色の濃い感じかな?香りはすでに果実味にアーモンドや蜂蜜っぽい甘いニュアンスが乗っかっています。コート・ド・ボーヌの白ワインににもにているかな?口に含むと、果実味こそさらりと何気なく流れていきますが、中盤からアフターのかけてのハーブの香りとミネラル感、続く余韻は・・・・後からじわっとくる果実味はシャサーニュ系、です。シャブリとしては個性的ですが、ワインとしては申し分の無い美味しさ。むしろこれまで知らなかったシャブリ本来の味わいかもしれません。ここしばらくは「牡蠣」とも疎遠な時期となりますが、この秋が楽しみなワインです。(2005.04.26 いのまた) ●どうも噂によるとド・ムールの畑ってシャブリ特有のキンメリジャンのエリアでは無いようです。それでも何となくシャブリを感じるのはビオのパワー?じわじわっとくる美味しさはなかなか魅力があります。極々私的には昨日の「鮭の粕漬け」残っているかな?と言うところですが・・・。 ●例によって、と2日目です。幾分酸味の変化が早い気もしますが、丸みが出てくると腰の据わったしっかりとしたボディとそれに釣り合いを保つミネラルの凝縮感がより明確に感じられます。サン・スフルなので一夏こさせるのがちょっとコワイけど、越させてみたいポテンシャル。おそらく温度さえ安定してれば2~3年後が楽しみなワインです。(2005.04.27 いのまた) alarで初めてお届けするシャブリは、アリスとオリヴィエの若いカップルの造る自然派のシャブリです。二人は、自宅近くにアメリカ向けの自然派ワインを輸出するエキスポーターが引っ越してきたことから自然派のワインに興味を持ち、やがてクルトワとの親交を通じて、自分達のワインも自然派の作りで行うことになりました。 既に2000年のシャブリはパーカーのワイン・アドヴォケイトなどで高く評価されていますが、初入荷の2002年はまさに彼らの最上のワイン。2002年という良いヴィンテージを反映しただけでなく、彼らのこれまでの努力の結晶とも言うべきワインです。・・・そして続く2003年、この年はフランス全土が酷暑の年でしたが、この暑さ彼らのワインにどんな影響を与えているのか・・・?注目の入荷です。 アリスetオリヴィエ・ド・ムールシャブリ ロゼット 2006 低価,爆買い

シャトーカンボン ラピエール et シャヌレ AOCボージョレ キュヴェ・カンボン Cambon 2007 お得,最新作

●キュヴェ・カンボン・・・2006年は無かったんだっけ?と思いつつ、2007年が入荷しました。ラベルもチョット灰色っぽいのに変わっています。    久々の2005年物のコメント・・・です。 ●ボージョレでマルセル・ラピエールとジャン=クロード・シャヌレの共同経営で運営されているシャトー・カンボンのワインです。このキュヴェは2000年に作られて以来、じつに5年ぶりに登場。まずはインポータさんの資料など。   「2005年はとても良い年で、優れた質のワインができました。2000年のように、2005年は素晴しい気候に恵まれ、南向きの畑は太陽をいっぱいに受け、収穫はとてもよくできました。この畑の樹齢は50年以上になります。収穫時のぶどうは完熟していました。醸造ではシャプタリザシオン、二酸化硫黄、酵母、酒石酸は添加されていません。アロマはブラックチェリーを感じさせ、熟した風味をもち、ボディーはしっかりとしています。繊細でシルクにように滑らかなガメイです。口の中で余韻長く広がります。アルコール14度」 シャトーカンボン ラピエール et シャヌレ AOCボージョレ キュヴェ・カンボン Cambon 2007 お得,最新作

メゾン ルー・デュモンAOCニュイ・サン=ジョルジュ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2002 大人気,2019

●平均樹齢50年のヴィエイユ・ヴィーニュです。収量は45hl/ha。こちらもステンレスタンク熟成。ベルトランジュの新樽50%を含み20ヶ月の熟成です。575本生産 ●しっくりとした果実味はダークチェリーやブルーベリー。新鮮さを残しながらも凝縮感があります。ややミンティーなハーブの香りやクミンシードやナツメグの心地よさ。うっすらと広がったヴァニラの甘さも良い塩梅です。これも決してこい味わいではないのですが、重心が安定していて旨味が乗っています。飲み下したあとに感じる、キュッと詰まった酸味が印象的。突き詰めた味わいではありませんが、「良い加減」のワインです。(2004.10.15 いのまた) ここ数年のブルゴーニュのワインビジネスシーンを象徴するかのように・・・、2000年7月7日に結成された新しいネゴシアンです。ネゴシアンの設立には日本人の仲田晃司氏が深く関わり、2003年5月に本拠地をジュブレ・シャンベルタンに移すと同時に同社の代表取締役に就任しています。 仲田氏は1995年に渡仏、フランス各地のワイン生産者の元で醸造を学び、1999年にはボーヌのワイン学校で学位を取得。モメサン社ほかネゴシアン数社を経て、1999年から委託生産や瓶買いを始め、2000年にヌイ・サン=ジョルジュにルー・デュモンを設立し醸造家としてワイン生産に従事してきました。 メゾンの名前は、仲田夫妻が洗礼式の代親となった女の子「Louちゃん」と、仲田氏の生まれ故郷岡山県の高梁にある町のシンボルの「お山」をイメージした物。そしてラベルには、心の中に常に故郷を思う日本人でるあること、と同時に醸造家としての「自然と人に対する真摯な尊敬の念」を込め「天・地・人」の3文字が描かれています。さらには、これらのアイデンティティーをより強く打ち出すことの意思の表れとして、斬新な色遣いのものとなりました。(このラベルは2003年半ばからの出荷分に使われています。キャップシールに描かれたグラスのようなメゾンの頭文字LとDをデザインした「模様」は、仲田さんの奥さんがデザインしているとの噂です。) ・・・・リアルワインガイド第4号の「気になるワイン特集」で紹介されalar的にも気になるワインに・・・再びリアルワインガイド第6号のテイスティングレビューに2001年ヴィンテージが登場、ということで「気になり度」がかなり上昇。何とかインポータさんにコネをつけて、まずはalarが試してみる分+α程度で2001年に挑戦。ACブルからグランクリュまで一気に試飲してみました。結果は・・・・・「旧来のネゴシアン・ワインの品質と比較し何ら遜色なく、先行する注目の新進ネゴシアン系ワインとも一線を画すかのような酒質のユニークさの発露に、心より賞賛を送りたい!ただし、2001年というヴィンテージ故(だと思う。思いたい。)のアフターの短さ、グラスにして放置した後のへたりの早さには、やや物足りなさを感じる(コルトンはのぞいてね)。」ってところでしょうか。またあえて言うなら「まだまだ個性的とは言い切れない、ネゴシアン・ワインとしての限界を感じつつも、それぞれに素直に育てられたワインのセレクションという視点では大いに共感できるところがあり、ネゴシアン設立というすばらしい「偉業」を成し遂げた事をたたえると同時に、今後もしっかりと応援していきたいメゾンであることは、間違いない」 やや日本人びいきののところもあって、厳し目に評価ししつつ、しっかりと声援を送りたいと思った2001年ですが、最新の2002年は・・・・ひいき目無しにすばらしいでき!せひお試し頂きたい作り手です。・・・暫くルー・デュモンご無沙汰しておりました。訳はいろいろなんですが・・・先日当店に仲田さんがお見えになったときに2002年のジュブレ・シャンベルタン開けたのですが、幾分年を経ていい感じにまとまっていました。また、先日とあるワイン会で仲田さんのセレクションしたシャンベルタン1990飲む機会がありました、これまた落ち着いた味わい。・・・ここしばらくのうちに仲田さんのセレクションというか目指す方向がはっきりとしてきた印象を受けています。と言うことでalarのリストにも復活、です。復活第一弾はインポーター、ヌーヴェル・セレクションと仲田さんのルー・デュモン、そして現地で確約するクルティエとの「コラボ」によるクルティエ・セレクション・・・・・・先ずはインポーターさんのコメントを、です。    「このたび私たちは、自社企画、ルー・デュモン社全面協力によってお届けするブルゴーニュの新ブランド「クルティエ・セレクション」の発売を開始するはこびとなりました。このセレクションは、ブルゴーニュの有力クルティエ達とタイアップし、彼らが見つけてくるコストパフォーマンスの極めて高いワインを“シュル・ピル”(ラベルを貼らないビン販売)によって買い付け、共通ラベルを貼ってお届けするものです。    クルティエとは、フランスのあらゆるワイン産地で活躍するワイン仲介業者で、ほとんどは一匹狼の仕事師です。ブルゴーニュには公式登録者で約70人おり、それぞれの“縄張り”におけるあらゆるぶどう栽培家やドメーヌを熟知した上で、生産者からネゴシアンへのぶどう・果汁・樽・ビンでの販売の仲介をしています。腕一本で勝負する彼らの世界は浮き沈みも非常に激しく、一度でも不味いものを紹介したらすぐ噂が立って明日から廃業という、まさしく真剣勝負の世界です。     私たちは今回の企画にあたって、目下、4人の百戦錬磨のクルティエ達と組むことにしました。    ★M氏(58歳)・・・元有名ネゴシアンの社長。引退後、クルティエに転業。前職時代のネットワークをフル活用し、コート・ド・ニュイ全域に大きな影響力を持つ    ★B氏(54歳)・・・コート・ド・ボーヌ全域に強く、大手ネゴシアンとの取引も極めて多い。ブルゴーニュのクルティエの大ボス的存在    ★M氏(37歳)・・・ブルゴーニュ最大級のクルティエ・グループ(3人)を率いる。日々猛スピードで進む世代交代を徹底的に細かくフォローし仕事に結びつける情報王    ★F氏(38歳)・・・フランスの最大手ネット販売業者のバイヤーからクルティエに転業。ブルゴーニュ全域の新世代生産者に強く、女性醸造家達からもとても人気がある    彼らが総力を挙げて紹介してくれる掘り出し物を、日本人としてはブルゴーニュワインに最も造詣が深いと思われる仲田さんの協力も仰ぎながら、ご案内してまいります。また、ビン買い時のチェック、ラベル貼りなどもルー・デュモンで行います。 と言うことで、第一弾の中から「これ!」と言ったところを先ずはご紹介させていただきます・・・。 メゾン ルー・デュモンAOCニュイ・サン=ジョルジュ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2002 大人気,2019

メゾンルロワACブルゴーニュルージュ 2001 新作入荷,新作

●何となくリスト見ていて・・・円高の影響でお手頃?かなと、選んでみました。ルロワのACブル!ルロワのコメント、初めてなんでドキドキしています・・・。 ●到着後、すぐに段ボール開けてみると・・・う~んやけにかび臭いぞ。ケースそのものが「ブショネ」な香りです。こりゃ失敗したかな?と思いつつ、一本キャップシールを取ってみると・・・・液漏れ、と言う状態ではないのですがかなり「来ちゃっている」かな?キャップシールの裏の状態とか、ラベルの状態が良い片方で、コルクのトップはしっかり黴びているので、メゾンで保管して暫くした状態でキャップシールしたのかな?と言った案配です。 ●ま、ともかく味見。2001年にしてはしっかりとした色づき。この辺りはルロワだねと思いつつも、エッジに落ち着いた臙脂~茶色が混じっている。でも真ん中当たりの照りは充分残っている。香りは心配するブショネはなく、チェリー系の赤い果実とうっすらな紅茶系の香りが整って出てくる。クローブのような木質の香りが過ぎ去ると・・・ほんの少し、溜息にもにた終焉の予感。香りから予想すると、まさしく今がピークですね。 ●2001年、決して良い年とは言えませんので、おそらくこの年のキャラクターとしての青っぽさ=えぐみが感じられますが、ACブルでこのしっかりとした構成を残しているところはさすが「ルロワ」なんでしょうか?果実味の出ばり具合が幾分ピークを越えていて、、この辺りがヴィンテージのマイナスをカヴァーしきれていない。又、お醤油的な味わいの記憶が思い起こされつつあるところで「と言うことは」と、この後の味わいのバランスが拡散傾向にある兆しですので、すでにピークは過ぎていると感じるわけですが、抜栓後の動きを見ると少しずつでも開く、あるいは開こうとする生命力をそこはかとなく感じつつ、ただのACブル、それもネゴシアンと言えどもだてに「ルロワ」のラベル張ってる訳じゃない、といたく感心してしまうわけです。 ●よく「熟成したワインの味はどんな感じですか?」と聞かれますが、このワイン、そうした教材として持って附けじゃないでしょうか?熟成したワイン、どんな感じか試してみたいと言う時には是非どうぞ。すばらしく、古酒の味わい!と言う感じでもないので、そんなところを考慮しながらお値段も抑えてみました。そのかわりと言ってはなんですが、「ボトル差」あることはご勘弁。一級や特級の安定感は期待しちゃダメです。 ●一応これまでの戦績は3本開けて2勝1分、です。(詳しくは最初の一本が、こりゃダメだねと思っていた残り半分が2日目見事に紅茶味のみにまとまっていたので引き分け。次に開けたのはかなり全開でしっかりと健全に果実味残っていたので勝ちなんだけど、萎れるのも早くて翌日ダウン。でこの3本目・・・今のところ、まずまずの出足で勝ちパターンにかなり近い、です 2009.06.01 いのまた) メゾンルロワACブルゴーニュルージュ 2001 新作入荷,新作

ドメーヌ・ヴェロニック・ドゥ・マクマオンAOCオクセイ=デュレス2002 定番人気,送料無料

●B.G.O.と同じ2002年物です。こちらの方がよりマクマオン節効いています。何と言うか・・・アルザスのリースリング系の石油っぽさ、独特の酸化を感じさせる香りのトーン。グラスに注いだ瞬間はちょっと抵抗があるかも。なんですが、これが何となく病みつきというかそそられるんです。・・・とり急ぎ、でグラスをぐりぐりやると・・・この特徴的な香りが、崩れるというか、溶け込むというか・・・。やはり2001年よりは果実味の厚みがあります。たとえば、ビゾのビオレット。ちょっと似た感じはありますがもっとミネラル感が強く輪郭がきっぱりとしています。スタイルのブレないところはこの造り手の特徴かな?その上でしっかりと良いヴィンテージの特徴を出しています。・・・シャソルネの02オクセイと較べてみたいな・・・。 ●で、実際に較べてしまったわけですが、シャソルネの方が果実味豊かで、そのかわり瓶内で酸化した=熟成感が強い。一方、こちらのマクマオンは酸化のペースは速いけど、後から果実味が浸みだしてある意味新鮮。イメージ的にはそんな感じでどちらもそれなりにイイ感じで育ってます。・・・両方とも美味しいな・・・。「鯖の押し寿司」と「焼き鯖寿司」の違いかな?なるほどどちらが良いかというのは、たとえば合わせる料理によって異なってくる相対的な問題なんですね。イイワインを飲み比べる事、改めて勉強になります。と同時に酔いの回るのも楽しいくらいに早いです・・・(2006.11.12 いのまた) ドメーヌ・ヴェロニック・ドゥ・マクマオンAOCオクセイ=デュレス2002 定番人気,送料無料

ジャン・イヴ=ビゾボーヌ・ロマネ 「レ・ジャッセ」 2007 赤字超特価,定番

●どうも皆さんには賛同を得られないのですが、個人的にはこのジャッセが一番ビゾ的な味わいを醸しているかな?と思うのです。その心は?あるがまま! ●そのジャッセの2007年ですが・・・アルコール度数が11.5度しかいない!ドイツワインじゃ無いのだから、と言いたくもなりますね。そして色調もいつもより幾分薄い感じでしょうか?香りには幾分の還元的な状況での香りが・・・こっそりと気持ち的にはますますアンリ・ジャイエに近づいているのかな?と期待しつつ・・・飲んでみたところでは、期待通りの味わいで、ホットしています。 ●一言で括ると「水の様な」非常にさっぱりとした構成でありながら余韻がながい。チェリーの様なフランボワーズの様な、あるいはアセロラ的な果実味と酸味。軽いボディなのですがその軽さ故に味わいが大きく拡散していく。このある種の透明感ある味わいがストレートに飲む喜びにつながっていく。こう気がつくと・・・コメント書くのが辛くなります。このまま溺れていたい・・・・ ●味わいは至ってシンプルなもの。見事までに造り手の意識、あるいは誘導しようとする姿勢が感じられない。あるがまま、の存在。素材を見事なまでに「見立て」ている。このヴィンテージの他の作品をまだ飲んでいないので、これ以上の検証は難しいのですが、この一本を飲んだところでの印象は「ビゾ、また次のステージに登ったかもしれない!」ですネ。(2009.08.23 いのまた) ●一応2日目・・昨日よりもスパイス、たとえばクローブとかカルダモンなどのオリエンタルな感じ、のニュアンスが多少強くなってきたかなというところで、ヴォーヌ・ロマネ的、あるいはこのジャッシェ的味わいが強く感じられます。で、思うのは改めて、丁寧な仕事ですね。丁寧と言ってもその殆どは畑での作業と、重視すべき点は選果、ですね。バーガウンド.comにも書いてあったのですがこの年は基本的には「難しい年」。ブドウの成熟が房によってかなりばらつきがあったようです。そこで選果の段階で、過熟気味のもの、熟し切れないもの、を選り分けバランスの良いブドウだけを仕込みに廻した結果のようです。色が薄いからと言って侮れない、飲み頃はやはりまだまだ先のようです。(2009.08.24 いのまた) ジャン・イヴ=ビゾボーヌ・ロマネ 「レ・ジャッセ」 2007 赤字超特価,定番

ドメーヌ・シャソルネサン=ロマン ブラン スー・ラ・シャトー 2004マグナム・ボトル 1500ml 人気定番,高品質

●2004年はとてもシャルドネの出来が良かった!と言うことで「スー・ラ・シャトー」の畑の物だけを、マグナムだけで仕立てました。(左写真、手前の一本がそれです)。つい先日空けたノーマルのサン・ロマンブランが、おそらくこれまで最高のサンロマン・ブランと感じましたので、これはもっとスゴイのかな?如何せんマグナム一人で試飲できないので・・・・。 ドメーヌ・シャソルネサン=ロマン ブラン スー・ラ・シャトー 2004マグナム・ボトル 1500ml 人気定番,高品質

メゾン ルー・デュモンAOCシャンボールミュジニィ 2002 大人気,低価

●ブドウの平均樹齢は30年、45hl/haほどの収量です。やはりステンレスタンクで発酵後、新樽10%、残りを1年樽(70%はクロ・ド・タールのもの)で20ヶ月熟成させています。生産本数1115本 ●2001年の「こってり」とした甘さ、華やかさははありませんが、ポテンシャル高いですね。2001年はすぐ飲んで美味しい、というところですが2002年は「ちょっと待って、あと1年か2年」。しっかりとした輪郭と力の入った果実味が端的に表現されています。言葉を返すと、まだ落ち着くところに落ち着いていない、添え故あともう少し待ってほしいワインです。 ●シャンボールの名をなさしめるトップ・ドメーヌのモノと比較するとやはり、一、二歩譲るのは致し方無いところですが、清純な赤い果実、黒い果実のエッセンス。ミネラルを豊かに含んだはっきりとした輪郭と骨組み。シャンボールの、そしてピノ・ノワールの純粋さを感じさせてくれる一本です。(2004.10.15 いのまた) ここ数年のブルゴーニュのワインビジネスシーンを象徴するかのように・・・、2000年7月7日に結成された新しいネゴシアンです。ネゴシアンの設立には日本人の仲田晃司氏が深く関わり、2003年5月に本拠地をジュブレ・シャンベルタンに移すと同時に同社の代表取締役に就任しています。 仲田氏は1995年に渡仏、フランス各地のワイン生産者の元で醸造を学び、1999年にはボーヌのワイン学校で学位を取得。モメサン社ほかネゴシアン数社を経て、1999年から委託生産や瓶買いを始め、2000年にヌイ・サン=ジョルジュにルー・デュモンを設立し醸造家としてワイン生産に従事してきました。 メゾンの名前は、仲田夫妻が洗礼式の代親となった女の子「Louちゃん」と、仲田氏の生まれ故郷岡山県の高梁にある町のシンボルの「お山」をイメージした物。そしてラベルには、心の中に常に故郷を思う日本人でるあること、と同時に醸造家としての「自然と人に対する真摯な尊敬の念」を込め「天・地・人」の3文字が描かれています。さらには、これらのアイデンティティーをより強く打ち出すことの意思の表れとして、斬新な色遣いのものとなりました。(このラベルは2003年半ばからの出荷分に使われています。キャップシールに描かれたグラスのようなメゾンの頭文字LとDをデザインした「模様」は、仲田さんの奥さんがデザインしているとの噂です。) ・・・・リアルワインガイド第4号の「気になるワイン特集」で紹介されalar的にも気になるワインに・・・再びリアルワインガイド第6号のテイスティングレビューに2001年ヴィンテージが登場、ということで「気になり度」がかなり上昇。何とかインポータさんにコネをつけて、まずはalarが試してみる分+α程度で2001年に挑戦。ACブルからグランクリュまで一気に試飲してみました。結果は・・・・・「旧来のネゴシアン・ワインの品質と比較し何ら遜色なく、先行する注目の新進ネゴシアン系ワインとも一線を画すかのような酒質のユニークさの発露に、心より賞賛を送りたい!ただし、2001年というヴィンテージ故(だと思う。思いたい。)のアフターの短さ、グラスにして放置した後のへたりの早さには、やや物足りなさを感じる(コルトンはのぞいてね)。」ってところでしょうか。またあえて言うなら「まだまだ個性的とは言い切れない、ネゴシアン・ワインとしての限界を感じつつも、それぞれに素直に育てられたワインのセレクションという視点では大いに共感できるところがあり、ネゴシアン設立というすばらしい「偉業」を成し遂げた事をたたえると同時に、今後もしっかりと応援していきたいメゾンであることは、間違いない」 やや日本人びいきののところもあって、厳し目に評価ししつつ、しっかりと声援を送りたいと思った2001年ですが、最新の2002年は・・・・ひいき目無しにすばらしいでき!せひお試し頂きたい作り手です。・・・暫くルー・デュモンご無沙汰しておりました。訳はいろいろなんですが・・・先日当店に仲田さんがお見えになったときに2002年のジュブレ・シャンベルタン開けたのですが、幾分年を経ていい感じにまとまっていました。また、先日とあるワイン会で仲田さんのセレクションしたシャンベルタン1990飲む機会がありました、これまた落ち着いた味わい。・・・ここしばらくのうちに仲田さんのセレクションというか目指す方向がはっきりとしてきた印象を受けています。と言うことでalarのリストにも復活、です。復活第一弾はインポーター、ヌーヴェル・セレクションと仲田さんのルー・デュモン、そして現地で確約するクルティエとの「コラボ」によるクルティエ・セレクション・・・・・・先ずはインポーターさんのコメントを、です。    「このたび私たちは、自社企画、ルー・デュモン社全面協力によってお届けするブルゴーニュの新ブランド「クルティエ・セレクション」の発売を開始するはこびとなりました。このセレクションは、ブルゴーニュの有力クルティエ達とタイアップし、彼らが見つけてくるコストパフォーマンスの極めて高いワインを“シュル・ピル”(ラベルを貼らないビン販売)によって買い付け、共通ラベルを貼ってお届けするものです。    クルティエとは、フランスのあらゆるワイン産地で活躍するワイン仲介業者で、ほとんどは一匹狼の仕事師です。ブルゴーニュには公式登録者で約70人おり、それぞれの“縄張り”におけるあらゆるぶどう栽培家やドメーヌを熟知した上で、生産者からネゴシアンへのぶどう・果汁・樽・ビンでの販売の仲介をしています。腕一本で勝負する彼らの世界は浮き沈みも非常に激しく、一度でも不味いものを紹介したらすぐ噂が立って明日から廃業という、まさしく真剣勝負の世界です。     私たちは今回の企画にあたって、目下、4人の百戦錬磨のクルティエ達と組むことにしました。    ★M氏(58歳)・・・元有名ネゴシアンの社長。引退後、クルティエに転業。前職時代のネットワークをフル活用し、コート・ド・ニュイ全域に大きな影響力を持つ    ★B氏(54歳)・・・コート・ド・ボーヌ全域に強く、大手ネゴシアンとの取引も極めて多い。ブルゴーニュのクルティエの大ボス的存在    ★M氏(37歳)・・・ブルゴーニュ最大級のクルティエ・グループ(3人)を率いる。日々猛スピードで進む世代交代を徹底的に細かくフォローし仕事に結びつける情報王    ★F氏(38歳)・・・フランスの最大手ネット販売業者のバイヤーからクルティエに転業。ブルゴーニュ全域の新世代生産者に強く、女性醸造家達からもとても人気がある    彼らが総力を挙げて紹介してくれる掘り出し物を、日本人としてはブルゴーニュワインに最も造詣が深いと思われる仲田さんの協力も仰ぎながら、ご案内してまいります。また、ビン買い時のチェック、ラベル貼りなどもルー・デュモンで行います。 と言うことで、第一弾の中から「これ!」と言ったところを先ずはご紹介させていただきます・・・。 メゾン ルー・デュモンAOCシャンボールミュジニィ 2002 大人気,低価

ローランルーミエオートコートドニュイ 2009 大得価,2019

●香り自体には幾分まだ還元的なニュアンスを残しながら、チェリーや木イチゴの香り。赤い果実中心に少し青っぽい色の果実の香りも感じられる。軽めのヴァニラ、あるいはオークのニュアンスに伴って南方のハーブのベール。小さいまとまりながらも、無駄のない精錬された香り。やや太めのボディ、程よく鞣され暖かさを感じるグリップ。例によって、ながら軽めのお焦げ的な味わいの向こうから、幾分乾燥した凝縮感のある赤い果実味。そう長くはないけれどまとまりあるバランスを感じさせる落ち着いたフィニッシュ。 ●ま、いつも通りのこのオート・コート・ド・ニュイですが、例年の印象から較べると、僅かに軽くその分伸びやかな印象かな?実は少し冷やしてと思っていたのですが、あまり時間もなくてただいまの液温17度ぐらい。でもワイン自体がよりクリアーに仕上がってイルので、このくらいが丁度良い。最初に還元的な香りがあって、飲んだ印象も先に渋さが出ていたので、充分に果実味が開いていませんが・・・クラスとしては非常にバランスの取れた良いワインかな?と。3年ほど置いておけばまずまず飲み頃スタート、でしょうか?少し樽の焼き方(あるいはその比率)を変えたのかな?2006年の良かったところが、そのままこの2007年も引き継がれている感じがします。印象としてはやはり「クリーンな」なのですが、造り手の方向性としては「タイトな」ところを狙っているんでしょうかね?いずれにしろ暫くそっとしておいて・・・一皮剥けるの待ちましょう(2009.08.28 いのまた)    2006年物のコメントです ●2006年物入荷しました。・・・2006年、安心感のあるうっすらとした色合いです。いつもより赤い色調がハッキリとでている感じがします。香りには柔らかなチェリーの果実味。レッドカラント系のニュアンスも強くでています。そして・・フローラルな香りに優しいハーブ系の色づき。柘植とかの木質のニュアンスも見られます。味わいもなかなかに素直な伸びを見せている。幾分タンニンがまだ張っていますが、その下からの赤い果実味がしっかりとでています。 ●ここ数年のこのワインで感じていた、少しばかし茎っぽい感触。これがチョイとばかし裏通り的な野暮ったさと同時に、裏通り的なご近所感覚を醸していたのですが、この2006年に関しては非常にクリアーな纏まりを見せています。そしてその纏まりから2005年以上の凝縮感、集中力。芯がはっきりとしているので、後々の可能性もいつもよりあるのかな。2005年よりも伸びシロを感じますね。 ●酸のノリも、鼻の頭に汗かくくらいに充分。非常に整ったバランスを見せています。何となく作りの上では踏ん切りが付いたのかな?迷い無くしっかりとした味わいはいままでにはない好印象。12.5度というこの年らしい軽さも手伝って、気を許すとスルスルと喉を潤してくれます。これまでよりも何となく、一歩進化したローラン・ルーミエを見た感じがしますね。これからますます楽しみな造り手です。(2008.06.19 いのまた) ●「2004年物です。試飲完了まで2003年のコメントを↓」と言っているうちに2005年が入ってきました・・・・・やっぱり侮れんな~。香りの処から「きた~っ」て感じですね。抜栓直後、ちょっと中盤弱いのですが、それ以後の旨味はのびるな~。この年は酸もたっぷりなので、もう少し、2年ぐらいおいて丁度ボチボチと美味しくなるでしょうね。同じ時期に入荷した、新人オーレリアン・ヴェルデと較べると、こちらの方がぐっと軽やか。おそらく収量はこちらの方が多い、ですがこの軽やかさが良い感じ。濃縮感というのはありませんが、上手い味わいにしっかりと落とし込んでいます。明るいな・・・。 ●何となく軽めのシャンボール・ミュジニ風。緩やかな丘の上をはしゃぎ回る風達のよう・・・。例年、このオート・コート・ド・ニュイ、キュッと締まった味わいが魅力ですが、この2005年、それに磨きが掛かっています。「おっちゃん、カシラ3本、塩でね!」と。(2007.07.25 いのまた)       L・ルーミエのオート・コート・ド・ニュイ、いつも一番侮れません    ●取り急ぎ試飲してみました。幾分色調に黒い果実が感じられます。香りは・・・甘いです。赤いラズベリー系に幾分乗りかかるようなカシスの風味。これに加えてカラメルっぽい甘さが漂っています。やはり酸は低めなのかな?時間と供に甘さは落ち着き幾分スパイスのニュアンスも出てきます。それほど低く抑えた収量(45hl/haほど)ではありませんが、アペラシオンを反映した、きりっとしたワインとの雰囲気ですね。やはり暑さを反映しているのでしょうか? ●グラスに入れて静かに15分ほど。もうそろそろ良い頃合いでしょう。想像していたよりもかなりドライですっきりとまとまっています。静止状態でのスタートですので果実味が立っていないのかな?酸も期待以上にしっかりとしてバランス的には良いのですが、まだ十分に「当たり」が出ていません。アフターに感じるタンニンに支えれたミディアムクラスのボディや、うっすらと乗った旨味の確かさ。ふっと横切るヴァニラのニュアンス。伸びる要素は十分あります。標高が高いだけあって結果的に良いワインになりましたね。もう半年ぐらい寝かせて果実味が安定して開き始めたところを楽しむか?2~3年おいて果実が枯れ始め旨味たっぷりとなったところを楽しむか?楽しく思い悩ませてくれそうな予感がします。(2005.08.10 いのまた) ●結論から言っちゃうと、やっぱり2003年難しいです。今朝方ちょいと味見してみましたが、フムフムという良い感じ。果実味も幾分乗ってきたかな問うところですが、夜になって試飲してみると・・・アタックの強さだけが印象に残ります。果てさてどうしよう?昨晩はポテンシャルを感じつつまずはこのアペラシオンとしては当たりのワイン、と思いましたが・・・もう暫く、長い目で見ていきましょう。(2005.08.11 いのまた)   おまけで、2002年のコメントと新井順子さんのコメントを付けておきます。 ●2001年をのんだとき「やっぱりルーミエ系はシャンボール」などと言っていたので、このコート・ド・ニュイ、のんでなかったんですけど、改めて2002年のんでみるとおいしいですね。最初に旨味に似た味わいが「じゅじゅっ」と来て、一拍置いて果実味が「じわーッ」と来ます。そして「ほぁ~」としたタンニンが横切り、「じゅん」とくる柔らかな酸でフィニッシュまとめています。決して大袈裟なワインではありませんが、優しさと力強さ・・・。程々に、いいワインです。 ●どちらかというと食事の引き立て役かな?お相手はオージー・ビーフ。厚めに捌いて、じょわ~とくる赤身のステーキ的美味しさに合いそうです。・・・時間と共にドライなハーブのニュアンスが強くなってきます。梅紫蘇系の味わいは、最近の流行なのかな?こうなるとお肉にも気持、お醤油欲しくなります。大根おろしやアサツキいっぱい掛けてね。そうそう、お醤油はできればだし醤油が良いと思います。(2004.06.18 いのまた) ●おおよそ2日目、多少果実味がしぼんでいますが、これがまた、なめし革やタバコの葉、柔らかなスパイスのニュアンスと混じり合ってイイ感じです。でもポテンシャルから行くとやっぱり1日目の方が良いかな?この辺りは皆さんにお任せです。 2001年ヴィンテージの新井さんのコメントです。 コート・ド・ニュイの西側の350mと標高の高い斜面に畑が広がる2haの畑は傾斜の畑なので、通常のブルゴーニュの畑は10000本/haという樹を3300本/haという少ない本数で、かつ両方に枝を伸ばし(ダブル・ギヨ)6~15芽残した仕立てです。少しずつ理想的な畑作りを目指す為、1976年、1980年、1990年、2000年と植樹を増やし今の畑となりました。その中でも良い葡萄を選択して醸造したので、とても地区名のAocとは思えない、コストパフォーマンスの良いワインです。 新樽5%、残りは古い樽で15~18ヶ月熟成。収量は45hl/ha、2001年は軽くフィルター作業を行いました。シャンボール・ミュジニイとは全くタイプの異なる、アタックの強いしっかりとしたピノの個性を前面に出した味わいです。 ローランルーミエオートコートドニュイ 2009 大得価,2019

ジャン・フォイヤールモルゴン コート・ド・ピュイ 2006 2019,100%新品

●同じモルゴンでも、コート・ド・ピュイからは2~3km離れた区画の物となります。その為、微気候も幾分異なり、土壌も石灰質が多いためピュイとはまた違ったしなやかさを持っています。 ジャン・フォイヤールモルゴン コート・ド・ピュイ 2006 2019,100%新品

プリューレ・ロックヴォーヌ・ロマネ レ・オート・メズィエール 2005 限定セール,セール

●こちらも畑情報・・・AOCヴォーヌ・ロマネとなるレ・オート・メジエールは1966年~67年に植え替えをされた0.63haの畑(1988年ドメーヌ設立当時より保有)。ヴォーヌとヴージョの間にあり、スショのふもとに位置する畑。この畑は典型的に熟成向きなクラシックなワインを生み出す。 アンリ・ルロワの孫であり、DRCの協同経営者の一人としても有名な、アンリ・フレデリック・ロック氏の送り出すワインです。ロック氏は古文書を研究し700年以上前にシトー派の修道士が行っていたブドウ栽培・醸造方法を復活させ、今ではビオ系ワインの代表格の1人となっています。ロック氏曰く、これは「微生物を活性化させることにより肥沃な土壌を維持し、宇宙の摂理との調和を目指した栽培方法だ」と言っています。また、ラベルに描かれている独特のロゴはエジプトのある古文書に由来しています。左側にある緑色の包丁を立てたような模様はブドウの木、下に描かれている3つの赤い丸はブドウの実、右上の黄色い楕円は神、その下の黄色い楕円は人を表しているといいます。自然(神)と人間の両方の力によってワインを作り出すというロック氏の考えがうかがえます。プリューレ・ロック2006年物がぼちぼちと入荷し始めました。プリューレ・ロックからの2006年情報です。    「2006年の収穫は9月25日から10月3日まで行われました。収穫の間天気はとても良く、気温は12℃から、最も暑い日には23℃まで上がりました。収穫最終日には少量の雨が降りました。この年は開花が早く、ぶどう果は均質に成熟しました。クロ・ド・ベーズだけは7月26日に降った軽い雹により、一時的にぶどう樹の成長過程が妨げられ、成熟に若干の乱れが生じました。    「ポンプの使用は、ワインを極力変調させないように極めて最小限まで減らし、各ワインにつき1度だけ(圧搾機から出すとき)としました。発酵中のルモンタージュはポンプを使わないで行ったということです。瓶詰め前のスーティラージュをするのにはとても時間がかかりました。わたしたちがそれを終えたのはなんと2008年の収穫中でした!! 実際、ワインはノンコラージュ、ノンフィルターなので、「スーティラージュの窓」つまり高い気圧の訪れを長い間待ちました。    「2006年ヴィンテージは、すばらしく長熟するワインの2005年のような非常に美しい構成力と、いますぐに飲むことができる2001年のような素晴らしいフィネスを、ともに持ち合わせていることが特徴です。 プリューレ・ロックヴォーヌ・ロマネ レ・オート・メズィエール 2005 限定セール,セール

ジャン・マルク・ミヨACブルゴーニュ ルージュ 2006 豊富な,大人気

●いつになく薄い色あいのミヨです。・・・モカ系の香りも何となく軽い。で飲んでみるとかなりの度合いで果実系。タンニンの感触がハッキリとしつつも薄いんですね、とっても。酸も豊かですが丸くて柔らかい。・・・・ちょうど2004年のバーガウンド.comのコメントに近いモノがあるな。 ●キーワードは「チャーミング」と言っても決して軽さだけではない。容姿のかわいさと共に内面のクレバーなところが感じられます。このクラスにありがちな妙なスキがないんですね、・・・で、改めて、ミヨ、どんな人が造っているんだろう?バーガウンド.comを覗いていました・・・。 ●このACブルゴーニュのコメントは載っていないのですが・・・2006年ミヨ全体のコメントです。    「The very modest Jean-Marc Millot told me that in 2006, he began "harvesting the 22nd of September. There was a lot of sorting work to do, both for damaged but also under ripe berries. Sugars were good though at between 12.1 and 12.8% and I essentially did not chaptalize as I generally don't like 13+% wines. Yields were about the same as in 2005, which is to say low and acidities were excellent. I gave the fermentations a 4 to 5 day cool maceration and the total cuvaison lasted around 12 days, depending on the wine. I punched down once, or sometimes twice, a day and the rest was just pumping over. I like the '06s and while they won't make people forget the '05s, it's an extremely pretty vintage." Note that while I included the in-bottle notes for the '05s in Issue 26 due to a scheduling problem, I have repeated them here for the convenience of readers. Lastly, the 2006 Bourgogne and the villages level wines from Savigny and Vosne are not listed because they were so heavily reduced as to be impossible to accurately assess. 」 ●なるほど、スケジュールの都合で試飲したACブルゴーニュと村名クラスは還元状態が強くて評価できる状態に無かったのか・・・と思いつつ、今飲んでいるボトルには全くそのようなそぶりが見られない。ワンテンポ遅れて出てくる「樽っぽさ」は何となくミヨです。でもこの2006年、ここ数年のブルゴーニュのトレンドをおさえたきれい系。トレンドと言うよりもやはりこのスタイルが本来のブルゴーニュの味わいなんでしょうね。ワインの評価としては「今飲んでオイシイ」。勿論可能性もありますが、この瑞々しさが少し柔らかくなってきた、2009年秋からが飲み頃かな?ここはあまり欲張らずに「走り」から「旬」の味わいを楽しみましょう。(2008.06.22 いのまた) ジャン・マルク・ミヨACブルゴーニュ ルージュ 2006 豊富な,大人気

フィリップジャンボンVdF バタイユシュールラロッシュノワール 2008 2009 爆買い,限定セール

●収穫量が激減した08年と09年。その特徴も異なる2つのヴィンテージの複数の区画をブレンドし、量的な問題をとワインの味わいのバランスを整えるために生まれた特別なキュヴェです。その名前の通り、ジャンボンの所有するバタイユとロッシュ ノワールという区画のワインがブレンドされており、08年のバタイユ、08年のロッシュ ノワール、09年のロッシュ ノワールのブレンドで造られています。 ●このワイン、最初に目を引くのは子供が描いたようなデザインのエチケット。ブレンドされている区画のひとつバタイユは、フランス語で「バトル、戦い」という意味で、もう一つの区画であるロッシュ ノワールは「黒い岩」。黒い岩の畑の上で剣道家(侍?)が戦う姿というある意味で名前そのままのデザインです。またこの剣道家にも実はモデルとなる人物がいて、フィリップ ジャンボンをはじめフランス中の自然派ワインの生産者を日本に紹介しているワインエージェントの方々が実際に剣道家であり、彼らをモチーフに採用したのだと言います。 ●この特別な背景で生まれたバタイユ シュール ラ ロッシュ ノワールは、すでにガメイの概念を超えた繊細な表現力を備えており、「静」の08年、「動」の09年という対照的なヴィンテージの特徴が調和し、優しさの中にも奥行きのある果実の味わいを楽しむ事ができます。 ●2013年2月、フランスはソミュール郊外のシャトー・ブレゼの地下深くで行われた・・・怪しい集会・・ではなくて・・・ディー・ブティーユはフランスのナチュラルワイン生産者のサロンです。フィリップ・ジャンボン・・・毎年会ってるし、当日日本に帰る飛行機の時間がないのでそろそろお暇、一応挨拶だけでとフィリップのいるブースにいったところ・・・見事捕まりました!そこで「これ飲んで行け!」と言われたのがこちらの「バタイユ・シュール・ラ・ロッシュノワール」・・・・・実際「トレ・ボン」だったのでトレ・ボン!と言ったら、そこからの解説が・・・長い(^_^;)。あまり言葉も上手く通じないのでしっかりと図解してくれて・・・日本への入荷首を長くして待っていました・・・フィリップ、その節はありがとね・・・ ●フィリップのワイン、ポテンシャルという点ではボージョレでも1、2を争う作り手と確信していますが、その実力というか魅力が発揮されるまでは紆余曲折が余りにも多過ぎる事が難点でした・・、がこのキュヴェに関してはその辺りの紆余曲折がかなり省略出来ている(無いと言えないところが少々辛い)と思われます。尤も、2008年と2009年のブレンドと言う事でジャンボンのところでしっかりと寝ているわけで、ここまでリリースを引っ張ると言うか「ある日ある時までに決まった味のワインなどできない」というまさしくフィリップ・ジャンボンの真骨頂が発揮されたワインだと思います。それでもそこが最終地点でなくてさらにワインは成長しそうな予感・・・。 フィリップジャンボンVdF バタイユシュールラロッシュノワール 2008 2009 爆買い,限定セール

ジャン=クロテ G.F.A Les Genevraysサヴィニレボーヌ レプランショ 2006 人気定番,2019

●サヴィニでこのお値段でホント申し訳ないくらいです。このままコメントもせずにと言うのは、さらに申し訳ないので飲んでみました。すっごくイイです!2005年でなんとなく復活したかな?というエマニエル・ルジェ待望の2006年物、と言っても良いんじゃないでしょうか、このワイン。実際にかなり良いときのルジェらしい美味しさ、期待以上に詰まっていました・・・・・。(ルジェのドメーヌ名で出しているサヴィニ・レ・ボーヌ、おそらく同じ畑のブドウからかと。対価を現物のワインでもらう、と言う感じでしょうか?) ●ホント開けたて、この香りは還元的な金属的香りか、サヴィニらしいという感じの少し土っぽいミネラルか・・・結果的に金属的な感じはほんの僅かな間に消え失せ、残りはやっぱりサヴィニ節。香りも緩やかに開き気味なところに引かれます。そして何よりも甘い!味わいも香りと同様果実味に樽の甘さが溶け込んでいます。このあたりの中盤の展開は実にお見事、おそらくブラインドならばヴォーヌ・ロマネとか言っちゃいそう。同じ球体でも、なんとなく綿を強く丸めたような中心を感じるのはやはりコート・ド・ボーヌ系ですがアルコール感の強さ、ある意味リキュール的なニュアンスが強くでているところは実にルジェのドメーヌ物、に似ています。アフターからフィニッシュは実に長く、ここでフレッシュな果実味をジンワリと感じさせてくれますね。・・・まだまだ先は長いぞ~。 ●ちなみにプランショはサヴィニでも一番フラットな所にある畑、です。と振りつつ2日目。ヴォーヌ・ロマネらしさは影を潜めつつ、もキレイな酸としっかりとした骨格が残っています。しっかりとしたフィネスを感じつつ後味の鉄っぽいミネラル感がサヴィニ的。こうなるとルイ・シュニュとかのサヴィニとの共通性が感じられます。でも1日目の甘さの乗ったバランスの良さはルジェ的だったな・・・。と言うことでほんの少しだけの2日目でした。(2009.01.30 いのまた) ジャン=クロテ G.F.A Les Genevraysサヴィニレボーヌ レプランショ 2006 人気定番,2019

オリヴィエジュアンACブルゴーニュ ルージュ 2009 激安大特価,お買い得

●AOCモレ・サン=ドニに地続きで接するACブルゴーニュ区画(レ・シャン・ド・ラ・ヴィーニュ、レ・クレ・ギヨン)60%、アルスナン村のオート・コート・ド・ニュイ区画40%のブレンドで合計0.2ha分(平均樹齢30年)が85%。15%は、AOCモレ・サン=ドニのレ・クレ・ギヨンの樹齢10年以下のぶどうをブレンドしています。(ちなみに将来樹齢が上がった暁には、このレ・クレ・ギヨンは畑名付き単独キュヴェとして発売される予定です。)   以下2004年物についてのコメントです。 ●全部で8.5ha所有する畑のうち、ACブル用は0.2ha!しぶいです。平均樹齢は30年。・・・・初めての作り手さんなので、それほど仕入れいはしなかったのですが、これがまたなかなか良いです。しっとりとミネラル感の漂うまっとうな自然派ブル。04らしく少し若苦さを感じもしますが、まずまずと言った感じ。少し様子を見てみようと思っていましたが・・・・。 ●リアルワインガイドの表紙にここの「オート・コート・ド・ニュイ」が登場しました・・・もっと入れておけばよかった・・・。(と書いているのでおそらく2006.06頃 いのまた)で、そろそろ2005年も入荷!の噂もありますが、再び入れてみました・・・やはり上のコメントで感じた若苦さ、しっかりとしてほどよい「苦さ」になっています。全体に数段落ち着きましたね・・・。(2007.03.30 いのまた) オリビエ・ジュアンさんです。とあるワインバーではニッポンのワインや、イタリアのワインに感心を持って飲んでました。 オリヴィエジュアンACブルゴーニュ ルージュ 2009 激安大特価,お買い得

レファヴレールACブルゴーニュ ルージュ レネドミューズ 2006 お得,新作

2008年11月20日よりの出荷となります。 ●結構好きですね・・・レ・ファヴレール。2006年物入荷しました。左の写真のラベルは05のままですが、一応2006年飲んでみました・・・(ミューズというのは飼っている犬の名前のようです。が、よくよくラベルのイラストに描かれている葡萄・・・葉っぱが無花果みたいな処が(他にもいろいろあるけれど)チョット気になります・・・ま、どうでも良いけど) ●この2005年物が幾つかのブログで「ボージョレ的」「ガメイ的」となっていたのですが・・・よくよく読むと下のalarの2005年物のコメントにも・・・書いてありましたね・・。で、2006年物はどうだかなと。・・・05よりは幾分酸の乗りが良さそうな・・フランボワーズ×イチゴ的な香りというか、その中にビオ的な還元臭的な処もあるけれど、これはどちらかというとフェノレの香りかな?ちょっといたずらな酵母の仲間が活躍しちゃった痕跡、を感じます。このフェノレ的なニュアンスと酢酸イソアミルな香りが=ボージョレに似ている、と言うことでしょうか?ま、これを欠点と捉えるか、あばたもえくぼと捉えるか・・・。個人的には、丁寧さ故に果実味が詰まっている処、幾分プレスがきつそうだけど、どこか暖かみもあって、愛情こもった感じは好きなのですけど。ちょっとボトルを振りたくなりますね・・・。(上の方の生産者の紹介ではこのあたりが非常にクリーンとなっていますが、alar的には少し作りもビオ?していると思います。) ●香り、味わいに欠点かも、と思われる微妙なさじ加減がアフターの重要なポイントを占めています。いわゆる旨味につながる部分ですね。この2006年はこのあたりが結構整理されてきているので、2005年を乗り越えているんじゃないかな?何となく、しっかりと蒸し上げたシュウマイ(崎●軒のじゃなくて)とか焼き餃子などに合わせると意外な美味しさが・・ですね。フレンチなら自家製パテ。少しレバーとか入れてこくを出しつつ、冷たいままでなくて軽く暖めていただけるとかなりウレシイ・・・レバーで思い出したのですが、アフターのチョット鉄っぽい感じはやはり還元的なコンディションなのでしょうかね?・・・ライトな存在ながらも、ライトな味わいのジビエなどにも合うのでしょうかね・・・。ぁ~、思い出したこの味わい・・・スッポン鍋だ・・・(2008.08.26 いのまた) ●このレネ・ド・ミューズはこの↑50hl(5000l)の樽で発酵させ、一度澱引きしたものを再びこの樽に戻して熟成させています。●2004年物は飲んでみる前になくなってしまいました・・・なくなる前に2005年は試してみよう、と。トップには佐久間ドロップ、イチゴとオレンジと・・・と言う様なピュアな果物系の甘さを感じます。甘酸っぱい、とでも言うのかな?チェリーのような、ザクロのような、スモモのような・・・。で、早速なのですが・・・あれ?幾分還元しているのかな?微妙なガスっぽさ・・・たとえばボージョレ・ヌーボーのような・・・を感じるのはalarだけ?で、ちょっとボトルごと振ってみました・・。あまり、変わらないな・・・ ●いずれにしろ、ワイルド&プリティーな果実味がかなり好きですね。で、幾分造りも繊細なのかな?ちょっと疲れを感じますがこれもあと1~2ヶ月で落ち着くでしょう。それからがスタート。ブルゴーニュでも北の方なので中盤も軽いのですが、この軽さが嵌るところに嵌るとおいしいかも。何となく鹿肉のカルパチョという感じですが、サラミソーセージ(ハムぐらいに太めで柔らかいヤツ)なぞをツマミにというのが相そうな・・・付け合わせは水菜かな?で、グラスに放っておくとかなり厚みも出てきますので薄めさっぱりのピザ、マルゲリータなども良さそうなのですが・・・う~ん、あえてワインが主張することもなくなので、何でも合いそうと言うことか?(2007.04.18 いのまた) ●↑なんてことを書いておいて、帰り際。ちょこっと飲んでみましたが、だいぶ開いてきた様子。抜栓して約2時間ぐらいかな?全体的に甘味も増して、果実味も幾分熟した感じが良くでてきました。バランスも整っておいしくなっています。こりゃ、今日の持ち込みはこっちにしよう・・・・。と言うことで、お土産でぶら下げていきました・・・・で、改めて飲んでみると、鳥と大葉の唐揚げに梅肉付けて、と言うのが良さそうなところに落ち着きました。 ●ワインの名前「レ・ネ・ド・ミューズ」ギリシア神話の詩の女神、ミューズの鼻、と言う意味です。 レファヴレールACブルゴーニュ ルージュ レネドミューズ 2006 お得,新作

フレデリックコサールACブルゴーニュ ブラン ビゴ 2011 お得,限定SALE

●インポーターさんからのコメント、です。  「リンゴの蜜、グレープフルーツ、レモンタルト、ミネラルの香り。口当たりピュアで柔らかい果実の中にも清涼感があり、細く繊細な酸と横に広がる旨味と溶け込んだミネラルが絶妙なバランスを保つ!ビゴットとは「信心に凝り固まった人」という意味。畑は1.9haで、ヴォルネイとポマール近辺とオート・コート・ド・ボーヌのPuits de chauxという区画のブドウが主、平均樹齢は51年。収穫日は2011年8月29日、9月1日。収量は45hl/ha!発酵は自然酵母で6~10ヶ月。新樽は30%、残りの70%は2~3年樽(10hlの大樽を含む)を使用!マリアージュのオススメはホタテとアスパラのテリーヌ、 舌平目のムニエル。あるいはスモークサーモンとウイキョウのサラダなど。」 ●ま、このビゴとサン・ロマン並べて出すとこちらのビゴの方が上のクラスと思われることたびたびなんですよ・・と経験的に思いつつ、改めてなるほどそうだよね、と思う今日この頃です。あれっ?って感じの厚みがあるんですよね。なのでちょっと繊細な「走りの筍」とかだと筍が負けてしまうんです。いきなり「豚ロースの~」に行ってしまうのですね。ま、実にフレンドリーなブルゴーニュ・ブラン。それでいて、この2011年はオシャレです。本能に引かれつつtも理性を保ちつつ・・ ●このキラキラした感じがこのワインの個性かな?夏の海の照り返しの様でもあり、秋の木漏れ日のようでもあり、クリスマスのイルミネーションの様でもあり、春は・・・春は、菜の花畑!そんなワインでした(2013.05.16 いのまた) フレデリックコサールACブルゴーニュ ブラン ビゴ 2011 お得,限定SALE

プリューレ・ロックヴォーヌ・ロマネ レ・クルー 2005 送料無料,豊富な

●畑の説明です・・・「ヴォーヌ・ロマネ、レ・クルはAOCヴォーヌ・ロマネとなり、ル・プレ・ド・ラ・フォリという区画とラ・コロンビエールという区画(共に村と国道の間にある)のブドウを使ったキュヴェです。香りの印象は赤い果実やスーボワ、スパイス、フローラルなど。よく溶け込んだタンニンがアロマと調和しています。」・・・コロンビエール、ってコント・リジェ・ベレールも持ってましたよね・・・。 アンリ・ルロワの孫であり、DRCの協同経営者の一人としても有名な、アンリ・フレデリック・ロック氏の送り出すワインです。ロック氏は古文書を研究し700年以上前にシトー派の修道士が行っていたブドウ栽培・醸造方法を復活させ、今ではビオ系ワインの代表格の1人となっています。ロック氏曰く、これは「微生物を活性化させることにより肥沃な土壌を維持し、宇宙の摂理との調和を目指した栽培方法だ」と言っています。また、ラベルに描かれている独特のロゴはエジプトのある古文書に由来しています。左側にある緑色の包丁を立てたような模様はブドウの木、下に描かれている3つの赤い丸はブドウの実、右上の黄色い楕円は神、その下の黄色い楕円は人を表しているといいます。自然(神)と人間の両方の力によってワインを作り出すというロック氏の考えがうかがえます。プリューレ・ロック2006年物がぼちぼちと入荷し始めました。プリューレ・ロックからの2006年情報です。    「2006年の収穫は9月25日から10月3日まで行われました。収穫の間天気はとても良く、気温は12℃から、最も暑い日には23℃まで上がりました。収穫最終日には少量の雨が降りました。この年は開花が早く、ぶどう果は均質に成熟しました。クロ・ド・ベーズだけは7月26日に降った軽い雹により、一時的にぶどう樹の成長過程が妨げられ、成熟に若干の乱れが生じました。    「ポンプの使用は、ワインを極力変調させないように極めて最小限まで減らし、各ワインにつき1度だけ(圧搾機から出すとき)としました。発酵中のルモンタージュはポンプを使わないで行ったということです。瓶詰め前のスーティラージュをするのにはとても時間がかかりました。わたしたちがそれを終えたのはなんと2008年の収穫中でした!! 実際、ワインはノンコラージュ、ノンフィルターなので、「スーティラージュの窓」つまり高い気圧の訪れを長い間待ちました。    「2006年ヴィンテージは、すばらしく長熟するワインの2005年のような非常に美しい構成力と、いますぐに飲むことができる2001年のような素晴らしいフィネスを、ともに持ち合わせていることが特徴です。 プリューレ・ロックヴォーヌ・ロマネ レ・クルー 2005 送料無料,豊富な

ジャン=ジャック・モレルサン=トーバン 2005 超激得

●サン=トーバン、コート・ド・ボーヌの中でもモンテリ以上にマイナーなアペラシオン!ピュリニとシャサーニュの境の沿いを一山越えて行ったところにあります。相対的にピュリニ辺りよりも標高が高いんですね。 ●で、2004年は一級のフリヨンヌでしたが、2005年は収量が一樽分にも満たず、村名格に全てブレンドされました。(此処で疑問。サン=トーバンの一級って赤でも良いのかな?)でもフリヨンヌ、味がこなれるまでかなり苦労したな・・・インポータのM氏も言っています・・「2004年の野菜ジュースのように濃厚なサントーバン・プルミエクリュも個人的には好きだけど、今回のサントーバンはよりピノらしい華やかさがあり、コストパフォーマンスが非常に高い!」ちょっと期待しちゃってイイかな? ●と期待しつつのんでみまスタ。先ず香り、ですが、2004年のようなど~んとした重さが無い。例によって果実味濃厚で焼き芋っぽい甘さも感じられますが、焼き芋のデンプン質の灼けた感じがほとんど無いですね・・・、これは進歩かな?2004年以上に甘く感じもしますが、もっと糖質の焦げた甘さ、そうカラメル的な甘さです。そしてその中にぎゅぎゅっと詰まった果実味がたっぷり。なのですが下の方からしっかりとした酸とミネラルがきっちりと野放図になりがちな処を押さえている。此処まででかなり口の中はだらだらしちゃっています。 ●そこで早速一口。何となく果実味の凝縮感にジュブレの一級など感じながら飲んでみましょう・・・。で、やっぱり飲むとボーヌ物なんですが、まずまずのバランスではないでしょうかね。感じとしては赤系のチェリーやレッドカラントが60%ぐらい、残りは黒系のブルベリーやブラックカラント、でこの黒系がかなりアクセントになっている。何となく口の中はベリー系の大試食会と言った様相です。で、特徴的なのはまさに摘み立てと言った趣のハーブの感触。幾分若い青さも感じますがびしっと効いています。何となく蕗の薹の苦味にもにているかな?アフターにはシルキーながらも厚めのタンニン、前出のハーブの感触を絡めながらの密度の濃い酸味とサラサラとしたミネラル感に包まれた旨味が続きます。・・・・何となくですがかつて在りし日のルフレーヴ、ブラニー「スール・ド・ダーヌ」(あっちの方がもうちょっと濃いんだけれど)に似ているかな・・・ ●確かにイイワインなんだけど、さてさて2004年のフリヨンヌと較べて「力」が在るかというとこれまた別問題。意外にピークは2010年ぐらいまでなのかな?果実味を中心として各要素はしっかりとしているけれど、全体の構成は意外に繊細というかデリケート。先ずは酸の落ち着く秋頃からがボチボチと良い感じかなと思います。グラスに入れて甘味がゆるむと苦味も強くなるしね・・・。逆を言えば、とりあえずの美味しさはいろいろ在るけれど、村名格と一級100%の違いがそこはかとなく漂っている?なので、一樽に満たないフリヨンヌ、飲んでみたかったな・・・・と。(2007.05.04 いのまた) ●で、結論ですが、このワインイイと思います。どちらかというとコンテンポラリーな部類に入るんじゃないかな?何となく味わい的にルイ・シュニュやパケと共通しているような感じかな?むしろ新樽使ったキュベとか在ると一気にクラシックに傾きそうなポテンシャルを感じているのです。密かに要チェック!な造り手です。  その、かなり苦労した1reCru『レ・フリヨンヌ』2004年物のコメントです。↓ ●なんだろね~、この味は?焼き栗とか焼き芋のような甘香ばしさの香りと、果実味の中抜けしたようなひょうたん型の味わい。余韻の旨味は良いのだけれど、これじゃ世間は納得しない。グラスをぐりぐりとか、デカンターに移し替えたりといろいろやってはみるのですが、どうも美味しいタイミングが掴めない。決してつまらないワインじゃ無いだけに勿体ないなと思いつつ、豚カツ(勿論ロース!)にお醤油かけてな夕飯を期待する西暦2006年4月2日の夜です。(いのまた) ●・・・ようやく二日目ですが、ちょっと、ね~?な状態です。少し放っておきすぎました。ホッ栗とした感じは落ち着きましたが、幾分酸が立ってきています。抜栓して2時間ぐらいが一つの目安かな?「ヨシコちゃん」のように気持ちの明るい良い子なんですが、やっぱり脇役に回っちゃうんだな・・・。里芋の煮物とか、金目の煮付け・・・・、で改めてインポータさんの資料の「日本向けマリアージュ」の欄をみると!なんと「牛スジ大根」となっています。イイ線行ってるジャン!(2006.04.03 いのまた) ●・・・・コメントこのままにしとこうかなと思いつつもボトルの中には今少し・・・・・グラスに空けて、香りを取ると、半ばボロボロ(そりゃ3日も経ってるんだから)。でもねどこか生命反応が感じられるんです・・・。1級の意地とでも言うのでしょうか?むしろこのくらいの方が本来のワインの力、コントロールしやすいのかな?・・・いろいろと考えて突き詰めて行っちゃうと、ワインとはなんぞや?と言うような高尚な話題に立ち入りそうで、ある意味恐ろしい存在かも・・・・(ちょっと疲れる自然派でした 2006.04.04 いのまた)   ------------------------------- 改めてインポータさんのコメント読んでいるんですが・・・  「野菜のポタージュ、ミネラルの香り。エレガントという言葉よりも、むしろ濃厚なエキスと果実味がたっぷりで噛みごたえのある赤で、ブルゴーニュで久々に田舎臭いワインに出会うことができた。」・・・・・ビオ臭さは無いんだけど、雰囲気がもったりとしているんですね。やはりブルゴーニュには洗練された味わいがないといけないと思います(alar談)  「素朴な味わいが主体で、人工的な洗練さをほとんど感じないことをほめ言葉で言ったつもりが、ジャン・ジャックには逆に心配になったのか、『今はカーヴでの試飲でワインが冷えているから、香りの開花が遅いが、室温で飲むともっと華やかな香りが開花する。』と、一生懸命グラスをまわしながら香りを確かめていた。」・・・・・・ほら本人もその辺り気にしているんだから。ブドウはさすがに良い位置に付いているし、04的な変な青さもないので、このもったり感はかき混ぜ過ぎか圧搾きつすぎと読んだんですが。(alar談) ジャン=ジャック・モレルサン=トーバン 2005 超激得

アンリジャイエヴォーヌ・ロマネ 1erCruクロ・パラントー 1998 限定SALE,人気

●800本中の「00354」と「00355」番です。  扱いインポーター・・・ヴィノラム(ドメーヌ出:2006年8月入船)  alar入荷日・・・2006年9月01日(リファー便にて) 現在お届けできるボトルNo.は00354となります。 アンリジャイエヴォーヌ・ロマネ 1erCruクロ・パラントー 1998 限定SALE,人気

ドメーヌオーディフレッドボーヌ ショーメゴーフリオ 2005 赤字超特価,本物保証

●オーディフレッドが買いブドウで作ったボーヌ物です。・・・が、彼の真面目な作りと『ボーヌ』の幾分田舎っぽい感じ(コート・ド・ニュイと較べてね)が発揮?されて・・・・非常に地味な味わいです。なんか、これまでの彼のワインと違うな・・・・・?と思いつつ持ち込みで全部飲んじゃったので、また改めてコメントします。 ドメーヌオーディフレッドボーヌ ショーメゴーフリオ 2005 赤字超特価,本物保証

ラジブリョットジュブレシャンベルタン 2005 低価,高品質

●ジブリョットのジュブレ・シャンベルタン2005年物入荷です。あくまでも噂ですが、ジブリョット、未だに日本だけでの販売(知らなかった・・)なので、かのロバート・パーカーさんはあえて飲んでいなかった、らしい。でも何となくこの2005年は飲んでみたらしい。で、結構良い点付けてみた、らしい。・・・・あくまでも噂です。 ●で、早速飲んでみました。本家との比較ですなんですが、こちらの方が軽いんだけど旨味が乗っているかな?2005年のブルゴーニュ、どちらかというと骨格のハッキリとしたワイン、あるいはそれを先ず感じるワインが多いのですが、意外に先ずは果実味ありき。薄味ではないけれどきもちとしては薄味「系」ですね。で翻って、例によってこれがジュブレ・シャンベルタン?と言うアペラシオンを感じさせない点は共通項ですが、同時にう~んこれ美味しいよね~と知らず知らずに飲んじゃっている、と言うのも共通項。ジブリョットの収穫って本家よりも幾分早いのでしょうか?尚かつマセラシオンや発酵期間も幾分短いのかな?果実全体をまるごとワインにと言うよりも、そこから幾分整理された味わいがある、な感じです。 ●なんだろね?普通に美味しいと言うところが大切炎でしょうか?でも今日日普通に美味しい、と言うワイン少なくなりました。この普通さ、果実味があって、タンニンもまずまず、ミネラル感とか余韻の旨味。気持ち甘めの樽のニュアンス。とんでも無いワインじゃないけれどスタンダードな美味しさです。ブランド物のマグロじゃないけれど、この辺りでとれた近海マグロも赤身の美味さじゃ負けないぞ!って感じですか~。マグロのタタキかな・・・。やっぱりジブリョット、比較的若いところで楽しむように作られている気がします(4年飲み続けてようやくわかった)。だからね、おばさんはやめて若い子にしましょうよ、ラベルの人は・・・(2008.01.22 いのまた) 2004年物のコメントです。 ●インポータさんのコメントです。「ミディアムのルビー色でほのかに紫色を帯びている。土、ガメイの特徴を感じさせ、魅惑的な温かいイチゴ、ビートルーツのアロマに引き立てられている。果実と良い風味が素晴しいコンビネーションをなし、ミディアムからしっかりとしたきめ細かいタンニンとミディアムから高い酸を伴う。このワインはとても持続性があり、長く複雑でミネラルを伴うフィニッシュへと続く。卓越したジュヴレ。」 ●このくらいなら試飲できるかなと・・・飲んでみました・・・↑のコメントの通りです。ただ「土」とか「ガメイ」とかがわからず、同時にこれがジュブレ・シャンベルタンの姿かな?と思うと多少の疑問は残りますが、下の方の砂っぽいところの物だとすると何となく納得も。若いうちから頑張って開き気味ですので、この時点でも結構楽しめます。と言うか、楽しいです。酸もきっちりとしていて果実味を後ろからしっかりと支えている。タンニンに含まれるミネラル感もその通りしっかりと伝わり、クリアーな印象。自然派のワンテンポ遅れるじんわり系とは少し違って、いきなりツボを押さえられるようなテクニカルな感じもありますが、ここ数年のブルゴーニュのトレンドの先端を走っている事は間違いないでしょう。しかも元もとの作りのレベルの高さあるので将来的な安定感もしっかりと共存している。じっくりと熟成させてしんみりと楽しむブルゴーニュではありませんが、このあでやかさがまずはポイントかな?これまで以上にラベルの「おばさま」をもう少し若い女性に替えて欲しいと思う一本です。(2006.05.18 いのまた) ●2003年のコメント・・・残していません。2002年こちらもACブル同様のやたらはしゃいだコメント残していて、今読むと恥ずかしいです。↓   「これもあまり香りは立ってきませんが、えらく濃い色しています、が透明感はなかなか鋭い物があります。少し経つと・・・甘いタバコ葉の香りがしますね、ラッキーストライク?かな。熟したブラックチェリーに新鮮なブルーベリーの香りが加わっています。もう少し待ちたいところですが、もう我慢できません!一口飲んじゃいましょう!   「アう~ん、これも良いですね~。果実味がジュンジュンときちゃいます。これジュブレ・シャンベルタンなのかな?と思いつつアドレナリンが体中を駈けめぐります。こんなにライトなシャンベルタン、許されるのでしょうか?もうほとんどジュースの世界ですね。でもギュッとくる酸や、ビシッと効いたミネラル(やっぱり仁丹ににているワ)でタイトな緊迫感の細やかな演出もお見事!こちらはちょっと寝かせてみると、いい具合になりそうですが、美少女の誘惑には勝てません。長い髪の毛サラサラと、というのはデビューしたての後藤久美子、最近なら仲間由起恵かな?ほんの少し「ヤバイ(ビオ系では無いので二日酔いには気をつけなきゃ)」ワインです。(2004.03.12 いのまた) ラ・ジブリオットはブルゴーニュ、ジュブレ・シャンベルタン村でトップクラスのワインを生産し、評価の高いクロード・デュガが新たなネゴシアンとして2002年に立ち上げたワイナリーです。経営はデュガの息子ベルトランと、娘レティシアが携わり、父親が築きあげた伝統や卓越した技術のノウ・ハウを基に、ブルゴーニュで最高のワインを造り出す意欲に満ちています。すでにネゴシアンとしても力を発揮し、2004年のオスピス・ド・ボーヌで「Mazis-Chambertin Magdelaine Collignon」「Pommard Suzanne Chaudron」の2つのキュヴェを落札したことは、ワイン業界での大きな話題となりました。 ラジブリョットジュブレシャンベルタン 2005 低価,高品質

ジョセフロティジュブレシャンベルタン 2005キュヴェシャンシェニ 本物保証,爆買い

●こちらもインポーターさんの資料から・・・   「シャルム・シャンベルタンのすぐ下に位置する畑。ルビーレッドでブラックベリーとジューシーな肉を思わせる風味。甘みのあるタンニンや酸、スパイシーさはとても均整が取れており、洗練された甘みを備えています。樹齢は30年から70年。(P.P: 89-90, IWC: 89-91) 」 ●そしてワインアドヴォケイト誌のコメントはこちらです。   「The 2005 Gevrey-Chambertin Champs-Chenys (from largely old vines below Charmes Chambertin) smells of black raspberry distillate, toasted almonds, and maraschino, is quite creamy on the palate, and persists with a strikingly intense, sorbet-like expression of bitter-sweet black raspberry along with stony minerality. 」 肩口に↑こちらのラベルが付きます。 ●さて、パーカーポイントご披露したところで良しとしようかと思ったんですが、ここはやはり飲んでみないと・・・ポイントだけがワインじゃないよと、飲んでみました。が、かなりイイ感じで90点かも、ですが、ちょっと味わいが強いかな?いわゆるフィネスとかちょっと渋いところがまだまだでていないのですね。しっかりとしたポテンシャルも十分に持っていて、とても良いワインなんですが年寄りにはちときついです、この段階では。後3~4年は放ッぽっておいて丁度良いかなと言う感じ。ジュブレのワインではありますが、まだまだそれ以上に2005年のワイン、ですね。例によっての後悔先に立たず&果報は寝て待て、皆様もくれぐれもご注意下さい。あ、但し、若い方、20代後半から30代半ばまでの方ならド~ンとぶつかっても結構楽しめるかと・・・。(2008.04.12 いのまた) ジョセ・フロティ、現在は息子さんのフィリップ・ロティが中心となってワイン造りを行っている小規模ながら実力派ドメーヌ、と言われつつこれまであんまり飲んだことの無かったジョセフ・ロティ。イヤ~良いワインです。比較的裾物を飲んでも非常にスムーズな味わい。でも、これだけじゃないよね・・・・ちょっと寝かせてみても良さそうです。上の方はもっとすごいんだろうな・・・・。ジョセフ・ロティ熱烈お薦めドメーヌかも、です。 ジョセフロティジュブレシャンベルタン 2005キュヴェシャンシェニ 本物保証,爆買い